黄輪雑貨本店 新館


    短編・掌編

    私がいない、私の人生

     ←双月千年世界シリーズ 第一次大修正;10月2日までの進捗状況 →業務連絡;8周年
    私がいない、私の人生

     目を覚ますと、私は真っ白な部屋の中にいた。どうやら病室らしい。
    「あっ」
     声のした方へ首を向けると、そこには目を真っ赤にした娘の顔があった。
    「……倫」
     ぼんやりとした頭をどうにか動かし、私は何とか、娘の名を呼んだ。
    「良かった」
     一言だけそう返して、娘はボタボタと涙を流していた。

     ようやく頭の中がはっきりしたところで、娘から事情を聞かされた。どうやら私は昨日の帰宅途中、車にはねられたらしい。
     幸い、加害者がすぐ届け出たことと、救急病院がすぐ近くにあったことで、私は命を失うことも昏睡状態になることも無く、
     こうして無事、意識を取り戻すことができたようだ。
     怪我も全治1ヶ月と比較的軽傷であり、次の週にはもう、会社に復帰していた。



     しかし――この頃から私は、嫌な夢を見るようになった。
     私があの事故で、死んだ夢なのである。
     しかもその瞬間ではなく、「その後」の夢なのだ。

     現実の私はこれまで通りに会社へ向かい、順当に仕事をこなし、何の問題もなく帰宅し、妻と娘と私、三人が団欒して一日を終える。
     しかし夢の中には、その「私」がいないのだ。
     そこそこ高い地位に就いていた私がいなくなり、会社は混乱している。
     家族は私を失い、悲しみに暮れている。
     その辛い状況に対し私は、ただ傍観していることしかできない。
     そうして段々といたたまれなくなってきた頃に、私は夢から覚め、私がいる世界に戻ってくるのだ。
     そんな夢を度々見るようになったが、それでも私は現実の世界に支えられ、どうにか問題なく、私の人生を過ごした。

     1年経っても、夢は変わらず見続けていた。
     現実の私は昇進し、部長になった。部下も大勢増え、職責に伴う重圧と達成感が隣り合わせの生活を続けている。
     一方、夢の世界では、私が抜けた穴はどうにか埋まり、私の部下だった一人が部長になっていた。
     現実の私の家庭は、やはり変わらず仲良く暮らしている。娘は高校に入り、部活や面白い先生の話を色々聞かせてくれる。
     妻もドラマの俳優がかっこ良かっただとか、面白い漫才を見ただとか、テレビの他愛無い話を楽しそうに話している。
     夢の中でも、二人は明るかった。
     もうすっかり私を失った痛みと悲しみを乗り越えたらしく、妻や娘が私に対して話していたテレビの他愛無い話を、彼女たち同士で話していた。



     さらに時は過ぎ、私は役員の一人になった。
     勿論、これまで以上にストレスと報酬とが増え、流石に疲労も濃い。
     いや、この疲労感はむしろ、倦怠感と言ってもいいものだった。
     何故なら――夢の世界でも私のいない会社は、私がいる現実の世界と同様の業績を、元部下たちが挙げていたからだ。
     そのことは私に、「もしやこの会社、いや、この世界は、私がいなくても問題なく動くのではないか?」と、そう思わせざるを得なかった。
     夢の中における私の家庭の様子もまた、その思いを強めさせていた。
     現実の世界で私に対して話していたことは、夢の中でも、私抜きでも同じように、彼女たちの間で話されていたからだ。

     私はすっかり、私自身がつまらなく、無意味なものに思えてきてしまった。
     現実の世界でも、夢の世界でも、ほとんど同じように時が過ぎ、事は起こるのだ。
     ならば私の存在意義とはなんだろうか? そもそも存在する価値が、意味が、私にあるのだろうか?
     その思いが色濃く胸中を満たすようになり、私はとてつもない厭世観に囚われていった。

     そのことが私に、基本的な注意をも怠らせてしまったらしい――気付けば私のすぐ横に、車のヘッドライトが迫っていた。



     目を覚ますと、私は真っ白な部屋の中にいた。どうやら病室らしい。
    「あっ」
     声のした方へ首を向けると、そこには目を真っ赤にした娘の顔があった。
    「……倫」
     ぼんやりとした頭をどうにか動かし、私は何とか、娘の名を呼んだ。
    「良かった」
     一言だけそう返して、娘はボタボタと涙を流していた。

     私は号泣する娘に、ぼそっと尋ねた。
    「倫。俺は、……生きてるのか? 生きてて、いいのか?」
     しかし泣きじゃくる娘には、私の声はあまりに弱々しすぎて、聞こえなかったらしい――彼女は私の質問に答えず、ただ泣いていた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;10月2日までの進捗状況】へ
    • 【業務連絡;8周年】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます 

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    NoTitle 

    僕の作品はすべてフィクションですw
    実際の人物、団体とは関係ありませんし、僕は独身です。

    好評価のようで、ありがたい限りです。

    こんばんは。 

    読んでて引き込まれました。
    黄輪さん これは フィクションですか?
    このページに飛んだとたんに、黄輪さんがいない!
    という感覚に陥りました。
    未来へタイムスリップしたかのような‥。
    人の命は儚くて‥諸行無常 いつかは死ぬし、忘れ去られる。
    だから夢から覚めた時に泣きじゃくる娘さんにも、涙を隠したつもりでも、我慢強いお父さんの涙を察したのだと思います。
    今を命を有り難く大切にして、日々 好きな事をして楽しんで、家族を大切にしたいですね。
    素晴らしい小説を読ませて頂きました。
    ありがとうございます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【双月千年世界シリーズ 第一次大修正;10月2日までの進捗状況】へ
    • 【業務連絡;8周年】へ