黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 6

     ←DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 5 →DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 7
    ウエスタン小説、第6話。
    「空回り」。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     エミルたちの筆談に、ロバートもたどたどしく続く。
    《おれがさぐり入れて気ましょうか》
    《『気』じゃなくて『来』だアホ
     チラチラ見てきてる以上 俺たちは少なからずマークされてるはずだ そんなとこにノコノコ忍び寄ったら 即ボコられるぞ》
    《じゃあ 池になんかいい方方が?》
    《『池』じゃなくて『他』、『方方』じゃなくて『方法』
     いい考えがあるわ》
     そう返し、エミルは何かを書き綴った。

     1時間後、列車はとある駅に停車した。
     それと同時に、エミルたちは席を立つ。
    「……!」
     それを見て、二組の男たちはガタガタと立ち上がり、それぞれ窓の外に目をやる。
    「……いや、違う」
     と、エミルにデズと呼ばれていた銀髪の男が、エミルたちのいた席を見て、首を横に振る。
    「茶髪の若僧が残ってる。かばんもだ。用足しにでも行ったんだろう」
    「そ、そうですか」
     デズの言葉に、彼に同行していた男たちは座り直す。それを見て、捜査局員と思しき者たちも腰を下ろした。
     が――出発の時間になっても、エミルたちは席に戻って来ない。
    「……チッ、まさか!」
     デズは勢い良く立ち上がり、席に一人残っていたロバートのすぐ横まで迫り、彼の胸ぐらをぐいっとつかんで立ち上がらせる。
    「うげっ、なっ、なんスか!?」
     苦しそうな表情を浮かべ、顔を真っ赤にするロバートに、デズが怒鳴りつける。
    「てめえ、囮になったな!? ミヌーはどこだッ!」
    「みっ、見りゃ、分かるっしょ? ここにゃ、いないっス、って」
    「……クソがッ!」
     デズはロバートを突き飛ばし、同行していた男たちに怒鳴る。
    「おい、出るぞ! だまされた! ミヌーたちはここで降りてやがる!」
    「え、ちょっ」
    「も、もう動き始めて……」「うるせえ!」
     うろたえる男たちに、デズは怒鳴り返す。
    「てめえら、ボールドロイドの手がかり見失ってもいいってのか!? どうなんだ、ああ!?」
    「い、いや、そりゃ」
    「それは、その」
    「いいから出るぞ!」
     男たちがまごついている間にデズは窓を開け、外へと飛び出す。
     残された男たちも、奥にいた捜査局員たちも、慌ててそれに付いて行った。

     デズたちが下車して、3分ほど後――。
    「どうだった?」
     客車の扉を開け、エミルたちがロバートのいる席へと戻ってきた。
    「どうもこうも。首絞められてぎゃーぎゃー怒鳴られたっスよ」
    「ま、そーゆーヤツなのよ。だから手を切ったんだけどね」
    「ちなみに、今までどこにいたんスか? あいつら、完璧に列車降りたと思ってたみたいっスけど」
    「貨物車に隠れてたのよ。で、動き出してから屋根伝いに、ね。
     それでロバート、あいつら今回の件に関係しそうなこと、何か言ってなかった?」
     エミルに問われ、ロバートはこくりとうなずく。
    「言ってましたっス。デズってヤツが、『ボールドロイドの手がかり見失ってもいいのか』っつって」
    「なるほどな」
     それを聞いて、アデルもうなずき返す。
    「捜査局のヤツらもいないってことは、目的は同じってことだろうな。
     だが妙なのは、何故捜査局もデズたちも、ボールドロイド氏を探してるのか、だ」
    「どこかの駅で電話借りて、サムのヤツに聞いてみたらどうっスか?」
     ロバートがそう提案するが、エミルは肩をすくめる。
    「捜査局がサムじゃなく、あんなのを寄越して尾行させるってことは、捜査局はあたしたちに、自分たちがボールドロイド氏を探してることを知らせたくないのよ。もしその辺の話をオープンにしてたら、最初からサムを寄越すでしょうし。
     となれば、サムが何か知らされてるって可能性は、まず無いわ。聞いても電話代の無駄でしょうね」
    「うーん……、そうっスよねぇ」
    「とりあえずあいつらのことは、今は放っておきましょ。判断材料が無いのに判断したって、ろくなことにならないし」
     そう返したエミルに、アデルも賛成する。
    「だな。
     ま、目障りなのがいなくなったんだ。後は目的地まで、のんびりしてりゃいいさ」
     アデルは駅で買ってきたらしい新聞を広げ、読み始めた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 7】へ