黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 15

     ←DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 14 →DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 16
    ウエスタン小説、第15話。
    彼女の、旧い名は。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    15.
     エミルが淹れたコーヒーを手にしつつ、局長は今回の事情を説明し始めた。
    「まず理由の1つ目は、君たちがリーランド氏に実情を打ち明ける可能性があったからだ。以前の『宝探し』でも、エミル嬢は博愛主義を披露してくれていたからね。
     無論、一般的にはそれは悪いことじゃあない。むしろ、賞賛されるべき精神だ。だが打ち明けたとして、リーランド氏はどうするだろうか?」
    「間違い無く、セントホープに向かうでしょうね」
     エミルの回答に、局長は「うむ」とうなずく。
    「その通りだ。そしてそれは、2つ目の理由と合わせて、非常に危険な行為なのだ」
     それを受けて、今度はアデルが答える。
    「つまり俺たちやロドニーを監視してるヤツがいて、そしてソイツは躊躇(ちゅうちょ)なく殺人すら犯すヤツである、と。
     そんなヤツが俺たちの近辺にいることを、局長は気付いてたんですね」
    「そう言うことだ。
     現れた時期としては、リゴーニ地下工場事件の後くらいになる。狡猾な相手らしく、君にはまったく気取らせなかったようだが、その点において第三者となっていた私にはむしろ、その存在が透けて見えるようだったよ。
     このまま放置していては、君たちの身の危険や、情報漏洩どころの騒ぎじゃあない。確実に、我が探偵局にとって大きなマイナスを呼び込む存在だ。だから今回、君たちを東部から離れさせたことで、そいつの油断を誘ったのだ」
    「と言うことは……」
     尋ねたエミルに、局長は肩をすくめて返す。
    「尾行者自体は見付けたし、それなりの制裁も加えた。だがその背後にいるであろう人間には、残念ながら手が届かず、だ。
     とは言え今回のことで、相手も警戒したはずだ。事実、今日は君たちの周囲に怪しい人間はいなかったと、リロイから聞いている」
    「じゃあ、当面は尾行や盗み聞きなんかの心配はいらなさそうね。
     それで、3つ目は?」
    「それはだね……」
     急かすエミルを、局長はじっと、静かな表情で見つめている。
    「……なに?」
    「エミル。前もって言っておくが、Aは決して、常に私より上手(うわて)じゃあないと言うことだ」
    「どう言う……」
     言いかけたエミルは、途中で何故か、アデルを見る。
    「……そう言うこと?」
    「まあ、似たようなものだ」
    「へ?」
     きょとんとするアデルを横目にしながら、エミルは額に手を当て、呆れた仕草を見せる。
    「カマをかけたのね、ボールドロイドさんに? あたしが内緒にしてって言ったこと、全部知ってるってわけね」
    「うむ。だが言っただろう、今日はオープンに話すと。私がそうするのに、君がクローズなままじゃあ、話がし辛くて仕方が無い。
     だから今回は、私が聞いたことについては、君は素直に答えて欲しい。繰り返すようだが、その代わりに君が聞いたことについては、私も素直に答えるつもりだ。
     構わんかね、エミル?」
    「……オーケー。今日だけは、そうするわ」
     エミルがぐったりと椅子にもたれかかったところで、局長は話を再開した。
    「さて、ネイサン。それからビアンキ君。彼女の名前についてだが、『エミル・ミヌー』の他にもう一つ、古くからの名前を持っていることについて、知っていたかね?」
    「いや……?」
     揃って首を傾げる2人にうんうんとうなずいて見せながら、局長はこう続ける。
    「エミル・トリーシャ・シャタリーヌ。それが、彼女が16歳まで使っていた名前だ」
    「シャタリーヌ? それって……」
     尋ねかけたアデルに、局長は再度、うなずいて返す。
    「そう、S・S・スティルマンの隠された日記帳で、君が見たことのある名前だ。
     これは私やAの調査を元にした、仮定の話だが――そのシャタリーヌは、恐らくエミル嬢の父親だ。と言っても、彼女にも確証は無いだろうがね」
    「ええ、でもあたしも、何となくそうだろうとは思ってたわ。日記に書かれていた、『人をぬらぬらと舐め回すような目』って表現が、まるで父そっくりだったから」
    「まさにそう言う男だったらしい。と言っても、私も直に会ったことは無いが」
     そう言って、局長は手帳を懐から出した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 14】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 16】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 14】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 16】へ