黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 7

     ←DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 6 →DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 8
    ウエスタン小説、第7話。
    デジャヴ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     ロバートと彼の友人2人を寝返らせてすぐ、アデルはサルーンに戻って電話をかけた。
    「……ってわけで今、ビアンキらに調べさせてます」
    《ふむ、そうか。しかし信用できるのかね?》
    「大丈夫です。奴ら、すっかりのぼせちまってますからね。
     ただ、その……、やはり相応の報酬は用意してやらなきゃと、俺はそう思うんですが」
    《ははは……》
     局長の呆れたような笑いが、受話器の向こうから返って来る。
    《君は本当にお人好しだな》
    「悪い癖だと、自分でも理解してるつもりなんですがね」
    《いや、いや。言うほど悪いものでもないさ。
     もし世界が君みたいな人間ばかりだったならば、犯罪などこれっぽっちも起こらんだろうからな。それは良識ある者すべての願いだよ。
     ただ、探偵としては若干危ういところではあるがね》
    「気を付けます」
    《そうだな、イタリアからの感謝状は難しいかも知れんが、報酬は何とかこちらで用意しておこう。使えそうな連中なら、君の言う通り雇ってもいいしな。
     だが念のため、予備の策も練っておいた方がいいだろう。誘惑に弱い人間が、君から受けた以上の強い誘惑を持ちかけられ、またも裏切ってしまうなんて事態も、考えられん話では無い》
    「ええ、承知しています。……では」
     電話を終え、アデルが食事の席に着こうとしたところで、エミルが神妙な顔で声をかけた。
    「アデル。あたし、デジャヴを感じてるんだけど」
    「で、じゃ、……何だって?」
    「デジャヴ(Déjà-Vu)、つまり『前にも同じことが起こった気がする』ってヤツよ」
    「ん……?」
     そう言われて、アデルも胸騒ぎを感じる。
    「そう、か。確かに以前にも同じことがあったな」
    「でしょ? あいつらがあたしたちを裏切る、裏切らない以前に、あいつらが組織から裏切られる危険は、ゼロじゃないはずよ」
    「……そうだな」



     ロバートたち3人はイタリア人街の奥、彼らの組織の本拠となっている屋敷に潜り込んでいた。
    「どうだ、見つかったか?」
    「いや……」「それっぽいのは、どこにも」
     暗い部屋の中を、燭台を片手にうろつき回りながら、3人は武器の製造場所やリゴーニの居場所を突き止めようと探っている。
     しかし10分、20分と時間が経てども、一向にそれらを示す書類も、メモ書きも見当たらない。
    「くっそー……、見つからねえ」
    「どうすんだよ、ロベルト? このままじゃアデルさんに怒られるぜ」
    「分かってるよ!」
     怒鳴り返し、ロバートは慌てて口を抑える。
    「っと、いけね」
    「バレたらどうすんだよ、まったく」
    「悪かった、……しかしこれ以上はもう時間が無いぜ。ろうそくも無くなりそうだし」
    「そうだな。まあ、今日見付からなくってもさ、また明日探せばいいだろうし、この辺で切り上げてもいいんじゃないか?」
    「……そうするか」
     あきらめ顔でロバートがうなずき、へたり込んだその時だった。

     ロバートの正面にいた友人が、「がっ」とうめき声を上げた。
    「ドメニコ?」
     顔を挙げたロバートの額やほおに、びちゃびちゃと温かい液体がかかる。
    「えっ、……え、……え、あ、ど、ドメニコ?」
     だが、友人は答えず、口から噴水のように血を噴き出しながら、仰向けに倒れる。
    「お、おい!? どうしたん、……げぼっ!?」
     続いてもう一人の友人が、胸を抑えてうつ伏せに倒れる。
    「ジョバンニ!? おい、しっかりしろ! ……ああ、そんな、マジかよっ……!」
     一瞬のうちに友人二人を撃たれ、ロバートはガタガタと震えだした。
    「ひっ……お……俺も……うっ……撃つのか……!?」
     その問いに答える代わりに、かちり、と撃鉄を起こす音が返って来た。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 8】へ