FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・奸虎録 1

     ←蒼天剣・憐憫録 5 →蒼天剣・奸虎録 2
    晴奈の話、200話目。
    敵、バカンス中。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「う……ん」
     横で眠る女性の寝返りと小さなうめきで、彼の目は覚めた。
    「……へへ」
     その虎獣人の青年、日上風(フー)は横にいる「狼」の女性、ランニャ・ネール公の寝顔を見て、思わずニヤつく。
    「ふあ……、っと。今、何時だろ?」
     フーはのそのそと床を抜け出し、脱ぎ捨てていた服から懐中時計を取り出す。
    「まだ、5時か。ちょっと早すぎるけど……、ま、起きるか」
     首をゴキゴキ鳴らし、軽く屈伸をして目を覚ます。窓の外は大分明るくなっており、ピチュピチュと鳴く鳥の声が耳に入ってくる。
    「いーい朝だ。本当、楽しいことばっかだな、ここんとこ」
     服を着ながら、フーはぼんやりとこの「小旅行」を思い返していた。
    「……フー」
    「ん?」
     床の方から、ランニャ卿の声が聞こえてきた。
    「どした、ランニャ」
    「うう……ん」
     尋ねてみたが、返事は無い。どうやら、寝言らしかった。フーの口の端がまた、緩んでくる。
    「……可愛いなぁ、お前は」

    「フー。今日は随分早いな」
     ランニャ卿の寝室を出てすぐ、地の底から響くような、低い男の声がフーの耳に入る。声の主はフードの男、アランだ。
    「アランこそ。一体、いつ寝てるんだ? いつ起きても、同じように俺の前に現れる」
    「すでにここに滞在して、2週間になる」
     アランはフーの問いには答えず、淡々と自分の仕事――フーの側近、参謀としての職務をこなす。
    「そろそろ戻らねば。ウインドフォートを発って、すでに一月半は経過している。北海の戦況も早晩、動いてくるはずだ」
    「……ああ、そうだな。そろそろ戻らないと、タイカの奴が攻め込んできてるかも知れないしな。先に返した側近だけじゃ、しのげないし」
     フーは素直に、アランの意見にうなずく。
    「んじゃ、今日の夕方くらいに、ここを発つかな」
    「そうしよう」
     話がまとまりかけたところに、いかにも寂しげな女の声が聞こえてきた。
    「フー、もう帰ってしまうの?」
    「お、ランニャ。もう起きたのか」
     フーのすぐ後ろで、ランニャ卿が悲しそうな顔をして立っていた。
    「いやさ、もうそろそろ王国に帰らないと。いくらなんでも戦争中だしさ」
    「そう、……よね」
     ランニャ卿は切なげにつぶやき、フーに抱きついてきた。
    「でも……」
    「ランニャ?」
    「せめてもう一日、一緒にいて欲しい。今度いつ会えるか、分からないもの」
     ランニャが抱きしめてくる温かく柔らかい感触に、フーは折れた。
    「分かったよ。じゃ、発つのは明日だ。な?」
    「……はい」

     もしこの時ランニャ卿が引き止めなければ、フーは何の苦も無く北方に帰ることができただろう。
     だが、皮肉と言うべきか――このちょっとした願いのせいで、その日のフーは思わぬ災難に見舞われる羽目になった。



    「はい、耳栓」
     クラフトランドが見えてきたところで、晴奈とフォルナは小鈴から耳栓を渡された。
    「これは?」
    「街に入る前に、付けておいた方がいいわよ」
    「なぜですの?」
    「理由は単純。うるさいから」

    (なるほど)
     小鈴の言う通り、クラフトランドの街門を潜るなり、大音量の騒音が晴奈たちを出迎えた。街のあちこちで鎚や鋸、ふいごなどがけたたましく鳴り響き、いかにも職人の街と言った風情をかもし出しており、耳栓をしてもなお、それらの爆音が体を揺らす。入って数分で、小鈴とフォルナの顔色は悪くなっていく。
    (二人とも大丈夫だろうか? ……しかし、これはまた、戦場とは違った辛さがあるな)
     おまけに、それらの音に負けじと売り子が声を張り上げてくるのだから、たまらない。
    「そこのお侍さん、刀どう、刀? 剣じゃないよ、刀だよ刀!」「間に合っている!」
     武器屋に声をかけられる。
    「耳栓あるよ、この街の必需品だよ!」(本末転倒だろう、阿呆!)
     耳栓屋が、耳栓を突き抜ける大声で売り口上を述べる。
    「ほら、いいアクセ入ってるよー!」「いらぬと言っているだろう!」
     またもアクセサリを無理矢理、付けられそうになる。
    (あ、頭が痛くなってきた……)

     喧騒を避けるため、二人は宿に入った。
    「あー、アタマいたぁい」
     小鈴はベッドに突っ伏し、枕を頭に押さえ付けてうめいている。
    「うぅ……、吐き気がいたしますわ」
     フォルナも同じように、ベッドに沈んでいる。晴奈も椅子にもたれかかり、一言も発さず宙を見つめている。
    (耳鳴りが収まらぬ)
    「ねぇー、晴奈ぁー、フォルナぁー」
     枕の下から、非常にだるそうな小鈴の声が聞こえてくる。
    「もうちょっと、暗くなってから日上探ししよぉー」
     フォルナが弱々しい声と力なく揺れる尻尾で、それに同意する。
    「そう、いたしましょう。こう騒々しくては、参ってしまいますわ」
    「ねぇー。もぉ何か、アタマん中、ぐにゃぐにゃ揺れてるもん」
     晴奈も二人と同じく、吐き気に近い頭痛を感じている。
    「そうですね……。私も、ひどい頭痛がします。少し、休みましょう」
    「そおしよぉー」
     そのまま、三人は眠りに就いた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    おぉ、200話到達。
    我ながらびっくりですね。
    当初の予定では、この時点で半分過ぎてるはずなんですが……。
    色々挟んだり加えたりしてるため、話がドンドン膨らんでる最中です。
    さーて、後何話続くやらw
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・憐憫録 5】へ
    • 【蒼天剣・奸虎録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    自分の軌跡を改めて見直してみると、思っていた以上の成果になっていることも。
    LandMさんのところも随分経ちますから、相当な量になってるでしょうね……。

    筆が乗ると、ガンガン膨らみますよね。
    「蒼天剣」は自分の予想をはるかに上回る勢いでキャラが動いたので、当初の予想の5倍くらいに話が膨らみました。

    ダイナミックな話の展開で、ハラハラさせられました。
    執筆、お疲れ様でした。

    NoTitle 

    おお、ここでついに200話になるんですね。
    すごいですね。私の話がトータルで・・・いくつなるんでしょうかね。
    私の場合は別枠で日記もやっているので、現在700記事まで到達してますけどね。日記は毎日更新しているので。結構、話って勝手に膨らみますよね。街はやかましいですよね。それこそが人が生きているという証明である感じはしますけどね。

    どうも、LandMです。
    ようやく作品が最後の一歩手前までいきました。これまでご愛読ありがとうございました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・憐憫録 5】へ
    • 【蒼天剣・奸虎録 2】へ