黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・襲跡伝 1

     ←双月千年世界シリーズ 第一次大修正;7月28日までの進捗状況 →琥珀暁・襲跡伝 2
    神様たちの話、第20話。
    惨劇の名残。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     ゼロの予測通り、バケモノと接触しかけた翌日には、南の村に到着することができた。
     だが――。
    「こ、……こりゃあ」
    「ひでえな……!」
     村には人の気配も、まともな建物も、何一つ残ってはいなかった。
     家と思しき残骸には血の跡がべっとりと付いており、その周りを囲むように、巨大な獣の足跡が円を描いている。
    「襲われた、……か」
    「血も乾いてるし、足跡もカチカチだ。襲われてから2日か3日以上経ってるみたいだね」
     唖然とする一同に対し、ゼロは冷静を装った口ぶりで、状況を分析している。
    「でも村の人は全員やられたってわけじゃ無さそうだよ。
     服とか毛布とかが残ってない家がチラホラある。バケモノたちがそんなの食べるわけ無いしね。
     それにほら、バケモノの足跡に混じって、靴っぽい足跡もあっちこっちに付いてる。大半が東の方に向かってるから、何人かはきっと生き残ってるさ。それに、えーと」「ゼロ」
     まくし立てるようにしゃべり続けていたゼロに、シノンが抱きついた。
    「分かってるよ。あなた、すごく戸惑ってるし、それにとっても悲しんでるってことも」
    「え? ど、どう言う意味かな」
     震えた声でそう返したゼロに、シノンは涙混じりの声で返す。
    「あなたが悪いんじゃない。あたしたちは全速力でこの村に来たんだもん。それでも間に合わなかったんだから、どうしようもなかったんだよ」
    「……し、シノン。いや、……僕は、……その、僕は、……ぐっ」
     ゼロはまだ何か言おうとしたが、やがてシノンの頭に被せるように顔をうつむかせ、そのまま黙り込んだ。

     ゼロたち一行にとっては幸いなことに、バケモノの姿も村跡には無かった。
    「とりあえず、ゼロのことはシノンに任せとこう」
    「ああ。俺たちじゃ何言ったって、耳に入りゃしないだろうからな」
     ゲートとフレンは食糧や使える資材が無いか、辺りを確かめることにした。
    「メラノの旦那は?」
    「見回ってもらってる。もしバケモノがまた来たりなんかしたら、今のヘトヘトな俺たちでどうにかできるか分からんし。ゼロはまだ立ち直ってないだろうしな」
    「言えてるな」
     瓦礫を転々と回り、どうにか無事に残されていた野菜や果物を袋2つ分ほどかき集めたところで、メラノが戻って来た。
    「とりあえず辺りにバケモノらしいのは見当たらねえ。多分大丈夫だ」
    「ありがとよ、旦那。んじゃゼロの気分が良くなったら、結界張ってもらおう」
    「おう。……っと、来た来た」
     3人で固まっているところに、ゼロとシノンも入ってくる。
    「ごめんね、みんな。もう大丈夫」
     ゼロは、口ではそんな風に言ってはいるものの、未だ顔色は悪い。
    「それが大丈夫って面かよ。お前のヒゲといい勝負ってくらい真っ白じゃねえか」
     単純な気質らしく、メラノがずけずけと指摘した。
    「ともかく、先にメシ食おうや。それに全員疲れ切ってるし、少しでも休めるうちに休まなきゃ、全員共倒れになっちまうぜ」
    「……そうだね。うん、君の言う通りだ」
     フレンとメラノが集めた食糧を調理する間、ゲートとシノンは、未だ蒼い顔をしているゼロに声をかける。
    「ゼロ。辛いってのは見て分かるが、それでもお前がしっかりしてくれなきゃ、この旅を無事に終わらせられない。
     まず、今後の予定を考えようぜ」
    「ああ、うん。とりあえず――僕が最初考えてた予定通りには行かなかったけど――食糧は補充できた。あれだけあれば、当初の予定プラス2日か、3日は持つだろう。
     だから今日はここで一泊して、明日の朝早くから鉱床に向かって、2日かけて原料を確保しようと思う。で、集められたらまっすぐ北に戻ろう。それならギリギリ、食糧は持つはずだ」
    「まっすぐ?」
     尋ねたシノンに、ゼロは「あ、いや」と小さく答える。その一瞬の間から、ゲートは彼が何を思っていたのかを察した。
    「ゼロ、南の村の生き残りがいるかどうか、確かめたいんだろ?」
    「……ああ。余裕があるなら、探して保護したい。それは確かに僕の希望だ。
     だけどそんなことをすれば、ほぼ確実に僕たちは、クロスセントラルに到着する前に食糧が尽きて、飢え死にしちゃうだろうから」
    「だけど俺はな、ゼロ」
     ゼロの意見に対し、ゲートはこう返した。
    「お前が人を見捨てて平然としてるようなヤツじゃないってことを、十分知ってる。
     ここで確認せずに帰ったら、お前多分、一生気になって気になって仕方無くなるんじゃないか?」
    「……僕もきっとそう思うよ」
     力なくうなずいたゼロの手を、シノンが握りしめる。
    「じゃあ行こう? あたしだって、もしそれで助かる人がいるなら、絶対行くよ」
    「でも、食糧が足りなくなる危険が……」「そう言うことなら」
     反論しかけたゼロのところに、フレンがやって来る。
    「みんなが鉱床に行ったとこで、俺が周りに何か食べ物が無いか、探してみるぜ。
     もし鉱床の方の人手が足らんってことなら、その時はそっちを手伝うが、5人もいて全員かかりっきりってこともそうそう無いだろうし」
    「うーん……」
     フレンの提案に、ゼロは考え込む様子を見せ、やがてうなずいた。
    「そうだね。往路で迷いかけたことを考えれば、復路でも同じことが起こる可能性は高い。それを考えれば、食糧は現状でも十分か怪しい。
     それを補うことを考えれば、どっちみち食糧は探さないといけないしね。頼んだよ、フレン」
    「ああ、任せてくれ。……あ、そうそう。メシできたぜ」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;7月28日までの進捗状況】へ
    • 【琥珀暁・襲跡伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;7月28日までの進捗状況】へ
    • 【琥珀暁・襲跡伝 2】へ