黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 4

     ←DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 3 →DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 5
    ウエスタン小説、第4話。
    敵を制するには、まず味方から。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「流石と言うか、阿漕(あこぎ)と言うか、……ね」
     U州へ向かう列車の中で経緯を聞いたエミルは肩をすくめ、こう尋ねてきた。
    「で、あたしは今回もあんたに同行するわけね」
    「ああ、そこはいつも通りだ」
    「その点は別に、どうこう言うつもりは無いわ。
     でもなんでまた、コイツを連れてくの?」
     そう言って、エミルは対面の席で眠りこけているロバートを指差す。
    「いくらもう探す相手が見付かってて、後は連れてくだけって言っても、2人いれば十分でしょ?」
    「理由は2つだそうだ」
     アデルは頭をかきながら、説明する。
    「1つは、日当稼ぎだ。今回の条件、『探偵1人につき1日1ドル』だからな。
     3人で向かえば1日3ドル、必要経費を引いたとしても1日で2ドル近いプラスになる。U州に行って帰ってってだけでも2、30ドルの儲けってわけさ」
    「セコいわね」
    「実にそう思うよ。で、理由の2つめは、『エクスキューズのため』だってさ」
    「つまり『未熟な調査員がいたせいで、調査に数日を要しました』って言い訳したいってこと?」
    「その分、増えるしな。日数が」
    「呆れた」
     本当に呆れた顔を見せるエミルに、アデルはニヤニヤと笑いかけた。
    「いいじゃないか。俺たちにしても、遊んで給料もらえるようなもんだ」
    「前回の仕事だってそんなに大した仕事してないじゃない。
     こんなことばっかりやってたら勘が鈍って、いざって言う時困るわよ」
    「その点は同感かな。俺にしたって、次はもうちょい歯ごたえのある仕事を希望したいね」
     当たり障りのない返事をダラダラと返しながら、アデルは局長と交わしていた「密談」を思い出していた。



    「そして3つ目の理由だが、これは私と君だけの話にしておいてくれ」
     局長から2つの呆れた理由を聞かされていたアデルは、トゲトゲしく返した。
    「なんです? 他にどんな儲け話が?」
    「そうじゃあない。言い換えよう、これはエミル嬢に聞かせたくない話だ」
    「……って言うと?」
     真面目な顔になった局長を見て、アデルも背筋を正す。
    「しばらく君に随行させることで、エミル嬢を探偵局から遠ざけておきたい。私の調べ物を、彼女に悟らせないためにね」
    「調べ物……。こないだ言ってた、シャタリーヌとヴェルヌの?」
    「そうだ。鋭いエミル嬢なら、私が何かしらコソコソやっていて、気付かないと言うことは恐らくあるまい。事実、彼女はそれとなく、私や君の動向を伺っている節があった。
     君も覚えがあるんじゃあないか?」
     そう問われ、アデルはここ数週間のエミルの様子を振り返る。
    「……そうですね。確かに最近、話したりメシ食ったりする機会が多いですね」
    「うむ。これではうかつに調査すれば、彼女に悟られてしまうかも知れん。
     そうなった場合、我々にとってあまりいい結果には結びつくまい。以前に局を抜けようとしたこともあるからね」
    「なるほど。……じゃあ、ロバートのことは?」
     尋ねられ、局長は肩をすくめる。
    「エミル嬢は鋭いと言っただろう? このタイミングで君と彼女だけをU州へ追いやれば、彼女は私の真意に気付くかも知れん。
     それをごまかすには、もっと『らしい』名目を聞かせてやった方がいい。それがさっきの『儲け話』だ。
     彼女には私が『カネにがめつくてセコい小悪党』であると、そう思わせておくんだ」
    「……承知しました」



    「どうしたの?」
     エミルに尋ねられ、アデルは我に返る。
    「ん? 何がだ?」
    「ボーッとしてたけど、考え事でも?」
    「ああ……。まあ、そんなトコだ。帰ったらジョーンズの店のコテージパイが食いたいなーって」
    「アハハ……、そんなこと?
     ご飯のことでそんな、眉間にしわ寄せるほど考え事するの? 意外と食いしん坊なのね、あんた」
    「へへ……、ほっとけ。ジャガイモ料理好きなんだよ、俺は」
     アデルは適当にごまかし、3つ目の理由について思い返すのをやめた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 5】へ