黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 2

     ←DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 1 →DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 3
    ウエスタン小説、第2話。
    機関車バカ、ふたたび。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「よーっす、お久しぶり」
     応接室に入るなり、あごひげの男からフランクに挨拶され、アデルは面食らった。
    「え、あ、……お、お久しぶり?」
    「なんだよ、俺の顔忘れたのか? つれないねぇ」
    「えーと……」
     アデルは記憶をたどり、そしてようやく、相手の名前を思い出した。
    「……あ! そうだ、ロドニー! ロドニー・リーランド! 機関車バ、……機関車ギーク(オタク)の」
    「そうそう、俺、俺」
     そこでようやく、アデルはロドニーと握手を交わした。
    「いや、久しぶり過ぎてマジで忘れてた。悪いな」
    「いいってことよ。もうあれから、半年は過ぎてるし」
    「いや、もっとだぜ」
    「ありゃ、そうだったか? いやぁ、何しろ引きこもってると、新聞もろくに読まなくなっちまうからなぁ」
     と、アデルよりも先に応接室に来ていたパディントン局長が、穏やかな口調でロドニーに尋ねる。
    「それでリーランドさん、本日はどのようなご用件で、当探偵局にいらっしゃったのでしょうか?」
    「ああ、そうだった。
     いやさ、おたくら探偵さんだろ? ちょっと依頼したいんだわ」
    「依頼? 機関車関係か?」
     そう尋ね返したアデルに、ロドニーは首を傾げながら応じる。
    「まあ、そっち関係と言えばそう言えるかな」
    「何だよ? 機関車を時速88マイルまで加速させたいだとか言うんじゃないだろうな」
    「んなことお前さんたちに頼むかよ。そんなノウハウ聞くなら探偵局じゃなく、石炭売りか鍛冶屋にでも相談するっつの。
     そうじゃなくて鉄道関係、つーか鉄道会社関係だな」
    「鉄道会社?」
     おうむ返しに尋ね返し、今度はアデルが首を傾げる。
    「アンタ、廃業したって言ってたじゃないか。再開するのか?」
    「いや、そう言うつもりじゃない。俺じゃなく、俺の恩師に関わる依頼なんだ。
     10年前に失踪した、ボールドロイドって男を探して欲しい」
    「ボールドロイド……」
     静かに話を聞いていた局長が、口を挟む。
    「10年前に失踪した、アーサー・ボールドロイド氏のことでしょうか?」
    「え? あ、ああ、そうだ。知ってるのか?」
     ぎょっとした顔をしているロドニーに、局長はにっこり笑って答える。
    「合衆国有数の実業家でしたからな。今も天才経営者と絶賛する者は、決して少なくはないでしょう」
    「そう、その通りだ。そして、だからこそ今、探すべき男なんだ」
    「ふむ。……失礼、少々席を外します」
     そこで突然、局長は席を立ち、応接室を離れる。
    「ん、ん?」
     面食らった様子のロドニーに対し、アデルは「ああ」と声を上げる。
    「きっと局長、新聞を取りに行ったんだな」
    「新聞? ……いや、そうか。まあ、報道もされてるよな、あれだけの騒ぎじゃ」
     アデルの予想通り、程無くして局長は、数日前の新聞を手に戻って来た。
    「察するにスチュアート・ボールドロイド氏の件ですな?」
    「ああ、そうだ。さっき言ったA・ボールドロイド氏の息子で、現W&B鉄道の最高経営責任者だ。
     そして俺の、鉄道関係の師匠でもあり、かけがえのない友人でもある」
     そう言ったロドニーの顔は、暗く沈んだものとなっていた。
    「頼む、ボールドロイド氏を何としてでも見つけ出して、スチュアートさんを救ってくれ。
     あの人は今、とんでもなく困ってるんだ」
     ロドニーは局長の持っている新聞を指差し、ついには顔を覆ってしまった。

    「W&B鉄道 アトランティック海運買収計画を断念 経営破綻のおそれありとの意見も」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 1】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 1】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 3】へ