黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・南旅伝 4

     ←琥珀暁・南旅伝 3 →琥珀暁・南旅伝 5
    神様たちの話、第17話。
    夜の番。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     ゼロの予測通りにすぐに日は沈み、辺りは間も無く、闇と凍てつく寒さに覆われた。
     しかしゼロの魔術のおかげで、今ゼロたちがいる場所は温かく、ほんのりと明るい。
    「はぐはぐ……、言うだけあるな、シノン」
    「ああ、普通に美味い」
     フレンとメラノからほめられ、シノンは嬉しそうに笑う。
    「ありがとっ」
    「だけどゼロ」
     と、ゲートが不安そうに辺りを見回す。
    「夜はどうするんだ? この辺りはぱーっと開けてるから、もしバケモノどもが近くまで来たら、ここにいるのが丸分かりだぞ」
    「交代で見張りをしよう。もし何か異状があったら、僕を起こしてくれ」
    「分かった」
    「5人いるから、夜は常に3人眠って、2人起きて見張りで。その間の時間を計れるように、こう言うのも作ってる」
     そう言って、ゼロは木とガラスでできた、ひょうたん状の筒を箱から取り出した。
    「中に水と油が入ってて、引っくり返すと当然、油は上に、水は下に動く。水が全部落ち切るまで、2時間かかるように作ってある。つまりこの道具で2時間計れる。
     これを一回引っくり返すごとに、1人ずつ交代しよう。で、順番はどうしようか?」
     ゼロがそう尋ねたところで、フレンが毛糸を懐から取り出す。
    「くじならすぐ作れるぜ」
    「じゃ、それで行こう」
     5人はくじを引き、最初にゼロとメラノが見張りをすることが決まった。
    「これからの旅路を考えれば、できる限り疲れを溜め込みたくない。大分早いけど、シノンとゲートとフレンはもう寝てて」
    「分かった」

     シノンたちが眠ったところで、メラノがゼロに声をかけてきた。
    「なあ、ゼロ」
    「ん?」
    「変なこと聞くようだが」
     そう前置きされ、ゼロはぎょっとした顔をする。
    「変なこと聞かないでよ」
    「あ、いや、単にだ。シノンと仲いいよなって話なんだ」
    「ああ、うん、まあね」
     恥ずかしそうに答えたゼロに、メラノは続けてこう尋ねた。
    「前にはいなかったのか?」
    「って言うと?」
    「彼女とか、奥さんとか」
    「いや、シノンが初めて。前いたところでは、僕は勉強と研究と趣味にしか打ち込んで無かったから」
    「趣味?」
     メラノに尋ね返され、ゼロは上を指差した。
    「天文学」
    「て……ん……、なんだって?」
    「星とか、月や太陽の動きを見るのが好きなんだ」
    「ほー……? そんなもん見て、何が楽しいのか分からんなぁ、俺には」
    「あはは、良く言われる」
     あっけらかんとしているゼロに、メラノも相好を崩した。
    「お前のことを変な奴だって言うのと、いやすごい奴だ、神様だって言うのとがいるが、やっぱり俺には、あんたは変な奴にしか思えん。
     いや、勿論あんたが色々やってくれてるおかげで、村の暮らしが良くなってる、良くなりそうだってことは分かってるし、感謝もしてる。
     ただ、それを差し引いてもやっぱり変だ」
    「そんなに?」
     肩をすくめるゼロに対し、メラノは腕を組み、深々とうなずいて返す。
    「ああ。何よりも俺が変だって思うところはだ。そのヒゲ面だな」
     そう言われて、ゼロは自分のあごに手をやる。
    「やっぱりちょっとくらい整えた方がいいかな」
    「って言うか剃れよ。似合わん」
    「そっかなぁ。シノンはかっこいいって言ってくれたんだけど」
    「あいつにしてみりゃ、お前の何でもかんでもがかっこいいんだろ。ベタぼれだしな。
     だけどシノンもすっかり変わったぜ。お前が来る前までは、あんなに明るい奴じゃ無かったんだがな」
    「え?」
     意外そうな顔をしたゼロを見て、メラノはくっくっと笑う。
    「まさかって顔すんなよ。お前もあいつが村に来た経緯は知ってんだろ?」
    「……ああ、まあ。聞いたよ」
    「来てすぐ、周りから散々言われたから、相当参ってたんだろう。始終うつむいててよ、家から出て来ない日すらあったんだぜ?
     何なら他の奴にも聞いてみたらどうだ?」
    「……いや、いいよ。過去の話はあんまり」
    「そっか。……っと」
     話している間に水時計の中の水がすべて下に落ち、2時間経ったことを示した。
    「次はフレンだったな」
    「うん、呼んでくるよ。それじゃおやすみ、メラノ」
     ゼロはぺらぺらとメラノに手を振り、馬車の中に入った。
     フレンが来るまでの、一人になったそのわずかな間に、メラノはぼそ、とつぶやいていた。
    「ヨメさんの悪い話してもけろっとしてやがる。本っ当に怒らねーな」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・南旅伝 3】へ
    • 【琥珀暁・南旅伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南旅伝 3】へ
    • 【琥珀暁・南旅伝 5】へ