黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・魔授伝 3

     ←琥珀暁・魔授伝 2 →琥珀暁・魔授伝 4
    神様たちの話、第11話。
    最初の生徒。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     場所を木陰に移し、ゼロは懐から何かを取り出した。
    「なにそれ? ピカピカしてる」
     尋ねたシノンに、ゼロが言葉を選ぶように、ゆっくりと答える。
    「これは友達からもらった、『黄金の目録』って言う、……えーと、何て言ったらいいかな、ほら、授業で僕が皆に使わせてる紙があるよね」
    「うん」
    「あれがものすごく一杯束ねられたやつ、って思ってもらえば」
    「ふーん」
    「……っと、これこれ。基礎中の基礎、一番簡単な魔術。いい? 見ててね」
     そう言って、ゼロは右手の人差し指を立てる。
     と、その指先にぽっ、と火が灯った。
    「おわっ」
     それを見て、シノンは驚いた声を上げる。
    「これ、火?」
    「そう。魔力を熱エネルギーに、……あー、と、まあ、火を起こせる術だね。見たまんまだ。
     魔術は呪文と魔法陣で組み上げる、一つの『装置』みたいなもんなんだ。流れとしては、呪文や魔法陣を使うことで、何を媒体にして、どれくらい魔力を使って出力するか決定する、って感じになるかな。
     今、僕が見せたこの『ポイントファイア』は、僕自身の魔力を原動力とし、僕の指先を媒体として、こうして火として出力させた。その手順を、今から説明するね」
    「う、うん」
     ゼロの話が理解しきれなかったらしく、シノンの顔に不安そうな色が浮かぶ。
     しかし丁寧に魔術の使い方を繰り返し説明され、太陽が二人の頭上に来る頃には、シノンの指先にも火を灯すことができるようになった。
    「……不思議。熱くない」
    「また今度詳しく説明するけど、呪文には大抵、自分に跳ね返ってこないように保護する構文が加えられてる。熱く感じないのは、そのせいなんだ」
    「ふーん……」
     自分の指先に灯った火を見つめながら、シノンはこう尋ねた。
    「これ、もっと大きくできる?」
    「できるよ。さっきの構文の、魔力使用量の辺りをいじれば」
    「どれくらい大きくできるの?」
    「いくらでも。でも、さっきの構文そのままだと、自分の魔力をガンガン使うことになっちゃうから、そんなに大きくはできない。
     もっと大きなものにするには、別の魔力源がいる」
    「ゼロが持ってる、そのピカピカした本とか?」
     火を灯していない方の手で「目録」を指差され、ゼロはうなずく。
    「うん。でも君には使えないかな」
    「なんで?」
    「1つ、これは僕の友達が僕のために作ってくれたモノだから。僕以外には使えないように設定されてる。
     そしてもう1つの理由は」
     ゼロは諭すような口調で、こう続けた。
    「君は魔術師としてはひよっこ中のひよっこ、まだ卵の中から出て間もない雛だからさ。
     いくら便利だからって、子供に刃物や棍棒を持たせたりなんかしないだろ?」
    「……そだね」
     シノンは素直にうなずくが、こう続ける。
    「他にその、魔力源になるものってある?」
    「色々。純度の高い石英とか、錫と金とか銀とかを合わせた合金とか。それも近いうち、探さなきゃね」
    「どうして?」
    「君が思ってることの、延長の話」
    「え?」
     驚いた顔をしたシノンに、ゼロはいたずらっぽく笑いかけた。
    「分かるよ。そんな顔で『もっと強い術はあるの?』って聞いてきたら、そりゃもう丸分かりだ。
     君もあのバケモノたちに対抗したい、倒したいと思ってる」
    「……うん」
     いつの間にか空は曇りだし、ぽつ、ぽつと雨が降り始めていた。
    「ありゃ、降ってきちゃったな。しばらくここで、じっとしてようか」
    「うん」
    「良かったらその間、君の話を聞かせてほしいな」
    「……うん。分かった」
     大きな木の下にゼロがしゃがみ込み、シノンは彼の懐に入るように、彼の前に背を向けて座り込む。
    「おいおい、猫じゃないんだから……」「あのね」
     シノンはゼロをさえぎって、自分の過去を、静かに話し始めた。
    「あなたがやっつけたバケモノと同じかどうか、分からないけど。
     あたしのお母さんとお父さんと、もしかしたら弟か妹も――バケモノに、食べられたの」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・魔授伝 2】へ
    • 【琥珀暁・魔授伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・魔授伝 2】へ
    • 【琥珀暁・魔授伝 4】へ