黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 16

     ←DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 15 →2017年5月携帯待受
    ウエスタン小説、第16話。
    忌まわしき復活に備えて。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    16.
    「その男の名前は、ルシフェル・ブラン・シャタリーヌ。
     付けられた名前からしてその父親、『大閣下(Grand Excellence)』ジャン=ジャック・ノワール・シャタリーヌの趣味の悪さがにじみ出ているな」
    「そこまで調べてたの?」
     驚いた顔を見せたエミルに、局長は三度、うなずいて返した。
    「私とリロイ、そしてAの調査力を総合・発揮した結果だよ。ともかく本題は、ルシフェルの方だ。
     現時点で分かっているだけでも、彼の遍歴はとても白(blanc/ブラン)なんてもんじゃあない。強盗や脅迫、略取・誘拐は言うに及ばず、あの『ウルフ』に匹敵する規模の、都市単位での破壊工作や大量虐殺までも行っている。その犯罪がすべて立証されていれば、16、7回は首を絞められているはずだ。
     だが正義の裁きが下るその前に、彼は在野の人間の手で罰を与えられている。そう、実の娘によってね」
     それを聞いたアデルとロバートは、エミルに向き直る。
     エミルはその誰とも目を合わさず、力無くうなずいた。
    「ええ、そうよ。あたしが殺した。あいつはどうしようもない悪党だったもの」
    「正義感だけが理由ではあるまい。私怨もあるだろう」
    「……っ」
    「だがまあ、そこは深く追及しない。君の心中や殺害の経緯がどうであろうと、ルシフェルが極悪人であったことに変わりはないからね。
     問題とすべきなのは――トリスタン・アルジャンの暗躍、Aを狙った2人の男、そして君たちを尾行していた者――君が完膚無きまでに潰したはずのその組織が、どう言うわけかこの1~2年において復活し、活動している節があることだ。
     近い将来、組織は我がパディントン探偵局に対し、攻勢に出るだろう」
    「可能性は大きいでしょうね。このままなら」
     そう返したエミルに、局長はにこりと笑って見せる。
    「まさかこの期に及んでまだ、局を抜けるだの何だのと言うつもりではあるまいね?」
    「そうしたいのは山々だけど、尾行者やボールドロイドさんの話をしたってことは、もう手遅れだと思ってるんでしょ?」
    「その通り。既に我々は全員、マークされている。君を狙うと共に、我が探偵局をも同様に狙っているはずだ。今更君が抜けたところで、2が1と1になるだけだ。彼らにとってはイコール2でしかない。
     と言うわけでだ、エミル。離れると言う選択は最早、無意味だ。それよりも連携を密にし、共に闘うことを選んで欲しい。
     そのために、Aと君たちとを引き合わせた。それが3つ目の理由だ」
    「え……」
     揃っていぶかしむエミルたち3人に、局長はこう続けた。
    「私は今世紀アメリカ最大の、大探偵王だと自負している。どんな難事件も、どんな強敵も見事退け、討ち滅ぼし、殲滅できると言う、確固たる自信を持っている。
     だが、だからこそあらゆる危険、あらゆる脅威に対して、私は常に、最大限に対策を練り、配慮せねばならない。
     そしてその『危険』、『脅威』とは、私自身の命が脅かされる危険をも含んでいる。とは言え、敵と相討ちになっていると言うのなら、まだいい。懸念すべきは、私の身が潰えたにもかかわらず、敵がのうのうと生き残っていると言うケースだ。
     万が一そんなケースが発生し、そして、君たちだけでは残ったその敵に勝てないと判断したら、その時はAを頼って欲しい。そうした場合のためにも、Aはノーマッド(放浪者)として合衆国諸州を渡り歩いているのだ」
     いつもの飄々とした様子を見せない、真面目な顔の局長に、アデルたち3人は静かに、だがはっきりと、うなずいて見せた。

     一転――局長はいつもの、飄々とした様子に戻る。
    「あ、そうそう。Aについてだがね」
    「はい?」
    「まあ、エミルは気付いていると思うが、実はAB牧場もセントホープも、Aの本拠じゃあない」
    「へっ?」
     揃って目を丸くするアデルとロバートに対し、エミルは「やっぱり?」と返す。
    「『私の本拠はFとLにしか知らせたくない』って言ってたし、多分そうなんだろうなとは思ってたわ。
     ついさっき局長も、『Aはノーマッドだ』って言ったしね」
    「うむ。だから基本的に、こちらから連絡はできん。定期的に向こうから手紙や電話は来るがね」
    「……そんな人、どうやって頼れって言うんスか?」
     呆れ顔で尋ねたロバートに、局長は何も言わず、肩をすくめるばかりだった。


    DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ END

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    「DW」も第7弾まで進み、佳境に入ってきています。
    とは言え完結までに、後何年かかるのやら……。

    もう一つの長編小説、「琥珀暁」もどうにか第2部を書き終えました。
    明日4月25日に携帯待受を掲載し、5月1日より連載を開始する予定です。
    (ほぼ1年ぶりとは……。
    昨年、色々参ってた証拠ですね)
    関連記事


    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 15】へ
    • 【2017年5月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 7 ~ 消えた鉄道王 ~ 15】へ
    • 【2017年5月携帯待受】へ