黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・狐童伝 3

     ←琥珀暁・狐童伝 2 →琥珀暁・狐童伝 4
    神様たちの話、第40話。
    二人の邂逅。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     と、玄関の戸が開く気配がする。
    「おう、おかえり」
     玄関に向かってヨブが声をかけ、幼い子供の声が2つ、重なって返って来る。
    「ただいまー」
    「ん? 君、子供いたの?」
    「ええ。さっきも言いましたやん、奥さんおったって」
    「ああ、そっか、そうだっけね」
     程無く、狐獣人の子供が2人、居間に入ってきた。
    「……お客さん?」
     きょとんとした顔で尋ねた女の子に、モールは手を振る。
    「ああ、お邪魔してるね」
    「は、はじめまして」
     女の子の陰に隠れつつ、その子の弟らしき男の子が挨拶する。
    「はーい、はじめまして」
     そう返したモールを見て、ヨブが苦笑する。
    「モールさん?」
    「なんだよ」
    「子供、お好きなんです?」
    「なんで?」
    「顔、めっちゃニヤけてますで」
    「……」
     恥ずかしかったのか、モールは三角帽子を深めに被り、ぷいっと顔を背けてしまった。
     しかし子供たちは意に介していないらしく、モールが顔を背けた方向へぐるっと回り込む。
    「モールさんて言うのん?」
    「ん、ああ。モールだ。よろしくね」
    「よろしゅう、モールさん」
     女の子はにこっと笑い、こう返した。
    「アタシはエリザ。後ろのんが弟のニコルです」
    「ああ、うん。どうもね、エリザにニコル」
     顔を隠していてもモールが赤面しているのを察したらしく、ヨブはこの間、くっくっと声を漏らし、笑いをこらえていた。

     ヨブがにらんだ通り、やはりモールは、子供に対して非常に好意的であるらしかった。
    「ほーら、今度はちょうちょだ」
     会って30分もしないうちに、モールはすっかりヨブの子供たちと仲良くなっていた。
     モールが魔杖の先にぽん、と光を浮かべ、それを鳥や兎、猫など様々な形に変えて天井高く飛ばすのを、子供たちは目をキラキラと輝かせて眺めている。
    「なぁ、なぁ、モールさん! 次は? 次は?」
    「ふっふ、お次はー……」
     言いかけて、モールは「おっと」とつぶやいた。
    「もう日が暮れる時間か。そろそろお暇しなきゃね」
    「えー」「もっと見せてーな」
     去ろうとするモールを、子供たちが引き止める。
     そしてヨブも、子供たちに続いた。
    「モールさん、今日はウチに泊まらはりませんか? ちゅうか、そのつもりで用意しとったんですけども」
    「え? ……あー、君がいいってんなら、お言葉に甘えちゃおうかね」
     モールの返事を受け、ヨブは嬉しそうに笑みを浮かべる。
    「ええ、是非。もうそろそろご飯の用意もできますんで、もうちょっと待っとって下さい」
    「あいあい。んじゃエリザ、お次は何が見たいね?」
    「えーと、えーと……」
     エリザは口ごもり、手をパタパタさせている。どうやら見たいものが、言葉でうまく表現できないらしい。
    「なんだろ? 動物かね?」
    「うん、あのー、おっきいやつで、しっぽがあって、あしが長くて、かおも長くて、……何て言うたらええんやろ、えーと」
     そう言って――エリザはくい、とモールの魔杖をつかみ、引っ張った。
    「こんなん」

     直後、笑っていたモールが目を見開き、絶句する。
     自分の魔杖の先から、光る馬がひょい、と飛び出し、天井に向かって走り去ったからだ。
    「……え?」
    「あ、コレ。コレやねん」
    「ちょ、……君? 今、どうやったね?」
     モールは血相を変えて、エリザに尋ねる。
     が、エリザはきょとんとした顔で、何の裏も悪気も無さそうな口調でこう返した。
    「どうって、今モールさんがやらはったみたいな感じで、でけるかなー思て」
    「でけるかなー、……じゃないね。確かに呪文は口で唱えてはいたけども、ソレを全部覚えたっての? しかもアレンジまでして」
    「うん」
    「じょ、冗談じゃないね!」
     モールは唖然とした様子を見せ、エリザの頭をぺちっと叩く。
    「あいたっ?」
    「んなコト、チョイチョイっとできるもんじゃないね!
     呪文の構文からして、この世界の言葉じゃないんだよ!? しかも『こっち』の言葉で応用利かすなんて、とんだ離れ業だね! あまつさえ、魔術はマフ持ちじゃなきゃ、……いや、こんなコト君らに言ったって何が何やらだろうけどもね、……ああ、いや、いいや。
     エリザ、ご飯前に何なんだけどね」
     モールは慌てた素振りでエリザの手を引き、屋外へ連れ出した。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・狐童伝 2】へ
    • 【琥珀暁・狐童伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐童伝 2】へ
    • 【琥珀暁・狐童伝 4】へ