黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・彼訪伝 4

     ←琥珀暁・彼訪伝 3 →双月千年世界シリーズ 第一次大修正;7月5日までの進捗状況
    神様たちの話、第4話。
    神の御業。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     元の井戸から100歩以上は歩いたところで、ゼロが立ち止まる。
    「ここならさっきの井戸から十分離れてるし、汚染されてる心配は無い。ここでいいかな?」
     誰へともなく尋ねたゼロに、周囲からチラホラと返事が返って来る。
    「ん、まあ、別にいいんじゃない?」
    「大して違わないし、さっきのとこと」
    「俺、むしろこっちの方がいい。家と近いし」
    「あ、それは思った。あっちの方、市場に近くて埃っぽい気がしてたし」
     そして続いて、当然の質問も投げかけられる。
    「でもどうやって掘るの?」
    「道具も何にも無いぞ」
     これに対し、ゼロはあっけらかんと答えた。
    「あ、大丈夫、大丈夫」
     そう返すなり、ゼロは地面に視線を落とす。
    「この辺りかなー。あ、みんな離れてて。土とか石とか飛ぶから」
    「お、おう」
     周囲が10歩ほど離れたところで、ゼロがまた、ぶつぶつと唱えた。
    「『********』!」
     次の瞬間、地面が勢い良く盛り上がり、大量の土が噴き出す。
    「うわあっ!?」
    「ちょ、え、なにあれ!?」
     あっと言う間に地面には大穴が空き、底の方には既にじわじわと、水が溜まり始めている。
    「よし、これでいいかな。後は周りを固めれば……」「ゼロ」
     と、周囲の人々と同様に、遠巻きに成り行きを見ていたゲートが、明らかに警戒した様子で尋ねる。
    「お前、何者だ?」
    「僕?」
     しかし依然として、ゼロは平然とした様子のままである。
    「なんだろね?」
    「ふざけんな。今の今までずっと気にしちゃいなかったが、お前、おかし過ぎるだろ」
    「そうかなぁ」
    「そうだよ。なあ、みんな?」
     ゲートの問いに、周りもぎこちなく応じる。
    「う、うん」
    「変だよね……」
    「さっき人を投げ飛ばしたのも、今、地面を掘ったのも」
    「一体何をどうしたんだ……?」
     周囲からいぶかしげな視線をぶつけられても、ゼロはまだ、けろっとした顔をしていた。
    「何って、魔術を使ったんだってば。
     あ、そっか。魔術って言うのはね、人ができる以上のことをできるようになる技術なんだけどね。皆も知りたかったら教えるよ。どうする?」
    「どう、って……」
     あまりにも険や邪気、その他どんな悪感情を微塵も感じさせない、飄々とした態度のゼロに、次第に人々の警戒が薄れていく。
    「うーん、どうって言われても」
    「怪しいけど、なんかなー」
    「便利そう」
    「それってすぐ使える?」
     問われたゼロは、これもあっけらかんと答えた。
    「才能次第かなー。使える人と使えない人はいるし。でもまあ、教えるだけならいくらでも教えるよ。
     あ、でも……」
    「でも?」
    「お腹空いたから、誰かご飯食べさせてほしいな、……って。ダメかな?」
    「……」
     全員が唖然とし、沈黙が流れる。
    「……ぷっ」
     その沈黙を、ゲートが破った。
    「変な奴だな、お前。まあいい、俺が恵んでやるよ」
    「ありがとう、ゲート」
    「その代わり、俺にも教えろよ。まあ、俺には使えんかも知れんが」
    「うん、教える、教える」
     結局この間、ゼロは最後まで笑顔を崩すことは無かった。



    「ゼロの前に、病に倒れた人と、毒に侵された井戸があった。
     ゼロは病に倒れた人を助け、新たな水をもたらし、村を救った。

     ゼロは村人たちに、『わたしの知識を授けよう』と言った。
     村人たちは皆、教えを乞うた。

     ゼロは人々に知恵と知識を授けた。
     これが我々の、礎である。

     ゼロは無と闇の中にあった我々に、標と光をもたらした。
     ゼロこそが我々の、神である。

    (『降臨記』 第1章 第2節 第1項から第4項まで抜粋)」

    琥珀暁・彼訪伝 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・彼訪伝 3】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;7月5日までの進捗状況】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼訪伝 3】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;7月5日までの進捗状況】へ