黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・襲跡伝 6

     ←琥珀暁・襲跡伝 5 →双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月4日までの進捗状況
    神様たちの話、第25話。
    いのり。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「ゲート!」
     驚いた顔のゼロに、ゲートも面食らう。
    「な、何だよ?」
    「後ろ! あれ見て!」
    「後ろ?」
     言われるままに振り返り、川岸にぽこ、ぽこと小さな塊があることに気付く。
    「あれ、って……、え、まさか?」
    「行こう!」
    「お、おうっ!」
     ゲートは慌てて手綱を引き、馬車を急転回させる。
     その塊のすぐ近くまで来たところで、ゼロが馬車から飛び降りた。
    「……やっぱり!」
     ゼロがばさばさと表面の雪を振り払い、その塊が人であったことを、ゲートも確認した。
    「生きてる、……のか?」
    「いや、……残念だけど死んでる。ひどくやつれてる。多分南の村からここまで、ずっと歩いてきたんだろう。
     外傷は無いから、恐らく凍死だと……」
     ゼロの説明が、途中で止まる。
    「どうした?」
    「……ゲート! 手伝ってくれ!」
    「え? 何を?」
    「下だ! 下に誰かいるんだ!」
    「……は?」
     ゼロに言われるがまま、ゲートは慌てて、二人で遺体を横にずらす。
     遺体の下には穴が掘られており、そこに顔を真っ青にした短耳の子供が2人、うずくまっているのを確認した。
    「こっちも死んでる、……のか?」
    「バカなこと言うな! 死にかけてるけど、まだだ! まだ生きてる!」
     ゼロは早口にそう返し、懐から金と紫に光る板を取り出して、呪文を唱え始めた。
    「助けてやる! 死ぬんじゃないぞ! 『リザレクション』!」
     魔術が発動された瞬間、辺りは温かな光に包まれる。
    「なん……だ? 何か……浴びてるだけで……心地良い……ような……」
     思わず、ゲートはそうつぶやく。
     そしてその感想は、子供たちにも同様であったらしい。みるみるうちに顔色が良くなり、同時にぱちっと目を開けた。
    「……おじいさん、だれ?」
    「おじさんじゃない?」
     二人に揃って尋ねられたところで、ゼロはボタボタと涙を流し始めた。
    「良かった……助けられた……!」

     念のため、ゼロたちはこの周辺に倒れていた人々の様子も改めたが、やはり生き残っていたのはこの子供たち、2人だけだった。
    「はい、お芋のスープ。すぐ冷めると思うけど、気を付けて飲んでね」
     シノンが作ったスープをごくごくと飲み干し、二人は同時にため息をついた。
    「はあ……」「おいしい」
    「ねえ、あなたたち、名前は?」
     おかわりを注ぎながら尋ねたシノンに、二人は揃って名前を名乗る。
    「わたしはヨラン」
    「ザリンです」
    「よろしく、ヨラン、ザリン。あなたたち、南の村の子だよね?」
     続けて尋ねたが、ヨランたちは揃って首をかしげる。
    「わかんない」
    「おとうさんが『あぶない』っていって、ここまでつれてこられたもん」
    「そっか」
     同じようにスープを受け取りながら、今度はゼロが尋ねる。
    「どうしてお父さんは、君たちを村から連れ出したのかな?」
    「なんか、がおーっていう、おっきないぬさんがいた」
    「おおかみだよ。おとうさん、すごくこわいかおであたしたちをひっぱってった」
     続いて、フレンが尋ねる。
    「お前ら、姉妹か?」
    「うん」
    「ヨランがおねーちゃん」
     最後にもう一度、ゼロが質問した。
    「君たちを穴に入れたのは、お父さん?」
    「うん」
    「さむいからここにはいりなさいって」
    「確かに、ああすれば子供たちだけでも助かる可能性は高まる。……でも、相当な決断だったろうな。
     自分の命を犠牲にしてでも、……か」
     ゼロはシノンにスープの器を返し、袖をめくり始めた。
    「どしたの?」
     尋ねたシノンに、ゼロはこう答えた。
    「お墓を作る。この子たちを身を挺して守った人に、敬意を払わなきゃ」
    「あたしも手伝うよ」
    「ありがとう。助かる」

     ゼロたちは川から離れたところにいくつもの穴を掘り、そこへ亡くなった人々を埋葬した。
    「墓石も立てて、……これでよし。後は、祈ろう」
    「いのる?」
    「お墓の説明した時に言っただろ? 『あの世で安らかに過ごせることを願う』って。その儀式さ」
     シノンにそう返し、ゼロは墓石の前に屈み、両掌を組んだ。
    「……」
     と、シノンもその横にしゃがみ、同じように両掌を組む。
    「こんな感じ?」
    「うん、そんな感じ。後は心の中で、この人たちの冥福を願うんだ。『どうか生き残った人たちのことは心配せず、安らかに眠っていて下さい』って」
    「分かった」
     シノンはうなずき、ゼロと共に、静かに祈る。
     そして二人に続いて、ヨランとザリンも座り込み、両掌を合わせた。
    「おやすみなさい」
    「げんきでね」
     その様子を眺めながら、ゲートとフレンも苦笑しつつ加わった。
    「元気でってのは何か違うよな……」
    「だなぁ」
     そのまま6人で、黙々と祈りを捧げ続けた。

    琥珀暁・襲跡伝 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・襲跡伝 5】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月4日までの進捗状況】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・襲跡伝 5】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月4日までの進捗状況】へ