黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 7

     ←DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 6 →DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 8
    ウエスタン小説、第7話。
    生きていた鉄道王。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     列車内での追手も難なくあしらい、アデルたち一行は、数日後には目的地であるU州の町、セントホープに到着した。
    「で、そのボールドロイド氏ってのは、どこにいるんスか?」
     駅前をきょろきょろと見回しながら尋ねてきたロバートに、アデルが通りの先を指差しながら答える。
    「ここから西へ半マイルくらい行ったところに、『AB牧場』って呼ばれてるトコがある。そこにいるって話だ」
    「じゃ、早速行きましょ」
     3人は通りを西へと進みながら、この後のことを相談する。
    「ボールドロイド氏に会ったら、どうするんスか?」
    「まず訪ねた事情の説明だな。それからロドニーに連絡だ。
     俺たちに依頼された内容はあくまで『アーサー・ボールドロイド氏の捜索』であって、説得じゃないからな」
    「逃げたらどうするんスか?」
    「だから息子のことを話すんだよ。いくらなんでも、息子が大変な目に遭ってるってのに、知らん顔するような親はいないだろ?」
    「いるわよ」
     エミルが冷めた目を向けつつ、話に割って入る。
    「人間、誰も彼もが子供向けのおとぎ話みたいに、善良で慈悲深いわけじゃないのよ。子供を見捨てる親だっていっぱいいるわ。
     むしろ子供のゴタゴタなんか聞いたら、『絶対会いたくない』って突っぱねるかも知れないわ。ロバートの言う通り、逃げるかもね」
    「でしょ? 俺もそう思うんスけどねー」
     二人に挟まれ、アデルは苦い顔を返す。
    「うーん……、言われたらありそうな気がしてきたぜ。じゃあ、訪ねた理由を何か、適当に作るか」
    「それがいいわね」
     牧場に着くまでの間、3人はあれこれと、訪ねた理由を繕っていた。

     牧場を目にした途端、ロバートが声を上げる。
    「……でけー」
     彼の言う通り、AB牧場は端の柵がかすんで見えるほど広く、家畜もあちこちで、小山のような固まりを作っている。
     その繁盛ぶりに、アデルとエミルもぽつりとつぶやく。
    「相当儲けてるみたいだな。流石、大鉄道会社を一代で築き上げただけのことはある」
    「『駿馬は老いても駄馬にならず(A good horse becomes never a Jade)』ね。牧場だけに」
     と、3人の前に、馬に乗った白髪の、60代はじめ頃と言った風体の老人が近付いて来る。

    「何か御用かね、探偵諸君?」
    「……え?」
     一言も言葉を交わさないうちに素性を見破られ、アデルは面食らった。
    「い、いや、俺たちは、その」「御託は結構」
     弁解しようとしたアデルをぴしゃりとさえぎり、老人はとうとうと語り始めた。
    「赤毛の軽薄そうな君と、隣の愚鈍そうな君。どちらも、西部の流れ者にしては身なりが良すぎる。明らかに、西部よりも経済的かつ社会的に、はるかに先進している東部地域において、最低でも月給51~2ドルは収入を得られるような職業に就いている人間の服装だ。
     そして赤毛君、2回、いや、3回か。双眼鏡でこちらのことを観察していたな? 何故そんなことをするのか? 牛泥棒の下見か? とすれば服装が矛盾する。牛泥棒をしなければならんような懐事情ではあるまい。東部の道楽者が単なる物味遊山で訪れたにしても、わざわざ双眼鏡を使ってまで、牛なんぞを観察するわけが無い。となれば残る可能性はこの私を探りに来た者、即ち探偵と言うことになる。
     他にも洞察と推理の材料は数多くあったが、ともかく君たちが探偵であることは、明日の天気よりも明瞭なことだった。
     とは言え――そちらのお嬢さんは見事に、西部放浪者風の雰囲気が板に付いていた。残念ながらそっちの2名が足を引っ張った形だな。君だけであれば、私もだまされたかも分からん」
    「お褒めに預かり光栄だわ、ボールドロイドさん」
     そう返したエミルに、アデルはまた驚く。
    「なんだって? このじいさんが?」
     エミルが答えるより先に、老人がまた口を開く。
    「ご名答だ、お嬢さん。私がアーサー・ボールドロイド、その人だ。
     それで、要件は何かね? 見当は付いているが」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 8】へ