黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・彼訪伝 3

     ←琥珀暁・彼訪伝 2 →琥珀暁・彼訪伝 4
    神様たちの話、第3話。
    井戸端騒動。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ぼんやりゼロの背中を見ていたところで、ゲートははっと我に返り、慌てて彼の側に寄った。
    「おい、おい、ゼロ! 今お前、何したんだ!?」
    「魔術だよ。僕の腕力じゃ4人も5人も動かせないもの」
     ゼロは倒れた者たちの額や首筋を触り、何かを確かめる。
    「やっぱり食中毒っぽいな。じゃあ解毒術と治療術で治りそうだ」
    「は?」
    「治療する。ゲート、君は井戸の水を誰かが飲んでしまわないよう、見張ってて」
    「お、おう」
     命じられるが、ゲートはそれを不相応と思うことも無く、素直に従った。
    「おーい、井戸の水は飲むんじゃねーぞ! ヤバいらしい!」
    「えっ、なにそれこわい」
    「ヤバいって、何が?」
     口々に尋ねられ、ゲートはしどろもどろに答える。
    「いや、俺も良く分からんが、あいつがそう言ってた」
    「あいつ? あの白髪のヒゲじいさん?」
    「じいさんじゃ無かったぞ。結構若そうだった」
     皆の視線が、ゼロの背中に向けられる。
    「……怪しくない?」
    「言われたら怪しいけど……、なんか」
    「うん、なんか」
    「なんか、だよなぁ。なんか信じたくなる」
    「うーん」
     話している間に、ゼロが井戸へと戻ってくる。
    「みんな落ち着いたよ。30分もすれば元気になる」
    「さんじゅっぷん、……って?」
    「え、……あー、どう説明したら良いかな、ちょっと昼寝するくらいの間って感じかな」
     答えつつ、ゼロは井戸の縁から身を乗り出し、底に目を向ける。
    「みんな、飲んでないよね」
    「ああ」
    「ちょっと、調べてみるか。……『*********』」
     ごぽ、と音を立てて、ずっと下の水面から水が一塊、ゼロの元へと浮かんでくる。
    「み、水が……!?」
    「なにあれ!?」
    「あいつ、何を!?」
     ふたたび全員が騒然とする中、ゼロだけは平然とした様子で水を眺める。
    「濁ってる。土の色じゃないな。……うーん、あんまり考えたくないけど、これは多分、あれの色だよなぁ」
     ゼロは空中に浮かんだ水を一度も触ること無く地面に捨て、周囲にとんでもないことを尋ねた。
    「今朝か夜中くらいに、ここで用を足した人はいる?」
     その質問に、周囲は一斉に顔をひきつらせた。
    「はぁ!? 井戸を便所代わりに使う奴がいたってのか!?」
    「うん。水の濁った色が、どう見てもあの色だし。で、それを飲んであの人たち、腹痛起こしたみたいだよ」
    「お、俺じゃないぞ?」
    「やるわけねーだろ」
    「そうよ! 皆で使ってる井戸なのに……」
     周囲が騒ぐ中、一人、こっそりと輪を離れようとする者がいる。
     ゲートはそれを見逃さず、彼の腕をつかんだ。
    「おい」
    「あっ」
    「まさか、お前か?」
    「……よ、酔っ払って、そんなことしたような気が、するような、しないような」
    「てめぇ!」
     あっと言う間に囲まれ、彼は袋叩きにされた。

     散々殴られたその短耳が縛られたところで、ゼロは苦い顔をしつつ、皆に告げた。
    「このままこの井戸を使ったら、間違い無くお腹を壊す人が続出する。だから、この井戸は埋めた方がいいよ」
    「えぇ!?」
    「無茶言うなよ!」
    「そうよ、これが埋まっちゃったら、水が飲めなくなるわ!」
     騒ぐ皆を、ゼロは慌ててなだめる。
    「あ、いやいや! ちゃんと別のを掘るから! ご心配なく!」
    「『掘る』だって!? 簡単に言うなよ!」
    「どれだけ苦労したと思ってんだ!」
    「あ、あ、すぐできるから! ちょっと探すから、待ってて!」
     ゼロはぱたぱたと手を振って皆を制しつつ、その場から離れた。
     残った皆は、それぞれ顔を見合わせる。
    「待っててって言われたけど……」
    「どうするつもりなんだろう?」
    「なあ、結局この井戸ってもう飲めないのか?」
    「お前、飲む気になれるか?」
    「……うん、無理」
     と、そうこうしているうちにゼロが戻ってくる。
    「お待たせー! いいところがあったよ!」
    「へ?」
    「みんな来て! とりあえず、穴を開けるだけ開けるから、その後の作業を手伝って欲しいんだ」
     ゼロに言われるがまま、皆は彼の後に付いて行った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・彼訪伝 2】へ
    • 【琥珀暁・彼訪伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼訪伝 2】へ
    • 【琥珀暁・彼訪伝 4】へ