黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 5

     ←DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 4 →DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 6
    ウエスタン小説、第5話。
    真昼の襲撃。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     アデルの手に小銃が戻る頃には、アデルはすっかり、店主の名前や友人の数さえ聞き出してしまっていた。
    「そんでピエトロじいさん、さっきチラっと聞いた話になるんだが」
    「うん?」
    「アンタの友人の息子さん、名前を何と言ったっけ? 確か……、ジョルジオ? だっけ」
    「ああ。ジョルジオのぽっちゃり坊やのことか。そいつがどうした?」
    「俺の知り合いの知り合いにも似た名前がいるからさ、ちっと気になったんだ」
    「ほう?」
     一瞬、店主の目が注意深そうに、ギラリと光る。
     しかしアデルは警戒する様子を出さず、呑気そうにこう返した。
    「でも全然違うな、俺の知ってるジョルジオはガリガリのおっさんだった。
     まあいいや、こんなだだっ広い西部で偶然知り合いの知り合いの、そのまた知り合いに出くわすなんて、よっぽどのラッキー野郎ってことだな。そして残念ながら、俺はそこまでじゃない。いや、変なこと聞いて悪かったな、じいさん。
     ありがとよ、ピエトロじいさん。また何かあったら頼むわ」
    「……ああ。またな、Mr.ネイサン」
     アデルとエミルはそのまま店主に背を向け、すたすたと店を出て行った。

     イタリア人街から20ヤードほど離れたところで、アデルが口を開く。
    「で、エミル」
    「ええ。みたいね」
     短く言葉を交わし、ふたたびそのまま歩き出す。
    「じゃ、どうすっか?」
    「撃たれたくないでしょ?」
    「そりゃそうだ」
     次の瞬間、二人は走り出した。
     その一瞬後に銃声が響き、二人がいた地面が爆ぜる。
    「いきなりかよ、まったく!」
    「あんたの見立て通りね。『疑わしきは罰せよ』ってところかしら」
     二人が走る間にも、二度、三度と地面に土煙が立つ――どこかから銃撃されているのだ。
    「どこからか分かるか?」
    「はっきりとは分からないわね。でも真ん前や真後ろってことは無いでしょうね」
    「ああ。その方角からなら、延長線上を狙えば嫌でも当たるからな」
     5発目の銃弾を避け、二人は路地裏に滑り込む。
    「はぁ、はぁ……」
     路地裏から恐る恐る表通りを確かめ、アデルはため息をつく。
    「これだけゴチャゴチャした通りだ。どこから撃ってきたかなんて、見当が付けられん」
    「そうね。でも相手も見失ったみたいよ。撃ってこないし」
    「ああ、恐らくはな。……で、この後は?」
    「このまま町を出るしか無いわね。店を出てすぐ銃撃されたんだもの、敵の連携は相当よ。下手すると宿も突き止められてるわ」
    「だな」
     二人は路地裏を抜け、そのまま駅まで歩くことにした。

     だが――。
    「……参ったね、どうも」
    「ええ、本当」
     二人の行く手を阻むように、男が3人、銃を手に近付いてきた。
    「お前ら、何者だ?」
     一人が撃鉄を起こし、アデルに照準を定める。
    「何者って、何がだよ?」
     アデルは銃を構えず、尋ね返す。
    「ジョルジオ・リゴーニ氏のことを尋ねてきた奴が、ただの賞金稼ぎとは思えねえ」
    「ジョルジオ? ピエトロのじいさんが言ってた、ぽっちゃり坊っちゃんって奴のことか? 聞いてないのか、人違いだって」
    「イタリア読みじゃ分からねーようだな」
     さらにもう一人、撃鉄を起こす。
    「アメリカ読みだと、ジョージ・リゴーニだ。こっちなら知ってるだろう、探偵さんよ?」
    「彼のことを嗅ぎ回られちゃ、俺たちとしちゃ迷惑極まりないもんでな」
     3人目も撃鉄を起こし、揃ってアデルに向ける。
    「正直に言え。ウソを言ったら、この国らしく蜂の巣にしてやるぞ」
    「そうだ。頭に3発、胸に2発。それを掛ける3だ」
    「さあ、言え。いや、言わなくてもいいがな」
     そして次の瞬間、パン、と銃声が轟いた。
     しかし――倒れたのはアデルでもエミルでもなく、3人並んだうちの、真ん中にいた男だった。
    「なっ……!?」
    「お、おい、ドメニコ、……ぐあ!?」
     続いて、右側の男も肩を押さえてうずくまる。
    「さっきからあたしを無視してくれてるけど、これでようやく気付いてくれたかしら?」
     銃口から硝煙をくゆらせつつ、エミルが声をかける。
    「どうする? 素直に降参する? それともあんたも右肩に半インチのピアス穴、開けて欲しいの?」
    「う……ぐ」
     残った一人はボタボタと汗を流していたが、やがて拳銃を地面に捨て、両手を挙げて降参した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 6】へ