黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・南旅伝 5

     ←琥珀暁・南旅伝 4 →琥珀暁・南旅伝 6
    神様たちの話、第18話。
    予定の遅れ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     南の村からクロスセントラルに来た人々の話と、馬の速力とをゼロが総合・計算した結果、南の鉱床までは片道で10日程度だと算出していたが、想定外の要素――厳しい冬の寒さのため、雪や凍った道に幾度と無く阻まれていた。
     そのため到着予定日を過ぎた今も、ゼロたちは鉱床はおろか、その手前の南の村にすら未だたどり着けず、吹雪の中をひた走っていた。
    「念のために、食糧を多めに持ってきてて正解だった。……それでもこれ以上時間をかけたら、帰れなくなっちゃうけど」
    「怖いこと言うなよ。このまま全員飢え死に、凍え死になんて、冗談にもなりゃしない」
     御者台に着いていたゼロの言葉に、横に並んで座っていたフレンが苦笑する。
    「俺が死んだら、かわいい羊たちは全部路頭に迷っちまうぜ」
    「そりゃ羊たちが可哀想だ。何としてでも帰らなきゃ。……そう言えばフレン」
    「ん?」
    「奥さんとかいる?」
    「いや、独り者だ。残念ながらモテないもんでね」
    「へえ? 渋いおじさんと思ってたけど」
    「思われてたんなら、俺にとっちゃ不本意だな」
     フレンはふーっとため息をつき、憮然とした目を向ける。
    「俺はまだ、おじさんってほどじゃない。コレでも若いんだぜ、俺」
    「あれ、フレンって今、いくつ?」
    「いくつって?」
    「年齢、……って言っても、そうか。暦(こよみ)――今が何年ってことも、定めてないんだもんな。
     帰ったらそれも決めないとなぁ」
    「色々やるコトだらけだな。……何もかもが変わっていくな」
     不意にそんなことを言い出したフレンに、ゼロはきょとんとする。
    「って言うと?」
    「5ヶ月前まで、やるコトなんてそんなに無かった。
     俺は羊を飼って、ゲートは畑に行って、シノンは山菜取って、メラノは狩りに行って。いっぱい取れたら交換できないか、市場に持ち寄って。
     ずっと、ずーっと、何日も、何十日も、何百日も、その繰り返しだった。それ以上の変化も無く、ずーっと。
     それを打ち破るのは、バケモノだけ。バケモノが突然襲ってきて、全部食い荒らして、そこから逃げて、そしたらまた別の村で、同じような日々の繰り返し。
     俺もいつかは羊と一緒にバケモノに食われておしまい。そうなる前に奥さんもらって子供作って、……って思ってたんだが、何かお前が来てから、それどころじゃ無くなったって言うか、他のことばっか考えてて、そんなヒマ無いって言うか」
    「ごめんね。今だって、こんな南の方まで連れて来ちゃって」
     謝るゼロに、フレンはニヤッと笑って返す。
    「構わんよ。同じコトを言うようだが、同じ日々の繰り返しから、アンタは解放してくれたんだ。危険や困難はあれど、今までに無い経験ばっかりしてる。
     こんな楽しいコトは、コレまで一度も無かった。感謝してもし足りないよ」
    「そう言ってくれれば、ほっとする。僕自身もこの寒々しい旅に参ってきそうだったんだ、実は」
    「だと思ったぜ。この10日、奥さんと二人っきりになれないってのは辛いだろうしな」
    「いや……、まあ、それも無くは無いけど」
     ゼロはくる、と振り返り、馬車の中で毛布にくるまって眠るシノンをチラっと見て、前に向き直る。
    「蒸し返すようだけど、予定がずれ込んできてるせいで、食糧が心細くなってきてる。帰りも同じくらいかかるとなれば、馬が危ないかも知れない。
     冗談やからかいじゃなく、命の危険がじわじわ迫ってきてる。その上、ゲートも何度かこぼしてたけど、いつバケモノが狙ってくるかって危険も、依然として続いてる。
     これで不安にならなかったら、頭がおかしいよ」
    「違いないな、ははは……」
     一笑いして一転、フレンの顔が曇る。
    「……あと、何日かかる?」
    「計算では2日。どれだけ難航しても、流石に明日には村に到着する。そこからもう1日で、鉱床に行けるはずさ」
    「帰りはどうする? 村で食糧がもらえりゃいいが」
    「多めに原料を掘って、村で交換してもらおう。バケモノのせいで掘りに行き辛くなってるだろうから、きっと喜んでくれるよ」
    「なるほどな。流石……」
     と、フレンが話を止め、猫耳をぴくぴくと動かす。
    「どうしたの?」
    「なあ、自分のコトだからピンとは来ないんだが――猫獣人ってのは、他のヤツが気付かんような物音や匂いやら、そう言うのにいち早く気付けるらしいんだ。
     ゼロ、お前今の、グオーってのは、……聞こえなかったか?」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・南旅伝 4】へ
    • 【琥珀暁・南旅伝 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南旅伝 4】へ
    • 【琥珀暁・南旅伝 6】へ