黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第1部

    琥珀暁・創史伝 8

     ←琥珀暁・創史伝 7 →双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月13日までの進捗状況
    神様たちの話、第33話。
    新しい世界のはじまり。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     時間はさらに過ぎ、真夜中を迎えようとしていた。
     ゼロは起きていた村人たちを集め、夜空を指差した。
    「計算と観測が正しければ、今日の正午には赤と白の二つの月が、同時に満月になっていたはずだ。残念ながらあんまりにも疲れすぎて、見逃しちゃったけど」
    「あ、俺見てたよ。どっちも確かに真ん丸っぽかった」
    「よかった。ありがとう」
    「で、タイムズ。今夜が記念すべき日だって言ってたけど、それだけなのか? 他に何かあるって言ってた気がするんだが……?」
    「説明、長くなるけどいい?」
    「分かりやすさ重視で短く説明して欲しい」
     シノンにそう注文され、ゼロは苦い顔になる。
    「じゃあ、頑張るよ。……まず、あの二つの月についてなんだけど、おおよそ364日に一度、どっちも満月になる日があるんだ。さっきも言った通り、それが今日。
     一方で、日の出が遅くなったり早くなったりしてることはみんな、何となく分かってるだろうけど、それもここ数日が、一番遅くなる頃なんだ。こっちの周期は――まだ半分程度しか観測してないから恐らくだけど――365日くらいのはず。
     364日と365日、数字としてはかなり近いよね?」
    「そうだね。1日違い」
    「だからこの365日くらいを、『1年』として数えようと思うんだ。と言ってもこのままじゃ色々ズレとか出るから、もうちょっと調整する予定だけど。
     まあ、ともかく。その1年の始まりにするには、今夜が一番丁度いいんだ。だからみんなにこうして集まってもらって、認識してもらおうと思って」
    「分かったような、分からんような」
    「まあ、とりあえず今夜はそう言う設定するのに丁度いいって話か」
     首を傾げる村人たちに、ゼロも頭をかきつつ続ける。
    「ごめんね。もっと時間をくれれば、丁寧に説明するんだけど」
    「みんな寝ちゃうよ。ただでさえ昨夜の疲れ、抜けきってないんだし」
     シノンに釘を差され、ゼロは残念そうな顔をした。
    「う、うん。まあ、そこら辺はまた今度にするよ。……んじゃ、もうそろそろ打ち上げるか。昨夜の労いも兼ねて」
     そう言って、ゼロは魔杖を掲げ、呪文を唱えた。
    「『ファイアワークス』」
     次の瞬間、夜空にぱっと、様々な色の光が散る。
    「おおっ」
    「きれー……」
     夜空いっぱいにきらめく光を目にし、村人たちはどよめく。
    「これから毎年、この日をお祝いの日にしようと思うんだ。
     だからお祝いの日にふさわしく、こうして花火を上げようかなって。……気に入ってくれたかな?」
     恥ずかしそうに尋ねたゼロに、シノンが飛びついて抱きしめる。
    「すっごくきれいだよ! すっごく気に入った!」
    「良かった、はは」
     と――村人たちが苦笑いしていることに気付き、ゼロは面食らった様子を見せる。
    「あれ? 気に入らなかった?」
    「いや、って言うかさ」
     村人の一人が、渋い顔で尋ねてくる。
    「そもそも『今夜は特別な日になるから』って言ってただろ、お前」
    「あ、うん」
    「それさー、少なくとも俺は、お前らが結婚するって話なのかなーとか思ってたんだけど」
    「え」
     他の村人たちも、うんうんとうなずいている。
    「それ、わたしも思ってた」
    「そーそー。まさか月の講義聞かされるとか思わんわー」
    「って言うか、しろよ。今ここで、結婚」
     いつの間にか、そこにいた村人全員で、ゼロとシノンを囲んでいる。
    「この数ヶ月、なし崩し的に一緒に暮らしてやがるけど、いい加減はっきりしろって」
    「そーだそーだ。俺たちが見届けてやるからさ、ちゃんとコクれよ」
    「いい機会だと思うわよ、タイムズ」
    「あー……うー……」
     ゼロは顔を真っ赤にし、村人たちとシノンの顔とを交互にチラチラ見返し、やがてうなずいた。
    「分かった。それも丁度いいよね。いや、そう言う話じゃなくてもさ、昨夜の襲撃をしのいだら、どの道その話はしようって二人で言ってたし、まあ、うん、その、えーと……。
     た、単刀直入に言うよ」
     ゼロはシノンの手を取り、彼女の目をじっと見つめて、静かに尋ねた。
    「シノン。僕と結婚してくれるかな?」
    「……ぷっ」
     が、シノンは笑い出してしまった。
    「あははは……、今更過ぎて何か、おっかしい」
    「ちょ、ちょっと」
     困った顔をしたゼロに、シノンはクスクス笑いながら抱きつき、キスをした。
    「もがっ」
    「いーよ。あたしもはっきり言う。あなたの奥さんになるよって」
    「……ありがとう」
     二人は互いに顔を赤らめつつ、もう一度唇を重ねた。



     こうしてこの夜、ゼロは「双月暦」を制定し、そして同時に、シノンを正式な伴侶とした。

    琥珀暁・創史伝 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・創史伝 7】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月13日までの進捗状況】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・創史伝 7】へ
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;8月13日までの進捗状況】へ