黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・創史伝 1

     ←双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月4日までの進捗状況 →琥珀暁・創史伝 2
    神様たちの話、第26話。
    ゼロの仮説。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     ほぼ1ヶ月ぶりに戻ったゼロたちの馬車を見て、クロスセントラルの村人たちはどよめいていた。
    「ゼロが帰って来た!」
    「タイムズ、生きてたのか!」
    「みんな無事なのか!?」
     村人たちに総出で出迎えられるが、ゼロは憔悴した顔で淡々と応じている。
    「原料は手に入れた。30人分くらいはある。すぐ製造に取り掛かろう。
     全員無事には帰れなかった。残念だけどメラノが死んだ。途中で、バケモノに襲われたんだ。
     あと、南の村の生き残りを2人連れて帰って来た。まだ小さい子たちだから、優しくしてあげてほしい。
     皆の方はどうだった? バケモノは出なかった?」
     尋ねたゼロに、村人は表情をこわばらせる。
    「出たんだね?」
    「あ、ああ。村に出たわけじゃないが、結構近くで出くわした。向こうは気付いてなかったみたいだから、何とか逃げられたけど」
    「いつ?」
    「3日前だ。西の方に」
    「それ以外には?」
    「北でも見た。4日前に」
    「じ、実は俺も見た。5日前に、東で」
    「……」
     一連の目撃報告を聞き、ゼロも顔色が変わる。
    「時系列で見れば、東、北、西とぐるぐる回ってるのか。でも南には出なかった?」
    「ああ」
    「聞いたこと無いな」
    「僕たちも南から帰って来たけど、出くわさなかった。妙だね」
     ゼロの言葉に、村人たちはさらに表情を堅くする。
    「妙って、何が?」
    「まるで偵察してるみたいだ」
    「てい、……え?」
    「僕たちをじーっと、遠巻きに見つめてきてるみたいな、そんな気持ちの悪さがある。
     連日のように目撃されてたのに、この3日ぱたっと見なくなっちゃったって言うのが、すごく不気味だ。
     もうあんまり、時間に余裕が無いのかも知れない。みんな、大急ぎで準備に取り掛かってくれ」
     真剣なゼロの眼差しと声色に、村人たちはゴクリと息を呑み、大慌てで馬車から原料を運び始めた。
     と、共に運び出そうと動きかけたゲートとフレンの肩をゼロがとん、とんと叩き、横にいたシノンの手を引く。
    「ゲート、フレン、シノン。ちょっと、話しておきたいことがある」
    「何だよ、改まって?」
    「……いや、話したいって言うよりも、どちらかと言えば自分の頭の中を整理するために、話を聞いて欲しいって感じかな。
     ともかく、4人で話せるところに行こう」

     場所をゼロとシノンの家に移し、ゼロは――穏やかで優しげな、しかしどこか盤石の自信をほのかに見せる、いつもの彼らしくない素振りで――ぽつぽつと話し始めた。
    「みんなはバケモノのことを、獣(けだもの)の延長線上のものと思っているかも知れない。いや、誰だってそう思うだろう。僕だってこの目で見るまでは、そう言うものだって思ってた。
     だから僕のこの仮説は、はっきりと、『そんなわけない』って笑い飛ばしてくれて構わない」
    「何が言いたいんだ?」
     首を傾げるゲートに応じず、ゼロは話を続ける。
    「僕は感じているんだ。バケモノに何か、単なる獣以上の意志が宿っていることを。
     いや、意志と言うよりも、それはむしろ行動規範(プロトコル)と言うべきものだろうか」
    「こうどうきはん?」
     きょとんとするシノンに、ゼロは優しく説明する。
    「『こう言うことが起これば、何があろうとも必ずこう動くべし』って言う、ものすごく厳格な命令って意味かな。
     そう、まさにそれなんだ。バケモノたちは執拗に、ヒトを襲い続けている。まるで誰かからそう命じられているかのように」
     ゼロの意見に対し、フレンは肩をすくめて返す。
    「考えすぎだろ。襲ってきてんのもハラが減ってるからとか、そーゆーヤツだろ」
    「それなら妙な点がある。南の村跡で、僕たちは食糧をかき集めただろ?」
    「ああ。……あ?」
     うなずいたフレンが、そこで首を傾げる。
    「そう、そこなんだ。もしバケモノが空腹で、手当たり次第に食い荒らしたって言うなら、何故食糧はそのまま残されてたんだろうか? 食い荒らされた跡すら――人間以外には――見当たらなかったし。
     君と初めて会った時にしても、近くをうろついてた羊には目もくれずに、君や僕らを襲ってきた。明らかに僕たちより羊の方が、食いでがあるように見えるのにね」
    「……確かにな」
    「それにもう一つ、変なことがある。
     旅の往路で、僕たちはバケモノとすれ違った。あれは今思い返してみると、南の村から逃げてきた人たちを追ってたんだろう。
     だけどフレンの言う通り、空腹を理由として襲いかかっていたと言うのなら、僕たちが見付けたヨランたちのお父さんや、一緒にいた村の人が五体無事に遺ってたってことも妙だ。かじったような跡すら無かったよね?」
    「そう……だな」
     フレンに続き、ゲートも神妙な顔になる。
    「今までの遭遇談をまとめると、バケモノは『生きてる人間』しか襲っていないんだ。そこに僕は、獣としての本能以上の『何か』を感じずにはいられない。
     あいつらはまるで、僕たち人間だけを狙って攻撃してきてるようにしか思えないんだ」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月4日までの進捗状況】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月4日までの進捗状況】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 2】へ