FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・奸虎録 4

     ←蒼天剣・奸虎録 3 →蒼天剣・奸虎録 5
    晴奈の話、第203話。
    晴奈V.S.日上。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「……」「……」
     晴奈もフーも相手を鋭く睨んだまま、無言で間合いを詰める。
    「……先に、行かせてもらうぜッ!」
     最初に仕掛けたのはフーだった。地面を低く跳び、一気に間合いを詰めていく。
    「甘いッ!」
     晴奈は刀を構え、フーの初太刀を受ける。非常に重たい一撃ではあったが、晴奈自身も後ろに跳ぶことで、その威力を消す。
    「お、っと! へぇ、不思議な剣術、いや体術か。俺の剣だけじゃなく、力も受け切るとはな」
    「力任せでは、この私は倒せぬ」
     晴奈とフーは、もう一度間合いを取る。
    「来いよ」
    「そちらから、来い」
     両者は円を描くように、じりじりと動きながら間合いを保つ。
    「来いって」
    「……」
     フーが誘うが、晴奈は応じない。
    「チッ……。いいだろ、こっちから行ってやる!」
     もう一度、フーが飛び込んでくる。今度は高く跳び、剣を振り下ろしてくる。
    (これならさっきみたいに、後ろに跳んでいなすことはできないだろ!?)
    「フン」
     フーの読みを察知した晴奈は刀を両手で上に掲げ、がっちりと受け止める。当然、フーの力に押し負け、晴奈の体勢は崩れる。だが――。
    「甘いと言っているだろう!」「何ッ!?」
     晴奈は倒れながら、左脚を挙げてフーの腹に押し付ける。そのまま刀と脚を後方にずらし、フーを投げ飛ばす。いわゆる「巴投げ」の変形である。
    「おわあッ!?」
     フーは顔面から石畳に落ちる。そのまま回転して立ち上がったが、どうやら鼻が折れたらしく、鼻血がボタボタと噴き出してくる。
    「くっそ、戦いづれえな」
     フーが転倒している間に晴奈も起き上がり、隙無く刀を構えてフーを牽制する。
    「来い、日上!」
     フーは鼻を押さえ、ゴキゴキと鳴らして形を直す。
    「かぁ、痛てて……。ったく、一筋縄じゃ立ち回れそうにねーな」
     そうつぶやくと、フーはブツブツと、何かを唱え始めた。
    「じゃ、こいつはどうだ? 焼けッ、『ファイアボール』!」
     かざした掌から、火球が飛び出す。ところが1メートルも進まないうちに、火球は四散してしまった。
    「……!?」
    「悪いけど、魔術は使わせてあげない」
     銅像の陰から、小鈴が杖を構えながら現れた。魔術を使っている最中らしく、杖からは魔力を含んだ紫色の光が漏れている。小鈴の横からフォルナが現れ、丁寧に説明する。
    「術封じの術、『フォースオフ』ですわ。元から魔力の低い部類に入る虎獣人の方であれば、これでもう、魔術は一切使えないはずですわ。
     大人しく降参して剣を渡された方が、誇りが傷つかずに済みますわよ」
     フォルナの慇懃無礼な挑発を受け、フーの額にピク、と青筋が走る。
    「……チッ、めんどくせえな」
     フーは悪態をつき、剣を構え直す。その顔には初めて、焦りの色が浮かんでいた。



    「フーはいるか?」
    「……あら、アランさん」
     テラスに入ってきたアランを見て、ランニャ卿の顔は曇る。
     フーのことは大好きなのだが、フーに付きまとうこのフードの男は、どうしても好きになれない。存在自体があまりにも不気味であり、さらに大公である自分に対して明らかに、横柄で尊大な態度を取るからだ。
    「ヒノカミ中佐はいらっしゃいませんわ。散歩すると言って、先ほど出て行かれました」
    「そうか」
     アランはそれだけ言うと、踵を返してテラスから離れていった。
    「……ああ、嫌だ嫌だ。あの方がいらっしゃらなかったら、もっと長く、フーと過ごしていられるのに」

    「まったく、どこで油を売っているのだ」
     アランは宮殿を歩き回り、フーの姿を探す。
    「急いで帰らねばならんと言う時に、のんきに女と戯れるとは。いずれ厳しく、矯正しなければならんな」
     フーへの不満をこぼしながら、アランは庭園の側に差し掛かった。
    「……む?」
     金属音が、わずかに聞こえる。続いて何か重いものが、地面にぶつかる音が聞こえる。そして人の叫ぶ声も――。



    「ハァ、ハァ」
     フーは右肩を押さえ、荒く息をしていた。
    「油断したぜ……! まさか『サムライ』なんて人種が、こんなに戦いづらい相手だとは思わなかったな。
     それに女と見て、侮った。ここまでやるとは、まったく思ってなかったぜ、クソ……!」
    「観念したらどうだ、日上」
     晴奈は刀を上段に構え、威圧している。
    「バカ言ってんじゃねえよ。勝負はまだ、これからだ!」
     フーは肩を押さえながら、片手で剣を握る。
    「やめておけ、日上。片手で勝てる相手と思っているのか?」
    「自分で言ってりゃ、世話ねえよ。……オラアアアッ!」
     フーは果敢に剣を振り上げ晴奈に迫るが、その動きにはキレが無く、精彩を欠いている。最早、晴奈の敵ではなかった。
    「はあッ!」
     晴奈はフーの突きをひらりと避け、肩の付け根に向かって刀を振り下ろした。
    「ぐ、あ、ッ……!」
     鎖骨の折れる鈍い音とともにフーの目がぐるんと裏返り、がくりと倒れた。
    「安心しろ、峰打ちだ。……さて、剣は返してもらうぞ」
     晴奈は倒れたフーの横に転がった「バニッシャー」を取ろうと、ほんの一瞬だけ警戒を緩めた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・奸虎録 3】へ
    • 【蒼天剣・奸虎録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・奸虎録 3】へ
    • 【蒼天剣・奸虎録 5】へ