黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 3

     ←DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 2 →DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 4
    ウエスタン小説、第3話。
    西部の移民街。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     アデルはいつもの如く相棒にエミルを伴い、西部の町、ヒエロテレノに向かった。
    「ここはいわゆる『移民街』で、イタリア系の移民もかなり多いんだ。西部でイタリア移民のリゴーニが根城にするようなところってなると、十中八九この辺りだ。
     ちなみに一番多い移民はヒスパニック系らしい。町の名前もスペイン語で、英語だと鉄のナントカって言うそうだ」
    「へぇ」
     エミルは辺りを見回し、アデルにこう返す。
    「確かに白い肌じゃない人もチラホラ見えるわね。メキシコ辺りから来ましたって感じ」
    「ああ。それだけに、治安も良くは無い。うわさじゃ荒くれ共のアジトやら、お尋ね者の隠れ家がわんさかあるとかないとか」
    「じゃあもしかしたらリゴーニのアジトもあるかも、って?」
    「そう言うことだ。
     幸い今回も、局長を通じて連邦特務捜査局の協力を得られることになってる。アジトを見つけりゃ捜査局の人員を借りて強襲・制圧し、摘発できるだろう。
     万一リゴーニを取り逃がしたとしても――あのボンクラ共じゃ、マジでやりかねないけどな――現場さえ抑えてしまえば、任務は達成できるってわけだ。
     だが一方で、懸念もある。レスリーが『ほとんど何もしないうちに』、用心棒らしき何者かに殺されたことだ。レスリーはまだ、調査を始めたばっかりだったんだ。取引場所の一つも突き止めなてない状況だったのにもかかわらず、だ」
    「と言うことは、レスリーが動くより前に、その用心棒がレスリーの存在に気付き……」
    「ああ。先んじて始末したってことになる。相当に勘がいいか、頭の切れる奴だと見ておいた方がいいだろうな。
     もしかしたらもう既に、俺たちはその用心棒に目を付けられてるかも知れない。用心しろよ、エミル」
    「言われなくても」
     エミルは肩をすくめ、すたすたと歩き出した。
    「まずは今夜の宿を探すのと、腹ごしらえにしない? 腹ペコで、おまけにヘトヘトだってのに無駄に気を張ってても、ろくな働きはできないわよ」
    「……同感だ。飯にすっか」
     アデルも同じように肩をすくめて返し、エミルの後に続いた。

     宿と食事のために向かったサルーンの雰囲気も、どことなく中南米を匂わせていた。
    「これ、何て読むんだ? フリ……ジョレス?」
    「フレホーレス。いんげん豆よ。ソパって書いてあるから、豆のスープみたいね」
    「エミル、もしかしてスペイン語分かんのか?」
    「簡単なものならね。伊達に放浪してないわよ」
    「さっすが」
     料理を持ってきてくれたマスターも、スペイン語訛りが強い。
    「お待たせしました。豆のスープとタコス、揚げトルティーヤのサルサ煮です」
    「うへぇ、辛そう。……くわ、やっぱ辛ぇ」
     一口食べた途端、額に汗をにじませたアデルに対し、エミルは平然と、ぱくぱく口に運んでいく。
    「そう? 美味しいわよ。あんた、もしかして辛いの苦手なの?」
    「いや、そんなことは、……無いと思ってたんだが、……ひー、舌がしびれてきたぜ」
     食べ始めてから5分もしないうちに、アデルの顔が真っ赤になる。
     料理が辛い以上に、口直しのために、アルコール度数の高いテキーラを早いペースでがぶがぶ飲んでいるからだ。
    「大丈夫? 顔、真っ赤よ? トマトみたいになってる」
    「らいりょうぶらぁ……。これくらひ、なんれこひょ……」
    「どこがよ。あんたの悪い癖ね。傍目から見ても全然大丈夫じゃないって誰でも分かるのに、強がっちゃって。
    マスター、部屋借りていいかしら? こいつそろそろブッ倒れるから、放り込んでおきたいの」
    「かしこまりました。1部屋で?」
    「2部屋よ。こいつと別にしといて」
     エミルがマスターと話している間に――エミルの予想通り、アデルはテーブルに突っ伏し、いびきを立てて眠り込んでしまった。



    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 2】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 2】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 4】へ