FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第4部

    蒼天剣・奸虎録 7

     ←蒼天剣・奸虎録 6 →蒼天剣 目次(第4部;日上追跡編)
    晴奈の話、第206話。
    日上追跡、一段落。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「ニガシタカ……。ン、ンん、……逃がしたか。この女ボケがしっかりしていれば、逃がすことも無かったのだが」
     アランは毒づき、のどを抑えて揉み――それだけで、アランののどは完全にふさがれてしまった――倒れたままのフーを蹴った。
    「う、ん……」
     フーは目を覚まし、ゆっくりと起き上がった。
    「いた、たた……」
    「大丈夫か、フー」
    「くそ、鎖骨やら何やら折られたみたいだ。でも、まあ、致命傷には至らない、かな」
     アランは彼への罵声などなかったかのように、フーに肩を貸した。
    「戻ろう。転倒したことにし、治療してもらうぞ」
    「ああ……」
     フーはよろめきつつ、悔しそうにつぶやく。
    「俺もまだまだだな。まさか、ああまで打ちのめされるなんてな」



    「お、おい。お前ら」
     床に倒れていた晴奈は、自分たちを覗き込む者と目が合った。
    「何でいきなり、アタシの店に……、い、いや、それよりも!
     一体、どうしたんだそのケガ!? すぐ医者呼んでくるからな! 死ぬなよ! 絶対死ぬなよ!」
    「かた、じけ、ない、朱海殿……」
     一瞬のうちに、晴奈たちはクラフトランドからゴールドコースト、朱海の店に移動していた。レイリンの「とっておき」とは、黒炎教団の秘中の秘、「テレポート」だったのだ。
    「助かったわ、レイリン」
     小鈴が礼を言ったが、それに応える者はいない。その代わりに小鈴の杖がちり、と鳴った。

     数時間後、晴奈たちは治療を受け、何とか一命を取り留めた。
    「そっか。そんなことがあったのか……」
     三人の容態が安定したところで、朱海から根掘り葉掘りと尋ねられた。事情を聞き終え、朱海はメモを取りながらうなる。
    「まーた、商売のネタにしようとしてるんじゃないわよね」
     小鈴が釘を刺すと、朱海は恥ずかしそうに笑った。
    「へへ、ばれたか。……ま、それは冗談としても。そのアランって奴、どうも気になるんだ。アタシの方で、調べておこうかと思ってね。
     ケガが治るまではしばらく、ウチで静養してな」
     そう言って、朱海は部屋を離れた。
     残された晴奈と小鈴、フォルナの三人は、しばらく見つめあった後、笑い出した。
    「……はは、ばっちり生きてたわね、晴奈」
    「小鈴、こそ。本当に、死んでしまったかと思った」
    「ホントにね。あたしもあの時ばかりはさすがに、死ぬかと思ったわ」
    「ええ、わたくしも生きた心地がいたしませんでしたわ」
     そう言ったフォルナに、小鈴がイタズラっぽい顔をしてささやく。
    「ココに、同じ服と下着があって良かったわね。誰にもばれずに済んだし」
    「う」
     フォルナの顔が真っ赤に染まる。
    「大丈夫、内緒にしたげる。晴奈と朱海には、黙って洗濯しとくからね」
    「ううー……」
     フォルナは顔を真っ赤にし、布団に顔を埋める。
    「どうした、フォルナ?」
    「いーからいーから、ほっといたげなさいって」
    「はあ……?」
    「……ま、なんつーか」
     小鈴は深いため息をつき、両脇にいた晴奈とフォルナの手をつかむ。
    「生きてて良かった、つーか」
    「……はは、そうですね」
    「ええ……、ええ」
     三人の間に、沈黙が流れる。ここで三人にようやく、安堵の時が訪れた。



     その沈黙を破ったのは、晴奈だった。
    「……強くなりたい」
    「ん?」
    「あの悪魔は、強かった。あいつを倒さねば、剣は取り戻せぬだろうな」
     晴奈の言葉に、小鈴は目を丸くした。
    「まさか……、アイツ、倒す気なの?」
     フォルナも青い顔で尋ねる。
    「無茶ですわよ……! 死ぬところでしたわ!」
     二人に対し、晴奈は強い決意を秘めた目で、一言こう返した。
    「やらねばならぬのだ、私は」

    蒼天剣・奸雄録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    第4部「日上追跡編」もこれでおしまい。
    続いて第5部に進む……、前に。

    スピンオフでも掲載しようかなぁ、と。
    いや、別に第5部が完成してないわけじゃないですよ?
    ただ、第6部が完成して無いだけなんです(
    ある程度余裕を持って掲載していきたいなーと思ってるので。

    それと、毎度毎度晴奈の話ばかりじゃ、ねw
    たまには別の人に目を向けないと、感性も磨り減るというもので。
    と言うわけで携帯待受でワンクッション置いた後、スピンオフを流したいと思います。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・奸虎録 6】へ
    • 【蒼天剣 目次(第4部;日上追跡編)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ご清読ありです(*´∀`)
    5部は力作なので、非常に楽しんでもらえるかなと思います。
    これからもよろしくお願いします。

    NoTitle 

    おお4部終わりですね。
    …ようやく読めたのですかね。。。
    私は。
    ちょっと最近これなくてすいません。おそらくこのあたりまで読んだのは覚えているのですが。。。逆行していたら申し訳ありません。
    次からは5部ですね。大分読めましたね。

    メールも送っているので、また確認お願いします。ようやく目途が立ちました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・奸虎録 6】へ
    • 【蒼天剣 目次(第4部;日上追跡編)】へ