黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・彼訪伝 2

     ←琥珀暁・彼訪伝 1 →琥珀暁・彼訪伝 3
    神様たちの話、第2話。
    「すごい遠いところ」から。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「いやぁ、空気が美味しいねぇ。僕が前にいたところじゃ、空気がもうドロドロでね、鼻をかんだら真っ黒になっちゃうってくらいでねぇ」
    「真っ黒ぉ? そんなことあるのかよ」
     初対面のはずだったのだが、会って5分もしないうちに、ゲートは相手にすっかり気を許してしまっていた。
     このゼロと言う男に対して、ゲートは自分自身でも不思議なほどに、何の悪感情も抱けなかったのだ。
    「それで、さっきのケンカは?」
    「ケンカ?」
    「ほら、なんかケモノっぽい人と男の人が、殴り合いしてただろ?」
    「ケモノって……、お前、あいつが人でなしとでも言ってんのか?」
     呆れた声を出したゲートに、ゼロは明らかに「しまった」と言いたげな目を向け、慌ててごまかしてきた。
    「ああ、いや、うまい言葉が思いつかなかったんだ。僕が住んでたところじゃ、あんな立派な耳と尻尾のある人なんていなかったから」
    「そうなのか? ふーん……」
     まだ戸惑っている様子のゼロに、ゲートは簡単な説明を付け足す。
    「ありゃ狼獣人だよ。種族名の通り、狼っぽい耳と尻尾が付いてる奴を言うんだ。
     魚を何樽も持ってきてたから多分、北の港にいる奴だろうな。あそこは『狼』が多い」
    「北の港(ノースポート)? 北にあるの?」
    「北の港が南にあったら、南の港って呼ばなきゃならんだろう」
    「あ、そりゃそうか」
     どうやらゼロは、ゲートが知らないくらい遠くの土地から流れてきたらしかった。
    「肉はどこから運んでくるの?」
    「大体、南の野原(サウスフィールド)からだな」
    「じゃああの野菜は?」
    「ありゃ、東の野原(イーストフィールド)辺りだろう」
    「西には何があるの?」
    「西の港(ウエストポート)がある。そっちは短耳ばっかりだ。……ゼロ?」
    「なに?」
    「お前、どこから来たんだ? 東西南北、全部聞いて回ってるが……」
    「あー、と。すごい遠いところ、としか言う他無いなぁ。説明が難しいんだ」
    「ふーん……」
     と、思い出したようにゼロがもう一度尋ねてくる。
    「あ、そう言えば聞いて無かった」
    「ん?」
    「あのケンカの原因だよ。何であの二人、殴り合ってたの?」
    「ああ……。
     いやな、『狼』の方は鮭を持ってきてたんだ。俺の目にも、あれは確かにうまそうに見えた。だけどあいつ、野牛と交換しろなんて言うもんだから、誰も応じなかったんだ。
     そのうちにあいつも取り合わないと思ったんだろうな、最初に羊肉と交換しようって言ってた奴に持ちかけたんだが、とっくの昔にそいつは他の奴と交換してたらしくてな、『狼』の方がごねたんだよ。『なんで俺が交換してやるって言うまで待たないんだ』って。言いがかりもいいところだろ?」
    「……んー?」
     事実をそのまま伝えたはずだったが、ゼロは首を傾げている。
    「どうした?」
    「あの、変なことを聞いたらごめんだけど、おカネって、この世界にある?」
    「……か……ね?」
     今度はゲートが首を傾げる。
    「なんだそれ?」
    「あ、いや、何でも。そっか、無いくらいの水準なのか。
     じゃあ魔術って、知ってる?」
    「まじゅ、……なんだって?」
    「無いと思うけど、****は?」
    「何て言った?」
    「……いや、何でも。大体把握した。
     とりあえず、ゲート。この辺りで水とか飲めるところ、あるかな。のどがかわいちゃって」
    「水なら、近くに井戸があるぜ」

     二人は井戸の方へと歩いて行ったが、着いてみると騒然としている。
    「どうした?」
     ゲートが近くにいた者たちに尋ねると、口々に答えが返って来た。
    「いやね、何か変なんだよ」
    「水飲んでた奴が、苦しみ出してさ」
    「脂汗かいてのたうち回ってるんだ」
    「マジかよ」
     人をかき分けて井戸のすぐ側まで寄ってみると、確かに人が倒れている。
    「痛い……腹が痛い……」
    「気分が悪い……また吐きそう……」
    「ううぅぅぅぅ……」
     と、様子を眺めていたゼロが、周囲の人間にこう提案した。
    「とりあえず、この人たちを木陰かどこかに運ばないか? このままここにいたら、井戸も使えないだろ?」
    「え、やだ」
     が、周りは一様に嫌そうな表情を見せる。
    「移ったらどうすんだ」
    「触りたくない」
    「呪われるかも……」
     否定的な様子を見せる周囲に、ゼロは呆れたような声を漏らした。
    「なんだよ、もう……。分かった、じゃあいいよ。僕が運ぶから、みんなどいて」
    「え?」
    「ほら、早く。……そう、もっと離れて、そう。
     よし、じゃやるか」
     人々が十分に離れたところで、ゼロはまたぶつぶつと何かを唱える。
    「『********』」
     唱え終わった途端――倒れていた者たちが勢い良く、宙を舞った。
    「うわっ……」「きゃっ……」「ひぃぃ……」
     全員が20歩分は飛び、どさどさと木陰に送り込まれる。
    「よし。じゃ、診てみようかな。あ、井戸の水は飲まないでね。お腹痛くなっちゃう原因かも知れないし」
     何が起こったのか分からず、ゲートも含めて全員が唖然と見ている中、ゼロは悠々と歩いて行った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・彼訪伝 1】へ
    • 【琥珀暁・彼訪伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼訪伝 1】へ
    • 【琥珀暁・彼訪伝 3】へ