黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 13

     ←DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 12 →DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 14
    ウエスタン小説、第13話。
    因縁のガンファイト。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    13.
     一行は昇降機に飛び乗り、操作盤に群がる。
    「早く!」「分かってら!」
     レバーを上げ、昇降機が動き始める。
     当座の安全を確認し、アデルがイクトミから手を離し、床に座らせる。
    「大丈夫か、イクトミ?」
    「心配ご無用、……珍しいことだ。あなたがわたくしの心配をなさるとは」
     若干顔を青ざめさせながらも、イクトミは平然とした口ぶりで答える。
    「弾は貫通しておりますし、骨や動脈などにも当たっていないようです。止血さえしっかりしていれば、大したことはございません。
     と言うわけですみませんがムッシュ、お願いいたします」
    「お、おう」
     言われるまま、アデルはイクトミに止血を施した。
    「だ、大丈夫なんスか?」
     ロバートが怯えた声で、誰ともなく尋ねる。それは恐らくイクトミの状態では無く、トリスタンの追撃について尋ねたのだろう。
     それを察したらしく、エミルが答える。
    「追ってきたとしても、この昇降機自体が盾になってるようなもんよ。拳銃程度じゃ撃ち抜けないわ」
    「あ、そ、そっスよね」
    「いや、マドモアゼル」
     と、止血を終えたイクトミが首を横に振る。
    「問題が1点ございます」
    「え?」
     エミルが振り返ったその瞬間――昇降機ががくんと揺れ、停止した。
    「……まあ、こう言うわけです」
    「下で停められたか!」
     アデルは昇降機を囲む立坑に目をやり、はしごを指差す。
    「あれで登るぞ!」
     4人ははしごに飛びつき、大急ぎで上がっていく。
     その間に昇降機はふたたび動き出し、下降し始めた。

    「はーっ、はーっ……」
    「ひぃ、ひぃ……」
     どうにか昇降機に追いつかれる前に、4人は地上に出ることができた。
    「や、休んでる間は、無いぞっ」
     息も絶え絶えに、アデルが急かす。
    「どこか、電話、あるとこっ」
    「サルーンよ!」
     ほうほうの体のアデルとロバートに比べ、女性のエミルと怪我人のイクトミの方が、ぐいぐいと距離を伸ばしていく。
    「ま、待って、はぁ、はぁ」
    「ひー、ひー……」
     アデルたちも何とか両脚を動かし、エミルたちに追いつこうとした。
     だが――。
    「あう……っ!」
    「ロバート!」
     ロバートの左脚から血しぶきが上がり、その場に倒れる。
    「逃がしはせんぞ、お前ら全員ッ!」
     倉庫の方から、トリスタンが立て続けに発砲しつつ迫ってきていた。
    「ちっ!」
     エミルが敵に気付き、即応する。彼女も走りながら、拳銃を乱射し始めた。
     やがて互いに6発、銃声を轟かせたところで、その場に静寂が訪れた。
    「や、……やはり!」
     トリスタンは拳銃を持った手をだらんと下げ、エミルを凝視している。
    「その腕前、そしてそのご尊顔! 間違い無い!」
    「あんたの知ってる奴とは人違いよ!」
     そう叫び、エミルは弾を装填し始める。
    「私があなたのお姿を、見間違えるものか! あなたが閣下で無ければ、一体誰だと言うのだ!?
     そうだ、あなたがエミル・トリーシャ・シャタリーヌその人であるならばッ!」
     だが一方、トリスタンは6発装填のはずの拳銃をそのまま構え、引き金を絞った。
    「これを避けられぬはずが無いッ!」



     その瞬間、傍で見ていたアデルにはまったく信じられない、異様なことが起こる。
     トリスタンの拳銃から、7発目の弾丸が発射されたのだ。
    (変だぞ、あの拳銃……!?
     それに発射の瞬間、シリンダーからガスを噴かなかった? いや、違う――シリンダーが無い!?)
     そして直後の状況も、アデルにはまったく理解のできないものだった。
     何故なら――弾丸の装填中を狙われたはずのエミルは平然と、硝煙をくゆらせる拳銃を片手に立っており、その逆に、先んじて銃撃したはずのトリスタンが、右手から血を流していたからである。
    「……は……ははは……素晴らしい……」
     しかしボタボタと血を流しながらも、トリスタンは恍惚の表情を浮かべており、感動に満ちた声でこう叫んだ。
    「Magnifique! C’est magnifique!(素晴らしい!)」
    「Ta gueule!(黙れ!)」
     エミルが叫び返す。
    「そこでじっとしてなさい! あんたには、聞きたいことがある!」
    「……できぬ!」
     と、トリスタンは真顔に戻り、後ずさる。
    「私には成さねばならぬ大義がある! ここで死ぬわけには行かんのだ!」
     そう言い残し、トリスタンはその場から逃げ去った。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 12】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 14】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 12】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 14】へ