FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・憐憫録 4

     ←蒼天剣・憐憫録 3 →蒼天剣・憐憫録 5
    晴奈の話、第198話。
    三人の気持ち。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     とりあえず、このまま宿にいるのはまずいと小鈴は判断した。
    「あの店主が寝てた横に、尋ね人のチラシが貼ってあったわ。多分、フォルナのも貼られてる。あの店主もずーっと寝ててはくれないだろうし、もしかしたらもう気付いてるかも知れない。
     とは言え日の高いうちに出ると、それはそれで気付かれるかも知れないから、出るのは夕方になってからよ。……それと、準備も色々しなきゃ」
    「準備?」
     聞き返したフォルナに、小鈴は部屋を見回してから説明した。
    「アンタがその格好のままじゃ、気付かれる可能性は高いもん。服装とか、髪とか、ちょこっといじらないと。
     ……そーね、晴奈。染髪剤と布、買ってきて。あ、何色がいい、フォルナ?」
    「え? えっと、では、黒髪に。服は、青色が……」「晴奈と同じ格好になっちゃうじゃん、それじゃ。ペアルックじゃ目立っちゃうし、ちょっと変えた方がいいわね」
     小鈴の指摘を受け、フォルナはもう一度考える。
    「……では、髪は金色で。服は、緑色にします」
    「よっしゃ、んじゃ買ってきてね。あ、なるべく離れたところを選んで買うのよ」
    「了解しました。それでは行ってまいります」
     晴奈はさっとメモを取り、部屋を離れた。二人きりになったところで、小鈴は小さくため息をついた。
    「ふー……、ドキドキするわ」
    「すみません、本当に」
    「いーのよ。三人旅も、なかなか楽しいし。……んでも、晴奈には旅の目的があるのよ? 彼女、それを達成したら国に帰っちゃうはずだけど、その後はどうするつもり?」
     そう問われ、フォルナは沈黙する。
    「……」
    「何なら、あたしと二人旅?」
    「それも、いいかも知れませんわね」
    「んなコト言って、やっぱり晴奈と一緒にいたいんじゃない?」
     小鈴の言葉に、フォルナはほんのり顔を赤くする。
    「……そうですわね、ご一緒したいですわ」
    「やっぱねー。アンタ、女だって分かっても、まだ晴奈のコト好きなんじゃない?」
    「そう言ってしまわれると、語弊がありますけれど……」
     間を置いて、フォルナはうなずいた。
    「恋愛感情ではなく、一人の人間と言うか、……姉のように、慕っておりますわ」
    「それも、やっぱりって感じ。……んふふ」
     小鈴はフォルナの頭をクシャクシャと撫でながら、クスクスと笑った。

     30分ほどして、晴奈が帰って来た。
    「ただいま戻りました」
    「よし、準備万端ね。んじゃ、あたしは服作るから、晴奈は髪を染めたげて」
    「はい」
     晴奈とフォルナは浴室に向かい、そこで肌着姿になる。
    「では、染めるぞ」
    「はい」
     フォルナを椅子に座らせ、肩までかかっているストレートな髪に染料を塗りつけていく。小麦色だった茶色い髪が、少しずつ金色に染まっていく。フォルナは浴室の鏡でそれを確認しながら、ぼそっとつぶやいた。
    「……本当に、わたくしのわがままのせいで、セイナたちに迷惑をかけてしまって」
    「何だ、水臭い。私も小鈴殿も、『助ける』と言ったのだ。気にするな、フォルナ」
     染料は耳や尻尾には刺激が強すぎるため、その辺りは避けて染めていく。
    「……お姉さま」
    「え?」
     フォルナはクスっと笑い、もう一度呼ぶ。
    「お姉さま」
    「……何だ、フォルナ」
     鏡越しに、気恥ずかしそうにする晴奈の顔が見える。
    「呼んでみただけですわ。……うふふっ」
    「……まったく、気付けば妹や弟が増えるな、私は」
    「セイナは天性の姉気質がありますもの」
    「何だ、それは」
    「コスズさんは『姐御』と言う感じがいたしますけれど、セイナは『姉』ですわ。三人で旅をしていて、わたくしずっと、そう思っておりましたわ」
    「わけが分からぬな。どう違うものか」
     苦笑する晴奈を見て、フォルナもクスクスと笑う。そうしているうちにフォルナの髪は染め終わり、綺麗な金色になった。
    「……と、後はこのまま30分ほど待つだけだな。風邪を引くといけないし、何か羽織るものを持って来よう」
    「はい。……あの、良ければ後で、一緒に入浴いたしませんこと?」
    「そうだな。私も多少、体が冷えた。急がねばならぬし、一緒に入るか」

     1時間後、小鈴の方も服が仕上がり、フォルナはそれを着た。
    「んじゃ、あたしもお風呂入ってくるから、その間に準備済ませといてねっ」
    「はい」
    「承知」
     小鈴は着替えを持って浴室に入り、顔だけを出してフォルナに声をかけた。
    「似合ってるわよ、金髪。それも麦って感じ」
    「えへ……」
     麦のようだと言われたのが嬉しかったのか、フォルナは恥ずかしそうに微笑んだ。
    「ほう。良く見てみれば、その服」
    「え?」
     晴奈はフォルナが着た服をながめ、感心した声を上げる。
    「央中で朱海殿……、小鈴殿の従姉妹が着ていたものに、よく似ているな」
    「そうなのですか? では、これも央南の服装と?」
    「まあ、かなり近いが、央中の雰囲気も出ている。……小鈴殿は、なかなかいい腕をしているな。この道でも、繁盛しそうだ」
     そんなことを言っていると、浴室から返事が返ってきた。
    「ま、朱海の店のもあたしがデザインしたんだけどね。でもそれ趣味だし、似たようなのしか作れないし。あたしはやっぱり、旅して回る方が好きよー」
    「……そうですか」
    「地獄耳ですわね、コスズさん」
     晴奈とフォルナはまた、一緒に笑った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・憐憫録 3】へ
    • 【蒼天剣・憐憫録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・憐憫録 3】へ
    • 【蒼天剣・憐憫録 5】へ