黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・南旅伝 2

     ←琥珀暁・南旅伝 1 →琥珀暁・南旅伝 3
    神様たちの話、第15話。
    寒くて温かい旅路。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     すべての準備が整い、ゼロたちは早速、南に向けて出発した。
    「さむ……」
     ガウンを重ね着しているにもかかわらず、シノンが両腕をこすって寒がっている。
    「確かに寒みいな。ここ数年で一番の寒さかも知れん」
     御者台に座るゲートも、白い息をもくもくと吐いている。
    「防寒着ならいくらでもある。もっと欲しかったら言ってくれ」
     フレン自身ももこもこと重ね着しながら、自分のところで作ったマフラーや帽子を袋から取り出す。
    「手袋あるか?」
     尋ねたメラノに、フレンがごそごそと袋に手を入れながら応じる。
    「あるぜ。耳当てはどうする?」
    「欲しい。尾袋は?」
    「大きめのが欲しい」
    「あるある。アンタみたいなフサフサめの尻尾でも十分入るぜ、メラノの旦那」
    「おう、助かる」
     と、二人のやり取りをぼんやり眺めていたゼロが、ぼそっとつぶやいた。
    「尾袋って言うのもあるのか……」
    「何言ってんの? そりゃあるって」
     それを聞いていたシノンが、けげんな表情になる。
    「無かったら『猫』とか『狼』とかの人、凍えちゃうよ」
    「それもそうだ。いやさ、前に僕がいたところには、あーゆー感じの耳や尻尾を持ってる人がいなかったって話、したよね」
    「そう言ってたね」
    「だから、あーゆーのも見たこと無くって」「ゼロ」
     ゼロの話をさえぎり、シノンが口をとがらせる。
    「もしかして、まだ村に馴染んでないの?」
    「えっ?」
    「ゼロの話の半分、前にいたとこの話なんだけど」
    「そうだっけ」
    「そーだよ。それともさ、村が好きじゃないの?」
     そう尋ねたシノンの頭を撫でながら、ゼロはこう返す。
    「もし村のことが好きじゃなかったら、こうして寒い中、バケモノがいるってところにわざわざ行こうなんて思わないよ」
    「……だよね。でも、やっぱり村の話、少ない気がする」
    「んなことねーって」
     話の輪に、ゲートが入ってくる。
    「最近のこいつ、俺と会う度に村の話ばっかしてんだぞ。リンのばーちゃんが畑を耕すのを手伝ったとか、ロニーが逃がした馬を一緒に追いかけたとか、よくもまあそんなに色々、人助けしてるもんだよなって思うよ。
     ま、実を言うと村の話って言うより、お前の話の方が多めなんだけどな」
    「ちょ」
     顔を赤くするゼロに構わず、ゲートはゼロから聞いたシノンの話を、彼女に聞かせる。
    「料理、苦手って聞いたけど本当か?」
    「え、そんなこと言ってた?」
    「フレンからもらった肉、焦がしたって」
     それを聞いて、シノンはゼロの耳をつねる。
    「ちょっと、ゼロ! 言わないでよ、もお!」
    「ごめんごめん」
    「あと聞いたのは、同じくフレンからもらった毛糸で編み物したけど、手触りがゴワゴワ、チクチクしてて痛かったって」
    「それも言ったの!? やめてよぉ」
    「おいおい、俺から贈ったヤツ、全部ダメにしてんじゃねーだろーな?」
     フレンも渋い顔をして、話に加わる。
    「もしかして、こないだのヤツもか?」
    「あ、いやね、その話はあくまで、『一緒に住み始めた頃は』って前置きしたんだよ」
     ゼロは苦笑しつつ、弁解する。
    「今はとっても美味しい料理を出してくれるし、今被ってる帽子だって、シノンが作ってくれたものなんだ。ほら、ふかふかだろ?」
    「ああ、そうだったのか。道理で見覚え無いと思った。上手いじゃん」
    「えへへっ」
     フレンにほめられ、シノンは嬉しそうにはにかむ。
    「今夜のご飯も頑張っちゃうよ。楽しみにしててねっ」
    「いいねぇ、若奥様の手料理か」
     ニヤニヤしながらそう返したメラノに、ゼロは顔を赤くしてうつむき、一方でシノンも、恥ずかしそうに笑った。
    「……えへへー」
    「ってかな、話を戻すとだ」
     と、ゲートが続ける。
    「俺もそこそこ、ゼロとは親しくしてるつもりだけど、こいつの故郷の話は数えるくらいしか聞いてないんだ。
     それを聞けるってことは、やっぱお前に、自分のことを知ってほしいと思ってるんだよ」
    「そっか、……そうだよね」
    「相思相愛だねぇ、お二人さん」
     フレンに茶化され、ゼロとシノンは、今度は揃って顔を赤くした。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・南旅伝 1】へ
    • 【琥珀暁・南旅伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南旅伝 1】へ
    • 【琥珀暁・南旅伝 3】へ