黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・南旅伝 6

     ←琥珀暁・南旅伝 5 →暑中お見舞い申し上げます
    神様たちの話、第19話。
    吹雪の中の接触。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ゼロの顔から、笑みが消える。
    「……どっちから?」
    「馬車の向きを正面として、左の方だ。足音もする。雪の上をかなりデカいのが、こっちに向かってきてる」
    「どれくらいで接触しそう?」
    「多分、そんなにかからん」
    「何頭いそう?」
    「1頭だけっぽい」
    「分かった。もっと出てきそうなら、また教えて」
     そう返して、ゼロは懐から金と紫とに光る板を取り出した。
    「ちょっと場所替わって。目視できた瞬間に攻撃したい」
    「お、おう」
     御者台の左側に座っていたフレンと場所を替わり、ゼロは呪文を唱え始めた。
    「……***……***……、準備できた。馬を慌てさせないようにしてて」
    「ああ」
     やがて吹雪の音に混じり、確かに獣のような、グオオオ……、と言ううなり声が近付いて来る。
    「……来た!」
     ゼロは板を掲げ、叫んだ。
    「『ファイアランス』!」
     次の瞬間、炎の槍がぼっ、と音を立てて、馬車の左へと飛んで行く。
     間を置いて、それまで切れ切れに聞こえていたうなり声が、きゃひんと言う、泣いたようなものに変わる。
    「当たったか!?」
    「うん。でもまだ近付いて来る。
     シノン、起きて!」
    「おっ、起きてるよっ!」
     膝立ちの姿勢で、シノンが寄ってくる。
    「こっちに来て手伝って! 左にバケモノだ!」
    「分かった!」
     わずかに村に残っていた原料で作られた杖を手に、シノンも戦いに加わる。
    「『ファイアボール』!」
     先程の、ゼロが放ったものと比べて幾分小さい火球が、同じように吹雪の中へ飛んで行く。
     しかし飛んで行って数秒経っても、何の反応も返って来ない。
    「……当たってないっぽいね」
    「って言うか、聞こえなくなった?」
     3人、息を殺して気配を探るが、既にうなり声も、泣くような声も聞こえない。
    「……ひとまず、撃退したって感じか」
    「みたいだね。ごめん、寝てたのに」
     小さく頭を下げたゼロに、シノンはふるふると首を振る。
    「ううん、危なそうだから一応、起きてたよ」
    「そっか」
     そのままシノンの肩を抱き、頭を自分に寄せたゼロを横目で眺めつつ、フレンがこぼす。
    「独り者にゃ目の毒なんだがねぇ。オマケに御者台の定員は2人なワケだし」
    「あ、ごめん」
     離れようとしたシノンに、フレンは手をぱたぱたと振って制止する。
    「俺は気疲れしたから休むわ。またどっちか疲れたってなったら、交代するよ」
    「はーい」

     やがて吹雪も止み、雲間からチラホラと日が差し始めた。
    「わあ……、きれい」
     その光景を見て、シノンが嬉しそうな声を上げる。
    「でもオレンジ色がかってきてる。もう日が暮れそうだ」
    「早いね、日が暮れるの」
    「冬だからね。まだ短くなるはずだよ」
     ゼロの言葉に、シノンは目を丸くする。
    「そうなの?」
    「バケモノ対策とか色々あったから、最近は細かい観測ができてないけど、もうあと3週間もすれば、冬至――一年の中で一番、昼が短い日が来るはずだ。
     でね、考えてたんだけど、その日を一年の始まりにしようかって思ってるんだ」
    「始まり?」
    「そう。その冬至の日を、暦の始まりにしようと思ってるんだ。
     ちゃんとそれを決められて、1年を計れるようになったら、僕たちの村は、いや、世界は大きく変わる。『歴史』を作れるようになるんだ」
    「レキシ?」
    「人が生きた、証だよ。今は誰がいつ、何やったかなんて、生きてる内の分しか覚えられないし、その間しか認識できない。
     でも紙に、何年何月に何があったって書き留めて保存しとけば、きっとずっとずっと未来の人にだって、僕たちがどんな生き方をしたかって言うことは、伝えられる。
     僕たちも、僕たちがやったことも、誰かに憶えていてもらえるんだ」
    「……」
     ぎゅっと、シノンがゼロの袖を握る。
    「あたしが生きてきたことも、憶えててもらえるの?」
    「勿論さ。僕が死んで、君が死んだその後も、紙に書いておけば、僕たちのことを、ずっとずっと憶えててもらえる」
    「……いいね。考えるだけで、楽しい」
     シノンは嬉しそうにつぶやき、ゼロに寄りかかった。
    「あたしのことも、ゼロのことも。ゲートやフレンや、メラノのことも。
     みんな、憶えていてくれますように」
    「……ああ。僕も、願うよ。みんなのことを、後のみんなが憶えていてくれることを」
     ゼロも自分の頭をシノンの頭に乗せ、そう返した。

    琥珀暁・南旅伝 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・南旅伝 5】へ
    • 【暑中お見舞い申し上げます】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南旅伝 5】へ
    • 【暑中お見舞い申し上げます】へ