黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・魔授伝 2

     ←琥珀暁・魔授伝 1 →琥珀暁・魔授伝 3
    神様たちの話、第10話。
    天文学と時間。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「まあ、元々ある程度は準備してたんだよね」
     そう前置きしつつ、ゼロはシノンを連れて近所の丘に向かっていた。
    「僕がこの村に来た時くらいから、星の動きとか月の動きとか、できるだけ観測してたんだ」
    「カンソク?」
    「どんな風に動いてたか、詳しく眺めてたってこと。
     それでね、星の動きと言うか、公転軌道は少しずつ、日によってずれていくんだ。一番分かりやすいのは、月だね」
    「ん、……うーん?」
    「今日と明日で、月が空に浮かんでる位置がちょっとだけずれてるってことさ。
     で、このずれもある一定の周期がある。ある程度時間が経てば、元の位置に戻ってくるんだ」
    「へー、そなの?」
     明らかに要領を得なさそうな様子のシノンに、ゼロは昼の空に浮かぶ赤い月を指差した。
    「例えばあっちの月は、およそ28日で元の位置に戻る。もういっこの白い方は、およそ26日で戻ってくるんだ。
     で、まず考えたのが、赤い月の方を『1ヶ月』と言う単位として定めようかなって」
    「いっかげつ?」
    「そう、月が一周してくる期間。月ひとつ単位ってこと。まあ、後々もうちょっと細かく観測して、一ヶ月を何日にするか考えることにするけどね」
    「ふーん……」
     話が難しくなってきたためか、シノンはつまらなそうに返事をする。
     それに構わず、ゼロは話を続ける。
    「で、太陽の軌道も日が経つにつれて、少しずつずれてきてるんだ。
     僕が村に来て100日近く経ってるんだけど、軌道全体がずっと南寄りになってきてて、それにつれて日照時間、つまり一日のうちで明るい時間帯も短くなってきてる。
     それでね、ちょっと計算してみたら、面白いことになりそうなんだ」
    「なになに?」
     面白い、と聞いてシノンの顔がほころぶ。
     しかし次の説明を聞くうちに、またつまらなそうな顔になる。
    「月が両方とも満月になる頃に、太陽の位置も一番南に来そうなんだ。面白い偶然だろ?」
    「……そーだね」
    「でね、こうしようかなって思ってることがあるんだけど」「ねーえ、ゼロぉ」
     飽き飽きと言いたげな顔をして、シノンが話をさえぎった。
    「まだその話、続くの? つまんないよー」
    「……そっか、ごめん」
     ゼロは肩をすくめ、話題を変えた。
    「そうだ、前から聞こうと思ってたんだけど」
    「なーに?」
    「シノンって、一人で暮らしてるの?」
    「うん」
    「お父さんとかお母さんは?」
    「いないよ」
    「そうなの?」
     と、シノンは表情を曇らせる。
    「ずっと昔に死んじゃった。おばーちゃんがまだ生きてた頃に教えてくれたんだけど、バケモノに食われちゃったんだって」
    「あ、……ごめん、本当」
    「いいよ」
     気まずい空気になり、ゼロはそれ以上、自分から何も言わなくなってしまった。

     丘の上に着き、ようやくゼロが口を開いた。
    「えーとね、何しようかって言うとね」
    「うん」
     朝と打って変わって憂鬱そうな表情を浮かべているシノンに、ゼロは恐る恐ると言った様子で説明し始めた。
    「ここから村が見渡せるよね」
    「見渡せるね」
    「で、太陽が僕たちの後ろにある。と言うことは僕たちの前側、つまり村の方に向かって影が伸びるわけだ」
    「そうだね」
    「そこで、ここに長い棒か何かがあれば、村に影が差す。その位置で、時間を決めようかって」
    「ふーん」
     明らかにつまらなさそうに返事するシノンに、ゼロの歯切れも悪くなる。
    「あー、と、……まあ、ここまで一緒に来てくれたからさ、お礼するよ」
    「お礼? なになに?」
     尋ねてきたシノンに、ゼロはこんな提案をした。
    「そろそろ魔術をみんなに教えようと思ってたんだけど、一番先に、君に教えてあげる。僕の授業で一番成績がいいのは、君だし。もしかしたらすんなり使えるかも知れない」
    「マジュツって、ゼロが水を引っ張り上げたり、人を放り投げたりしてたヤツのことだよね? あれちょっと、やってみたかったんだー」
    「期待に添えると良いんだけどね。……っと、この辺りが丁度いいかな」
     村全体を見下ろせる位置で立ち止まり、ゼロは辺りをきょろきょろと見回す。
    「手頃なのは、……んー、無さそうだな」
    「そだね」
    「じゃ、作るか。シノン、僕の後ろにいて」
    「はーい」
     シノンが自分の背後に回ったところで、ゼロはぶつぶつと唱え始めた。
    「……『グレイブピラー』!」
     途端に地面がごそっと盛り上がり、ゼロの背丈の3、4倍ほどの石柱がゼロたちの前方、村の方に向かって伸びていく。
    「お~、すっごーい」
    「はは、どうも。……よし、いい感じ」
     村の方にできた影を眺め、ゼロは満足気にうなずいた。
    「ここで数日観測したら村の皆と相談して、あの影がどこら辺に差したら何時だ、って決めることにしよう。
     さて、シノン。約束通り、魔術を教えてあげるよ」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.07.15 修正
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・魔授伝 1】へ
    • 【琥珀暁・魔授伝 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    Σ(゚∀゚;)

    ご指摘ありがとうございます。
    修正します。

    管理人のみ閲覧できます 

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・魔授伝 1】へ
    • 【琥珀暁・魔授伝 3】へ