黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 9

     ←DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 8 →DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 10
    ウエスタン小説、第9話。
    部屋割り。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     ワシントンを発ってから8日後、アデルたち一行は予定通りT州、フランコビルを訪れていた。
    「西部っつーか、南の端まで来ちまったなー」
    「そっスねー。って言うか鉄道自体が端っこ、終着駅っスもんねー」
     並んで立つアデルとロバートは、だらだらと汗を流している。サムも額をハンカチで拭きながら、気温の変化を分析している。
    「流石に緯度10度近くも南下すると、空気が全然違いますね。ワシントンと全然、日差しが違います」
    「い……ど?」
     きょとんとしたロバートを見て、サムが説明しようとする。
    「あ、緯度と言うのはですね、地球上における赤道からの距離を……」「やめとけ、サム」
     が、アデルがそれを止めた。
    「このアホにそんな小難しい説明はするだけ無駄だ。見ろ、このきょとぉんとした顔」
    「……要するに、暑いところに来たってことです」
     噛み砕いた説明をしたサムに、ロバートは憮然とした顔を返した。
    「子供だって知ってるっつの。メキシコの隣だし」
    「その暑い国がなんで暑いか知らねーからアホだって言われんだよ」
    「ちぇー」
     と、エミルが胸元をぱたぱたと扇ぎながら、3人に声をかける。
    「いつまで日差しの真下で駄弁ってるつもり? そのまま続けてたら3人とも、マジで頭悪くなるわよ」
    「ごもっとも。そんじゃ先に、宿を取りに行くか」
    「賛成っスー」

     一行は駅隣のサルーンに入り、マスターに声をかける。
    「ちょっと聞きたいんだが、ここって泊まれるか?」
    「ええ、一泊1ドル10セントです。ただ2階に2部屋しか無いんで、2人ずつになりますが」
     マスターの返答に、4人は顔を見合わせる。
    「まあ、そうよね。ニューヨークやフィラデルフィアならともかく、アメリカの端近くまで来てて、そんなに部屋数のある宿なんて普通無いわよ」
    「まあ、道理だな。だが今、そこを論じたってしょうがない。部屋数が増えるわけじゃないからな。
     今論じるべきは、どう分けるか、だ」
     アデルの言葉に、ロバートが全員の顔をぐるっと見渡す。
    「姉御と先輩、俺とサムって分け方じゃダメなんスか?」
    「え」
     ロバートの案に、サムが目を丸くする。
    「え、……って、普通に考えたらそうなるだろ?」
     けげんな顔をするロバートに、サムはしどろもどろに説明する。
    「あ、でも、エミルさんとアデルさんは、そう言う関係じゃ」
    「いや、それは俺も知ってるって。
     だけど例えばさ、ヒラの俺と姉御じゃ余計おかしいだろ。お前でもそれは同じだし」
    「それは……うーん……そう……ですよね」
     うなずきかけたサムに、アデルがこう提案する。
    「いや、それよか1対3、エミルに1部屋、残りを俺たち、って分けた方が紳士的だろ」
    「あ、……そーっスよね、そっちの方がいいっス、絶対」
     ロバートは素直に納得したが――何故かサムはこの案に対しても、面食らった様子を見せた。
    「えぇぇ!?」
    「おいおい、待てよサム。どこも変じゃ無いだろ、今の案は? 男部屋と女部屋に分けようって話だろうが」
     アデルにそう言われ、サムは目をきょろきょろさせ、もごもごとうなるが、どうやら反論の言葉が出ないらしい。
    「あっ、あの、でも、……その、……そう、ですよね」
    「……」
     しゅんとなり、黙り込んでしまったサムを、エミルはじーっと眺めている。
     その間にロバートが、マスターに声をかけようとした。
    「決まりっスね。んじゃ……」
     と、そこでエミルが口を開き、ロバートをさえぎる。
    「マスター。部屋割りはそっちの赤毛と茶髪で1つ。それからメガネの子とあたしで1つ。よろしくね」
    「……え?」
     エミルの言葉に、アデルたち3人は揃って唖然となる。
    「かしこまりました、ごゆっくりどうぞ。夕食は18時に、1階で出しますので」
    「分かったわ。それじゃ後でね、アデル。それからロバートも」
     その間にマスターが鍵を2つカウンターに置き、エミルは片方の鍵を受け取ると同時にサムの手を引いて、そのまま2階へ行ってしまった。
     残されたアデルは、ロバートと顔を見合わせる。
    「……ちょっと待て」
    「いや、俺に言ったって」
    「え、エミル、ま、まさか、あいつが、あんなのが、タイプなのか? アレがタイプだってことか?」
    「分かんないっスよぉ、俺に言われたって」
    「い、いや、違うよな? ほ、保護欲みたいな、子犬可愛がりたいみたいな、ソレ的なアレだよな? な? なっ? なあっ!?」
    「だから分かんないっスってー……」
     狼狽えるアデルをなだめつつ、ロバートはカウンターに置かれた鍵を受け取り、まだぶつぶつつぶやいている彼を引っ張るようにしつつ、2階へ向かった。



    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 8】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 10】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 8】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 10】へ