黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 13

     ←DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 12 →DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 14
    ウエスタン小説、第13話。
    食い違い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    13.
    「君たちは?」
     尋ねてきた相手に、アデルが先頭に立って答える。
    「俺たち3人はパディントン探偵局の者だ。こっちの1人は、連邦特務捜査局の人間だけどな」
    「ふむ」
     相手は煙草をくわえたまま、ゆっくりと馬を歩かせ、近付いて来る。
    「つまり、私を逮捕しようと?」
    「話が早くて助かるぜ、セオドア・スティルマン上院議員殿」
     アデルは馬を止め、腰に提げていたライフルを構える。
    「そこで止まってもらっていいか?」
    「承知した」
     アデルに言われた通りに、スティルマン議員は馬を止め、地面に降りる。
    「何故私がここに来ると分かったのかね?」
    「単純な話だ。十中八九、あんたはメキシコに行くって読んでたからな。そこへ向かうルートで待ち構えてりゃ、あんたの方からやって来る。
     それに人目に付くサンクリストやフランコビルを離れ、人っ子一人見当たらないこの荒野まで来れば、流石にあんたの警戒も緩む。そうだろ?」
    「なるほど、理に適っている。見付かるべくして見付かってしまった、と言うわけか」
     スティルマン議員は煙草を捨て、両手を挙げた。
    「次は? 手を頭の後ろで組んで、うつ伏せになった方がいいかね?」
    「いや、そこまでしなくていい。手は縛らせてもらうが」
    「痛くないように頼む。長年書類にサインばかりしていたせいか、手首が腱鞘炎気味でね」
     何の抵抗もせず、淡々と従うスティルマン議員に、アデルは疑い深く尋ねる。
    「まさか、あきらめたのか? カネ持って高飛びしようってつもりだったんだろ?」
    「そのつもりだったが、捕まったと言うならば仕方が無い。荒事は苦手でね」
    「仕事がすぐ済んで助かるけどな、こっちは。
     さて、と。拘束したし、仕事の方はもう終わったも同然だ。そこで議員先生、あんたに聞きたいことが一つあるんだが」
    「何かね?」
     アデルも馬を降り、ライフルを構えたまま、もう一つの目的について話を切り出した。
    「F資金のことだ」
    「えふしきん? 何だね、それは」
    「あんたがヘクター・フィッシャー氏から南北戦争の勃発直前に受け継いだ、巨額の資金のことだ。
     知らないとは言わせないぜ、議員先生?」
    「……」
     スティルマン議員は首をひねり、こう返す。
    「そうまで大仰に見栄を切ってもらって大変申し訳無いのだが、……見当が付かない」
    「う、ウソつくんじゃねえ!」
     ロバートが馬上から怒鳴るが、スティルマン議員は肩をすくめるばかりである。
    「ウソではなく、本当に何のことだか分からない。
     そもそもフィッシャーと言う人物すら、私は聞いたことが無いのだが」
    「え?」
     スティルマン議員の言葉に、サムが目を丸くする。
    「せ、1861年に、あなたが彼から政治基盤を受け継いだと、あの、資料には……」
    「うん? ……ああ、なるほど。概ね事情が分かった。
     君たちは大きな勘違いをしているようだし、その資料とやらも、修正することをお勧めする」
     スティルマン議員は大きくため息をつき、こう続けた。
    「確かに私はさる人物から政治基盤を受け継ぎ、政治家となった。
     ただしそれは1861年ではなく、1871年だ。そもそも受け継いだのはフィッシャー氏からではなく、そのフィッシャー氏から受け継いだであろう人物、即ち私の伯父であるセオドア・ショーン・スティルマンからだ。
     ちなみに私の名前は、セオドア・パーシー・スティルマンだ。名前のせいで、よく伯父と間違われたよ。今もそうだがね」

     ともかくアデルたちは、スティルマン議員をフランコビルまで連れ戻し、詳しい事情を――汚職事件の方である――尋ねることにした。
    「動機? 単純にカネを必要としていたからだ。
     実は大統領の座を狙っていてね、出来る限り資金が欲しかったんだ。既にN準州の件などで実績は十分に挙げていたし、後は実弾をバラ撒いて党や財界の支持を得て……、と言うつもりだったんだが、残念ながら反対勢力に嗅ぎつけられたらしい。新聞社や司法当局にリークされて、こうして逃げ回る羽目になってしまった。
     正直、ここ数日は逃げることも嫌になってきていたんだ。だから君たちに、穏便に捕まえてもらって、感謝しているくらいだ」
    「そりゃどうも」
     アデルはぶっきらぼうに礼を述べつつ、もう一つの件についても再度、スティルマン議員に尋ねた。
    「で、さっきの話の続きなんだが、つまりもしF資金を受け継いだとするなら、あんたじゃなく伯父さんの方なんだな?」
    「恐らくそうだろう。少なくとも私は、伯父からそんな話を聞いたことは、一度も無いがね」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 12】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 14】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 12】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 6 ~ オールド・サザン・ドリーム ~ 14】へ