黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・創史伝 6

     ←琥珀暁・創史伝 5 →琥珀暁・創史伝 7
    神様たちの話、第31話。
    「歴史」の第1ページ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     その一晩中を、井戸を改造した避難壕の中で過ごしていた村人たちは、朝の気配を感じて恐る恐る、外に出始めていた。
    「バケモノは……?」
    「さあ?」
     きょろきょろと辺りを見回し、やがて村人の一人が、西の方が明るくなっていることに気付く。
    「もう太陽、出てるね」
    「は?」
     その村人の言葉に、もう一人が呆れた声を漏らす。
    「お前、どこ見てんだ? 日の出は東からだろ。まだ出てねーよ」
    「え? ……あ。
     じゃあ、あれ、……何?」



     シノンが放った術が直撃し、「ライオン」の上半身は爆散、蒸発していた。
    「……や、った?」
     ぺたんと座り込んだシノンと対照的に、いつの間にかゼロが立ち上がり、彼女の頭を優しく撫でていた。
    「やったよ。満点の出来だ。発動のタイミングもばっちり、制御も完璧。威力も申し分無しだし、標的だけを正確に破壊した。
     もう僕から教えることは、無さそうだね」
    「……えへへ」
     シノンは顔を真っ赤にし――かけ、ぷるぷると頭を横に振った。
    「じゃなーい!」
    「え?」
    「そーゆー態度、奥さんに取る!?」
    「あ、……あー、いや、ごめん。
     うん、その、なんだ、……えーと」
     ゼロはしゃがみ込み、シノンの肩を抱いた。
    「ありがとう。助かった。君がいてくれて、本当にうれしい」
    「……及第点にしたげる」
     と、ゼロたちのところに、他の村人たちが集まってくる。
    「おーい、タイムズ! 大丈夫かー?」
    「うわ、赤ひげになってんぞ、お前」
     周りからの言葉に、ゼロは自分の鼻とひげを確かめる。
    「……あー、本当だ。ちょっとやり過ぎたな。
     ちょっと、これは、休ま……ないと……な……」
     途端に、ゼロがばたりと倒れる。
    「ゼロ!?」
     が――倒れたゼロは、安らかな顔で寝息を立てていた。
    「……寝てる?」
    「みたい」
    「仕方ねーな。運んでやるか」
     ゲートがゼロの体に手を回し、担ぎ上げる。
    「もう他にバケモノはいないみたいだし、そのまんま寝かせてやろう」
    「……そだね」
     村人たちが辺りを見回しても、それらしいものはどこにも見当たらない。
     残ったやぐらからも、無事を報せる緑の光球が7つ昇っていることを確認し、ゲートが声を上げた。
    「誰かやぐらと避難壕のヤツらに、もう終わったって伝えてくれ。それと、メシにしようって」
    「あ、おう」
    「準備するわ」
     三々五々、村人たちが散った後には、シノンとゲート、そしてゲートに背負われたゼロが残った。
    「んじゃ、ま。とりあえず、お前ん家に運ぶぞ」
    「あ、うん」
     シノンの家に向かううちに、彼らの前に琥珀色の光が差す。
    「お、……日の出だな」
    「一晩ずーっと戦ってたんだね、あたしたち」
    「……うん、……おつかれさま」
     と、ゲートの背後でむにゃむにゃと、ゼロがつぶやく。
    「おつかれさま、ゼロ」
    「……今日はもう寝るけど、明日、……って言うか今晩は天文学的に大事な日だから……日暮れまでには……起こしてほしいな……」
    「分かった。『こよみ』の始まり、だよね?」
    「うん……それ……むにゃ……」
     また、ゼロの寝息が聞こえてくる。
    「……やれやれ。忙しいヤツ」
    「だねー」
     ゲートとシノンは顔を見合わせ、互いに苦笑した。



     こうしてクロスセントラル初の、いや、この世界初の「戦争」は、人類の勝利で幕を下ろした。
     死傷者は10名以上に及んだものの、その4倍以上もの村民が無事、生きて朝日を目にすることができた。
     後にこの戦いは、ゼロ自身によって「紀元前日の戦い」と名付けられ、世界の歴史の1ページ目に記される出来事として、後世の誰もが知る物語の一つとなった。

     ゼロは――いや、人類はこの日初めて、「歴史」を築いたのである。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・創史伝 5】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・創史伝 5】へ
    • 【琥珀暁・創史伝 7】へ