黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・創史伝 3

     ←琥珀暁・創史伝 2 →琥珀暁・創史伝 4
    神様たちの話、第28話。
    無明の夜戦。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ゼロたちは全速力で南東から東へ向かおうとしたが、彼らもその道中で次々と、バケモノたちに出くわしていた。
    「ま、まただ! またあのでけー牛だーっ!」
    「来るな! 寄るんじゃねえーッ!」
     付随していた村人たちがバラバラに火球を撃ち込むが、巨牛はビクともしない。
    「一斉に撃つんだ! 揃えてくれ! 僕がまず撃つ!」
     どうにか皆をなだめ、態勢を整えさせつつ、ゼロが攻撃する。
    「『フォックスアロー』!」
     ゼロの構える魔杖から紫色の光線が9つ放たれ、巨牛の体を貫く。
    「今だッ!」
     ゼロの号令に合わせ、火球が先程と同様、巨牛の頭を燃やす。
    「……よし! 倒せた!」
    「また来てる、ゼロ! 今度は狼みたいなの!」
     一体倒してもすぐ、新手が押し寄せてくる。
    「きりが無え! どんだけ倒せばいいんだ……!?」
    「ゼロがいるってのにこんなに苦戦してんじゃ、他のとこはもう……!」
     悲観的な意見を、ゼロが一喝した。
    「諦めるな! 確かに僕だけじゃ苦戦してるけど、でもみんながとどめを刺してるじゃないか! だったら、僕抜きだって戦えるってことだ! そうだろ!?」
    「そ、……そっか、そうだよな」
    「ああ、みんな頑張ってるさ! きっと生きてる! それにまだやぐらも倒れてないし、僕たちは村の外で全部、バケモノを倒してきてる! まだ村は無事だ!
     このまま押し返すんだ! 一匹たりとも、村に近付けるな!」
    「おうッ!」
     ゼロは何度も村人たちを鼓舞し、焚き付け、戦意を維持させる。



     だが――。
    「……ひでえ」
    「もしかして、……これ、マノかよ」
    「あっちのは、メイ、……の体、か」
    「こんなこと……!」
     村の南東から東、そして北東へと進んだところで、ゼロたちは戦闘要員だった村人の死骸をいくつも発見する。
    「もう5、6人は死んでるぞ、これ……」
    「やっぱり、……やっぱり、ダメなのか……!?」
    「なあ、タイムズ、どうなんだ……? 俺たちは、生き残れるのか……?」
     シノンも含め、村人たちは顔を青ざめさせ、または土気色に染めながら、ゼロを見つめる。
     ゼロもまた、今にも泣きそうに顔を歪めながら、こう返した。
    「生き残らなくちゃならない。ここで僕たちも死んだら、何も残らないじゃないか」
    「……でも……でも……!」
     これまでずっと、ゼロに付いてきたシノンも、既にボタボタと涙を流している。
     と――半ば棒立ちになっていた彼らの前に、またもバケモノが現れた。
    「また出てきた……!」
    「もう俺たち、10体は倒してるってのに、まだ出てくるのか……!?」
    「いつまで続くんだ……もういやだ……」
     村人たちの戦意は、目に見えてしぼんでいく。
     ゼロはもう一度鼓舞しようとしたらしく、口を開きかける。だが、迷ったような表情を見せ、そこから何もしゃべろうとしない。
    「……ゼロ?」
     シノンが泣きながら、ゼロにしがみつく。
    「どうしたの? 撃ってよ、ゼロ!」
    「……」
    「……ゼロ……」
     やがてシノンも、何も言えなくなる。
     この時ゼロの目に、この半年間で初めて絶望的な色が浮かんでいたのを見たからだ。

     その時だった。
    「ボーッと突っ立ってんじゃねえぞ、ゼロ!」
     ぼっ、と音を立て、火球がバケモノの体を、左右両方から貫く。
     火球が来た方向にきょろきょろと首を向け、シノンが叫ぶ。
    「フレン! それにゲートも!」
     バケモノの両側から、ゲートとフレンの隊が現れた。
    「こんなとこでへばっててどーすんだよ? まだどっかにいるかも知れねーだろーが」
    「あ、……ああ、うん、そうだね」
     ゲートに叱咤され、ゼロはかくかくとうなずく。
     続いて、フレンも怒鳴る。
    「ギリギリだけどもな、俺たちはまだ生きてる! ここで俺たちが踏ん張らなきゃ、みんなが生き残れねえんだよ!
     考えてもみろよ、お前ら何匹倒した? 俺んトコは7匹だぞ」
     ゲートが続く。
    「俺んとこは6匹だ。それだけで13匹も倒したってことになる。ゼロ、お前んとこはどうなんだ? 5匹くらいはやってんのか?」
    「10匹やっつけたよ」
    「すげーじゃねーか。やっぱお前はすげーよ」
     ニヤニヤしながら、ゲートがゼロの肩を叩く。
    「となりゃもう、23匹になる。まだ大勢いると思うか?」
    「……確かに、あの大きさのバケモノがまだ、20体も30体も残ってるとは考え辛い。そうだね、もしかしたらもう、峠を越してるのかも知れない」
    「だろ?」
     ゼロたちの会話に、他の村人たちも表情がほころび始める。
    「そっか、この3隊でそんだけ倒してるなら、他んとこだって結構やってるよな」
    「って言うかまだ、村で生き残ってる奴の数より多いってことは無いよな……?」
    「じゃあもうちょっと頑張ったらやれる、……かも、ってこと?」
     ゼロ自身も気力が戻って来たらしく、いつもの穏やかな笑顔を浮かべていた。
    「みんな。……正直言うと、僕も参ってた。倒しても倒してもきりが無いって、打ちのめされそうになってた。
     でもゲートとフレンの言う通りだ。20体以上も倒してて、まだこの2倍も3倍も残ってるなんて思えない。ましてや無限に湧いてくるって言うなら、とっくの昔に村は滅ぼされてるはずだしね。
     あと何体いるのか、確かに分からない。でも油断せず、緊張を途切れさせず、ひたすら倒し続ければきっと、終わりは来る。明けない夜は無いようにね」
     ゼロの言葉に、その場にいた皆が大きくうなずいた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・創史伝 2】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・創史伝 2】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 4】へ