黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 14

     ←DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 13 →双月千年世界シリーズ 第一次大修正;6月3日までの進捗状況
    ウエスタン小説、第14話。
    新たな仲間と、かつての……。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    14.
    「結論から言えばだ」
     ヒエロテレノの戦いから、2週間後。
     アデルたちを前にし、パディントン局長が今回の結末を総括していた。
    「今回の任務自体は成功した。
     君たちが発見してくれた地下工場を無事に摘発し、リゴーニによる武器密輸の拡大・継続を防ぐことができたのだからな。クライアントも喜んでいた。ちなみにネイサンの希望通り、感謝状も受け取っているよ。
     だが重要人物、リゴーニ本人の逮捕には至らずだ。地下工場にはおらず、地上にも姿は無かった。どうやら捜査局が来る前に逃げてしまったか、町の異変に気付いて来訪をキャンセルしたらしい。
     一方、そのトリスタン・アルジャンなる人物も、まんまと逃してしまった。つまり残念ながら、ゴドフリーの仇を討つことはできなかったと言うことになる。今回のところはね。
     強調するが、『今回のところ』とだけは、是非とも言っておきたい」
    「ええ、全く同感です」
    「そして――やはりと言うか、何と言うか――今回、偶然出くわしたイクトミも、結局は逃がしてしまった。そうだな?」
    「申し訳ありません。気付いた時には、姿が……」
     エミルが頭を下げかけたところで、局長が制する。
    「いや、いいんだ。犯罪者を野放しにしたままと言うのは気分のいいものでは無いが、釣りかけた魚が逃げたと言うだけだ。それを咎めなどせんよ。
     とは言え、だ」
     局長は残念そうに、こう続けた。
    「イクトミ。そしてトリスタン。手強い犯罪者が2人、我々の手から逃げおおせている。これは厳然たる事実だ。そして間違い無く、今後も我々と深く関わってくることになるだろう。
     よって、より一層、警戒心を強く持って任務に当たって欲しい。いいな?」
    「はい」
    「……それと」
     一転、局長は複雑な表情を浮かべ、エミルとアデルの背後にいる人物――ロバートに目をやる。
    「まあ、なんだ。人員に空きが1名出ていることは事実だ。代わりを募集せねばとは考えていた。
     しかし、君。我々の仕事は非常にハードで、常に正確かつ良識ある判断を求められる。タフで無ければやってられんし、良心が無ければやっていく資格は無い。
     その覚悟はあるかね?」
    「はっ、はい!」
     松葉杖を付いたまま、ロバートは大きくうなずいた。
    「よろしい。では今日から君も、我がパディントン探偵局の一員だ」
    「ありがとうございます、ボス!」
     局長から任命され、ロバートは顔を真っ赤にして敬礼した。



     数日後の夜。
    「じゃ、先に上がるわ。おつかれ」
    「はい、おつかれさま」
     その日の当直だったエミルは、探偵局に内側から鍵を掛け、窓にブラインドを下ろし、ニューヨーク・タイムズの夕刊を片手にして、ソファに寝転ぶ。
    「ふあ、あ……。さーて、と」
     長い夜を少しでも楽しく過ごそうと、彼女は新聞の家庭欄を探す。
    「……誰?」
     と、エミルは新聞をたたみ、振り向きもせずに問いかける。
    「こんばんは、マドモアゼル」
     その声を聞き、エミルはようやく振り返り、立ち上がった。
    「イクトミ!?」
    「ああ、いや、そう警戒なさらず。
     本日は1点確認したいことがございまして、こうして参上いたしました。敵意はございません。ご安心を」
    「……何?」
     へりくだるイクトミに、エミルは拳銃を向けずに尋ねる。
    「トリスタンが言っていたように、あなたが本当に、エミル・トリーシャ・シャタリーヌであるのかを、です」
    「……」
     エミルはしばらくイクトミをにらんでいたが、やがて口を開き――フランス語で答えた。
    「Non.Je suis Hemille Minou(違うわ。あたしはエミル・ミヌーよ)」
    「Je vous remercie pour de répondre(お答えいただきありがとうございます)」
     恭しくお辞儀し、イクトミは、今度は英語で返した。
    「また今度お会いできる時を、心より楽しみにしております」
    「あたしは楽しくないけどね」
    「相変わらず、無粋な方だ。それでは、また」
     イクトミは静かに、部屋から出て行った。

    DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ THE END

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    これにて今回の「DW」は一段落。
    明日は久々の更新報告を行い、また1週間ほど空けるつもりです。

    今月中か来週初めには、いよいよ「双月千年世界」の新作を公開する予定。
    詳細についてはまた、あの二人に話をさせるつもりです。
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 13】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;6月3日までの進捗状況】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 5 ~銃声は7回~ 13】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;6月3日までの進捗状況】へ