黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・魔授伝 4

     ←琥珀暁・魔授伝 3 →琥珀暁・魔授伝 5
    神様たちの話、第12話。
    人、なのか?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「元々、お母さんたちは東の村に住んでたらしいんだけど、元々そこが、バケモノに襲われて半壊したらしいの。
     それで、あたしの弟か妹が生まれるかもって話があったし、このままいたらまた襲われるかもってことで、家族で真ん中の村に越してきたんだって。
     でもその途中で、バケモノに襲われて……」
     そこまで話したところで、シノンは自分の膝に顔を埋める。
    「そっか。……それで、君とおばあちゃんだけが助かった、と」
    「うん。……いやなこと、言う人もいた。あたしのこと、『両親を食わせて自分だけ助かった卑怯者』って」
    「ひどいことを言うなぁ」
    「でも、本当のことだもん。あたしは、お母さんたちが襲われてる間に逃げたから、生き延びたんだし」
     顔を埋めたままのシノンの頭を、ゼロは優しく撫でる。
    「本当だとしてもさ。そんなこと言う奴は人間が腐ってるってもんだよ。それに、その時はそうするしか無かったんだろう。
     ねえ、辛いことを聞くかも知れないけど、そう言う話って、昔からずっとあったのかな」
    「分かんない」
    「ま、そりゃそうか。襲われて死んだ人間が『襲われた』って言って回ることなんかできないし。
     となると、……やっぱり、気になるところだな」
    「なにが?」
     顔を挙げずに、シノンが尋ねる。
    「襲われ過ぎな気がする。それも、明らかに人が多い地域を襲ってる節がある。
     まるで人が増え過ぎないように、誰かが謀ってるような……」
     言いかけて、ゼロは首を横に振った。
    「……まさか、だな。いくらなんでも、バケモノがそんな意志を持ってるとは思えない。
     ただ、でも、……この手の話を、『授業』を受けてたみんなから聞いてるんだ。村の半分くらいの人が来てる中から、そのみんなに、だ」
    「珍しい話じゃないもん。
     隣の家のテオさんは西の村にいたけど、バケモノから逃げてこの村に来たって言ってたし、向かいの家のメイだってそう。友達もみんな、親や兄弟、友達の誰かを失って、逃げて、この村に来てる。
     みんな、親しい人を襲われて、自分が襲われかけて、……そして明日にでも襲われて、食われるのよ」
    「……させるもんか」
     ゼロの、いつも通り明るい口調の、しかし力強い言葉に、シノンはようやく顔を上げる。
    「ゼロ?」
    「僕たちはバケモノにとって丁度いい食べ物なんかじゃない。僕たちは知恵と自我と希望を持った、れっきとした人間なんだ。
     僕がいる以上、もうバケモノから逃げ回る生活なんて、誰にもさせやしないさ」
    「……」
     雨音が止み、雲間から太陽の光が切れ切れに届き始める。
     シノンはくる、と向きを変え、ゼロと向き合う形になった。
    「シノン?」
    「ゼロ」
     と、シノンはゼロに顔を近付け――静かに、口付けした。
    「え、ちょ、……もごっ」
     顔を真っ赤にしたゼロからすっと離れ、シノンは彼の耳元でつぶやく。
    「ゼロ。あたし、あなたのこと、……あなたのこと、不思議な人だって思ってる。
     ううん、あなたは『人』なのかな? もっと、すごい、人を超えた何か。そんな気がする。ねえ、そう言うの、何て呼んだらいいの?
     人よりもっとすごい、人を超えたもののことを」
    「……あんまりそんな風に呼ばれたいとは、思わないけど」
     そう前置きして、ゼロはこう返した。
    「僕のいたところじゃ、そう言うのは『神様』って呼んでたよ」
    「じゃあ、神様」
     シノンはもう一度、ゼロに口付けした。
    「お願い。あたしたちを、助けて」



     2時間後、ゼロとシノンは丘を下っていた。
    「……」「……」
     二人とも何も言わず、手をつないで、黙々と歩を進めている。
    「あれ?」
     と、村人が二人に気付き、手を振る。
    「おーい、ゼロじゃないか。それとシノンも。
     どうした二人とも? そんなぼんやりした顔して」
    「ぅえ? あっ、あー、どうも、リコさん」
    「あっ、えっと、ども」
    「……んー?」
     声をかけてきた村人は、そこで半ばけげんな、しかしどこか納得したような顔をする。
    「まあ、なんだ。寒くなってきてるから、風邪には気を付けろよ、二人とも。ひゃひゃひゃ……」
    「ああ、うん。気を付ける」
    「は、はーいっ」
     そのまますれ違ったところで、ゼロがぽつりとつぶやいた。
    「……どう思われたかなぁ」
    「多分、あなたが思ってる通りじゃない?」
    「だよなぁ……」
     恥ずかしそうに頭をポリポリとかくゼロに、シノンは耳元でささやく。
    「ねえ、ゼロ。明日から、あたしの家で住まない?」
    「うひぇ?」
     素っ頓狂な返事をしたゼロに、シノンは噴き出した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・魔授伝 3】へ
    • 【琥珀暁・魔授伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・魔授伝 3】へ
    • 【琥珀暁・魔授伝 5】へ