黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・創史伝 4

     ←琥珀暁・創史伝 3 →琥珀暁・創史伝 5
    神様たちの話、第29話。
    夜明け前の約束。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     夜を徹して行われた防衛戦にも、ようやく終わりが見えてきた。
     あちこちに浮かんでいた赤の光球が一つ、また一つと消え、やがて東の空が白くなり始めた頃には、すべて消失していた。
    「状況を報告してくれ! バケモノはまだ、どこかに見える!?」
     西のやぐらの下で尋ねたゼロに対し、見張りを務める村人がぶんぶんと首を横に振って答える。
    「見えない! こっちにはもういないぞ!」
    「ありがとう、でもまだ警戒を解かないでくれ! 太陽が昇ってきたら、また光球で報告して!」
    「分かった!」
     上から横へと視線を変えたところで、ゼロの目に疲れ切ったシノンの姿が映る。
    「大丈夫、シノン?」
    「だいじょぶ、だいじょぶ。でもなんか、どっと疲れが来たなーって」
    「そうだね、僕も気を抜いたら倒れて爆睡しちゃいそうだ。でも、もう一頑張りしないと。少なくとも、夜明けまでは辛抱しよう」
    「夜明け……。あと、どれくらい?」
     尋ねたシノンに、ゼロは東の空を眺めながら答える。
    「1時間も無いと思う」
    「そこまで行ったら、終わり?」
    「そうしたい。夜明けと同時に緑の光球を8つ確認できたら、皆を集めて終わりにしよう」
    「うん、分かった。……ふあ、あ」
     うなずくと同時に、シノンから大きな欠伸が漏れる。
    「疲れた?」
     尋ねたゼロに、シノンはぶんぶんと首を横に振る。
    「大丈夫、大丈夫。まだ行けるよ」
    「無理しないで、……って言いたいけど、もうちょっと頑張ってくれると嬉しい」
    「うん、分かってる。……ん、と」
     シノンがわずかに顔をしかめ、右ほおに手を当てる。
    「いたい……」
    「え、ケガしたの?」
    「ううん、こないだの傷。首振るとまだ、ぴりぴり来るの」
    「そっか。……ごめんね、うまいこと治せなくて」
     ゼロは申し訳無さそうな顔で、シノンのほおに手をやる。
    「治療術は苦手じゃない、……はずなんだけど。まだこんなに、痕が残ってる」
    「治してくれた時、動揺してたからじゃない? 魔術は精神状態で効果が大きく変わるって、あなたが自分で言ってたし」
    「それはある。確かに君が血だらけになってて、ひどくうろたえた覚えがある」
    「……ふふっ」
     シノンはゼロの腕にしがみつき、ニヤニヤ笑う。
    「あたしにはそれだけで嬉しい。あなたがあたしのことで、そんなにも戸惑ってくれるんだもん」
    「いや、でも、そのままにしておくわけには」
    「いーの。あたしのことなんかより、他にもっと、あなたにはやることあるでしょ?」
    「そんなこと言ったって」
     言いかけたゼロの口に人差し指を当て、シノンはこう切り出す。
    「ね、ゼロ。今更なんだけど」
    「うん?」
     シノンは上目遣いにゼロを見上げ、尋ねる。
    「あたしのこと、どう思ってる?」
    「どうって?」
    「周りはさ、もうあたしのこと、あなたの奥さんだって言ってくれたりするけど、あなたはどうなのかなって」
    「そ、そりゃ、まあ、その」
     ゼロは顔を真っ赤にし、ぼそぼそとした声で返す。
    「思って、ない、なんてことは、無い」
    「じゃあ」
     シノンはゼロから離れ、続いてこう尋ねた。
    「この戦いが終わって、あなたが『こよみ』を作ったらさ、ちゃんとあたしのこと、奥さんにしてくれる?」
    「……」
     ゼロは依然として顔を真っ赤にしたまま、静かに、しかし大きくうなずいた。

     その時だった。
    「……っ」「な、……に?」
     村中に響き渡るようなとてつもない獣の叫び声が、ゼロたちの耳を揺らす。
    「今のは、……なに?」
    「とんでもないのが、まだ残ってるみたいだ。……でも多分、あれで最後って気もする」
     ゼロは表情を変え、毅然とした態度で全員に命じた。
    「みんな、本当に、本当に今、疲れて疲れて疲れ切ってるかも知れないけど、でも、出せるだけの元気を今、出し切ってほしい。
     あの叫び声の主を、何としてでも撃破、駆逐するんだ!」
    「おうッ!」
     村人たちは奮い立ち、魔杖を掲げて鬨の声を上げ、そのまま駆け出した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・創史伝 3】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・創史伝 3】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 5】へ