黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・彼訪伝 1

     ←双月千年世界シリーズ 第一次大修正;6月30日までの進捗状況 →琥珀暁・彼訪伝 2
    新連載。
    "He" has come to "our world"。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「はじめに、大地有りき。
     その方は、大地を訪れた。

     次に、人有りき。
     その方は、人のうちの一つを訪ねた。

     三に、言葉有りき。
     その方は神の言葉で、人の一つに尋ねられた。

     その方の名は、あらゆるものの始まりである。
     その方の名は、あらゆるものの原点である。
     その方の名は、無から有を生じさせるものである。

     その方の名は、ゼロである。

     ゼロは初めて出会ったその人の手を握り、祝福した。

    (『降臨記』 第1章 第1節 第1項から第6項まで抜粋)」



     その土地は、古来より交易の要所であったと伝えられている。
     北と西に港があり、一方で東と南には牧草が生い茂っている。自然、農産物と海産物の輸送はそこで交わることとなり、自然に物々交換、即ち商売の元となる活動が生まれた。
     いつしか人は、その土地を交点の中心、「クロスセントラル」と呼ぶようになった。

     その日もいつもと変わらない、活気に満ちた一日であった。
     遠くから産品を持ってきた男たちが、それを掲げて大声を出し合っている。
    「いい鮭を持ってきてるぞー! 誰かいらんかー!」
    「羊肉と交換でどうだ!?」
    「羊はいらん!」
    「山羊ならあるが……」
    「野牛だ! 野牛の肉を寄越せ! じゃなきゃ交換しない!」
    「野牛なんてそんな……」
     しかし取引の大半が、上滑りしている。鮭を持ってきた男の要求に適うものを、誰も持ってきていないからだ。
     結局鮭を持ってきた狼獣人の男が折れ、要求を下げていく。
    「分かった! じゃあ水牛でもいい!」
    「ねーよ」
    「……豚」
    「ねーっつの」
    「チッ、仕方無えな。じゃあさっきの羊で……」「悪い、もう交換した」「何ぃ?」
     散々自分の要求を通そうとしていた狼獣人が憤り、羊を持ってきていた猫獣人の男に絡み出す。
    「なんで手放してんだよ、おい」
    「だって交換してくれないし」
    「今なら交換するつってんじゃねーか」
    「もう無いって」
    「ふざけんな! もうちょっとくらい待つって考えがねーのか?」
    「あ? 何でお前の都合で待ってなきゃいけないんだよ」
     狼獣人も猫獣人も互いに憤り、場は一触即発の様相を呈し始める。
     その隙に、何も持ってきていない男たちがそろそろと、鮭の詰まった樽に群がり始める。狼獣人の気が相手に向いているうちに、盗もうとしているのだ。
     その雑然とした状況を眺めながら、一人の短耳がぼそ、とつぶやいた。
    「……なんでこう、うまく行かないんだろうなぁ」

     と、その男の肩を、とんとんと叩く者が現れた。
    「ん?」
     振り向くと、そこには白髪の、しかしまだ顔立ちが若く、優しい目をした、ひげだらけの短耳の男の姿があった。
    「なんだ?」
     男が尋ねたが、白髪男はきょとんとする。
    「**?」
     白髪は何か言ったようだが、それは男が聞いたことも無い言葉だった。
    「なんだって?」
    「**? ……**、……***」
     白髪は困ったようにポリポリと頭をかいていたが、やがて何かを思い出したように、ポンと手を打ち、何かをつぶやきつつ、手を忙しなく組み合わせる。
    「『*********』、……通じる?」
    「ん? ああ、通じるが、今あんた、何て?」
    「あ、ちょっと魔術を使ったんだ。やっぱあいつの術は使い勝手いいねぇ。応用性と即効性が段違いだ。
     えーと、それでちょっと教えてほしいんだけど、……ここはどこ?」
    「クロスセントラルだ。あんた、どこから来たんだ?」
     男に尋ねられ、白髪は困った顔をした。
    「えーと、どう言ったらいいかな。********なんて言っても分かんないよね。まあいいや、遠くからってことにしといて」
    「ああ、うん……?」
     戸惑う男に構わず、白髪はこう続けた。
    「僕の名前はゼロって言うんだ。君は?」
    「え、ああ……、ゲートだ」
    「そっか。よろしく、ゲート」
     白髪――ゼロは嬉しそうに笑って、ゲートの手を握った。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    「双月千年世界」第4作、いよいよ連載開始です。
    ちなみに諸事情により、第1部では文字表示に何らかの不具合が生じる場合があります。
    なんだろうなー、プロトコルが一致してないのかなー(棒

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    色々ありましたが、僕はまだ元気です。
    これからも頑張ります。
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;6月30日までの進捗状況】へ
    • 【琥珀暁・彼訪伝 2】へ
    • Tag List 
    •  * |

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;6月30日までの進捗状況】へ
    • 【琥珀暁・彼訪伝 2】へ