黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    赤虎亭日記

    赤虎亭日記 48

     ←赤虎亭日記 47 →双月千年世界シリーズ 第一次大修正;5月12日までの進捗状況
    朱海さんの話、第48話。
    双月暦546年某月:おわりから、はじまりへ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    48.
     日記を読み終えた翌日、予定通りに式が行われた。
    「心からお悔やみを……」
     深々と頭を下げ、シリンおばさんとフェリオおじさんが挨拶に来る。
    「痛み入ります」
     わたしとウィルも、揃って挨拶を返す。
    「……でもホンマ、寝耳に水と言うか」
     顔を挙げ、シリンおばさんがグスグスと鼻を鳴らしながらこう続ける。
    「アケミさんが病気やったっちゅう話すら、ウチら、ホンマに知りませんで」
    「ええ、母はそう言うの、全部隠してたみたいです」
     わたしも泣きそうになるのをこらえながら、事情を説明した。
    「『もう海悠が店の主人なんだから、今更アタシが目立ったりしちゃ迷惑だろ』って。入院したことも、もう長くないことも全部、みんなに絶対言うなって言ってました。
     だから事情を知ってたのは、病院の人たちを除けば家族のわたしと父と、ウィルだけなんです」
    「アケミさんらしいと言うか、何と言うか」
     フェリオおじさんが肩をすくめる。
    「でもウチらにくらい教えてくれても……」
     文句を言いかけて、シリンおばさんは首を振った。
    「いや、まあ、そうやんな。あの人は締めるトコ、ギチっと締める人やったし。一回言い出したら聞かへんトコもあったし。
     あの人が一回こうって決めたコトやったら、ウチらにもミューちゃんにも、どうにもでけへんかったやろうしな」
    「そうですね。頑固はうちの血筋ですから」
     わたしの言葉に、シリンおばさんはクスッと笑い、「あ、……ゴメン」と頭を下げつつ、離れていった。
    「頑固が血筋、ねぇ」
     と、ウィルがつぶやく。
    「確かにお前もそうだよな。オレと結婚して店も継いだってのに、未だに『コジマ会』に顔出してるし、隙あらばオレに殴りかかってくるし。もう諦めろよぉ」
    「やーだ」
     わたしは――シリンおばさんでさえ、この場で笑ったことを謝ったと言うのに――ニッと口角を上げて反論する。
    「せめて子供できるまでには、絶対あんたの顔に一発ブチ込んでやるって決めてるしー」
    「勘弁しろよ……」
     ウィルは肩をすくめ、一転、真面目な顔になる。
    「……お前さ、アケミさんの日記読んだだろ」
    「え?」
    「シルキスから聞いた。ヒイラギ大先生のコト聞いたらしいじゃん」
    「あー、そうだった。内緒にするつもりだったのに」
    「ソレだよ。お前、最初はこの式で日記読んでやろうっつってたらしいけど、結局やらないのか?」
     そう尋ねられ、わたしは夕べ日記を読み終えた時に感じたことを、そのまま伝えた。
    「当たり前の話だけどさ、あれみんなに伝えたら、絶対母さん怒る」
    「そりゃそうだ」
    「でもそれは、『母さんにとって恥ずかしいことが書かれてる』とか、そう言うことだからじゃないの」
    「って言うと?」
    「あれは母さんの日記じゃないから」
     わたしの言葉に、ウィルはきょとんとする。
    「どう言う意味だよ?」
    「あれは『赤虎亭』の日記なのよ。あの店ができてから、母さんが隠居するまでの記録。
     あれを読んで母さんを偲ぶのは、お門違い。きっと母さんなら『まだ店をたたんでも潰してもいねーのに、何を偲ぼうとしてんだよバカたれ共』って怒る」
    「……よく分からん」
    「分かんなくていいわよ。どの道、あの日記はわたしだけのものにするつもりだし」
    「ずるいなー」
     口を尖らせるウィルに、わたしはまたも、ニヤッと笑みを返してしまった。
    「ずるくない。あれを読めるのは、赤虎亭の主人だけよ。
     どうしても読みたかったら、わたしが死んであんたが店を継いでから読むことね」
    「バカ言ってるぜ、まったく」
     呆れるウィルの横顔を眺めながら、わたしはぼんやりとだが、こんなことを考えていた。
    (わたしも今日から、日記を付けよう。
     そう、『わたしの』じゃなくて――あの『赤虎亭』の、日記を)

    赤虎亭日記 あるいは市国の歳時記 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2ヶ月以上にわたって連載してきた今作も、これにて終了です。
    一人の人間の半生に沿って物語を作るとなると、そりゃ長くなりますね。
    (とは言え「蒼天剣」も「火紅狐」も主人公の人生の一部を切り取った作品にしては、
    「赤虎亭日記」の十数倍の長さですが……)

    橘家の皆さんには、妙な思い入れがあります。
    スピンオフも何度か作ったし、ハンドルネームの一つにも使ってますし。
    いつかまた、彼女たちの家系を物語に絡めていきたいと思っています。



    と、ここでいくつか作中で語れなかった設定&小ネタ集。
    ・「白猫夢」後半にもまだ、赤虎亭は残っています。残念ながら登場の機会はありませんでしたが。
    ・同作第8部において登場した喫茶店「ランクス&アレックス」。名前からすると……。
    ・チューリンはあのチューリン。「白猫夢」第9部辺りに、おぼろげながら話がリンクする箇所があります。
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【赤虎亭日記 47】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;5月12日までの進捗状況】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【赤虎亭日記 47】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;5月12日までの進捗状況】へ