FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第1部

    蒼天剣・紀行録 4

     ←蒼天剣・紀行録 3 →蒼天剣・手本録 1
    晴奈の話、18話目。
    異国からの招かれざる客。

    4.
     柊から世界の話を一通り教わった後も、晴奈は彼女から、あちこちを旅した話を面白おかしく聞いていた。
    「……でね、その時に会った『狐』と『狼』が、本当に仲が悪くて」
    「ふふ……」
     央中で出会った商人たちのケンカの話に移り、柊が懐かしそうに話していたところで――。
    「……あ」
     突然、柊が神妙な顔になり、話を止めてしまった。
    「どうされたのですか?」
    「ちょっと、ね。嫌な奴のこと、思い出しちゃったの。
     こんな風に、そのケンカしてた2人と談笑してた時にいきなり割り込んできて、『柊、勝負だ!』なんて怒鳴り散らす、迷惑な奴がいたのよ」
     柊の顔が、わずかに曇る。どうやら本当に――人当たりのいい彼女にしては珍しく――その人物を嫌っているらしい。
    「なーんか、嫌な予感がするのよね……」
     柊はす、と立ち上がり、刀を持って部屋を出る。
    「師匠? 何故刀を?」
     ぎょっとして尋ねた晴奈に、柊は憂鬱そうな口ぶりで説明する。
    「ゴールドコーストにね、闘技場があるのよ。で、裏で誰が勝つか賭けをしてて、そいつがいつも本命――つまり、強いの。
     で、昔にちょっとした事情から、そいつと戦わなきゃいけなくなったんだけど、ね」
     柊は晴奈に手招きし、付いてくるよう促す。
    「わたし勝ったのよ、そいつに。それ以来、何年かに一度、ここを訪ねてきて……」
    「『勝負だ!』、と言うわけですか」
     そのまま二人で廊下を進み、修行場へと向かった。
    「そう言うこと。よく考えたら、そろそろ来るかも知れない時期だわ」
     柊がため息混じりにつぶやいた、その瞬間――。
    「あ、先生! 柊先生!」
     若い剣士が、小走りに2人へ駆け寄ってきた。
     柊は剣士が手にしている手紙を見て、何かを感じ取ったような、そして非常に嫌そうな、複雑な表情を見せた。
    「赤毛の熊獣人から?」
    「えっ」
     剣士は一瞬驚いた顔を見せたが、すぐに気を取り直し、こわばった顔を向ける。
    「は、はい。あの、果たし状を預かりまして……」
    「そう」
     柊の顔はとても大儀そうに見える。事実、そうだったのだろう――受け取った果たし状を、中身も見ずに破り捨てた。
    「『峡月堂で待っている』と伝えて連れてきて」
    「しょ、承知しました」
     剣士の姿を見送ってから、柊はとても重たげなため息をついた。
    「はーぁ。やっぱり来たかー……。うわさをすれば、ね」
    「師匠?」
    「……ま、一緒に来て、晴奈。あいつと二人きりだと、息が詰まりそうだから」
    「はあ……」
     晴奈はこの時、とても戸惑っていた。今まで師匠のこんな嫌そうな顔は、弟子入りを頼み込んだ時ですら見たことが無かったからだ。

     だがこの直後、柊がこれほど大儀がった理由を、晴奈も嫌と言うほど理解した。
     その「熊」が本当に面倒くさい、剣呑な男だったからである。

    蒼天剣・紀行録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.07 転載及び加筆修正
    2016.02.03 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・紀行録 3】へ
    • 【蒼天剣・手本録 1】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    やっぱり初期の作品だと、若干読みにくい点もありますからね。
    発表順より歴史順の方が、却って読みやすいのかも。

    NoTitle 

    ほこー読んでるとイメージ付きやすくなってるなあv-392

    NoTitle 

    道場モノ・武芸モノの醍醐味、それは果たし状と挑戦状。

    NoTitle 

    果たし状
    懐かしい言葉
    久しく聞いてなかった言葉
    道場といえば果たし状

     

    一番受け取りたくないラブレターですね。

     

    v-285ラブレター呼んでもらえなかったクマー

     

    いつもご愛読ありがとうございます(*´∀`)

    やっぱり、種族によって「暑いトコが好き」「寒いトコが暮らしやすい」って言う違いはあるかなー、と。
    例えば「猫耳の皆さんは何が好きだろう? 狐耳の皆さんはどう動くだろう?」と言うような、
    「ファンタジーの世界でのリアリティ」を考える作業が、執筆の楽しみですw

    そうか、外国か!! 

    どうもLandMです

    率直にそうだったなあ~~と思うところがあります。
    なかなかファンタジー小説を作っていると、どうにもこうにも外国人という発想がなかなか産まれないなあ~~と思いました。種族の違いとかは書いていても、外国人という発想が全くなかったLandMでした。やっぱり、そういう発想と世界が広いなあ!!っていう紀行録で面白かったです。やっぱり、ファンタジーは世界観を広く持たないとダメですね。

    また読ませていただきます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・紀行録 3】へ
    • 【蒼天剣・手本録 1】へ