黄輪雑貨本店 新館


    イラスト練習/実践

    イラスト;狼獣人

     ←琥珀暁・狐童伝 6 →琥珀暁・錬杖伝 1
    前回に引き続き、自分の診断メーカー「ケモノったー(ヒロイン攻略編)」で出た結果を元に、イラストの練習。

    今回の結果はこちら。

    黄輪さんが攻略するのは銀色の髪で、緑色の毛並みの不思議系狼っ娘。
    好きなことは音楽を聞くこと、嫌いなことは買い物。
    夏休みに美術館へ誘うと好感度アップ!
    攻略難易度:★★
    #aukemono
    https://shindanmaker.com/718478


    まず線画版。

    不思議系には何故かつき物のぬいぐるみ。
    この娘をデートに誘ったら、「寂しがるかもだから、
    ウルちゃん(熊のぬいぐるみ)とラピちゃん(兎のぬいぐるみ)も連れてってあげたいなーって」とか言いそう。

    そしてカラー版。

    今回は綺麗な色合いが出せました。

    ちなみにドット絵描いてる頃からの持論ですが、
    「銀色=灰色」と考えて、そのまんまイラストに用いるのは、出来栄えがあまり良くありません。
    例えばド直球の灰色、「#C0C0C0」はこういう色になりますが
    このページの薄い背景色はおろか、テキストの黒にも負けるくらい、他の色に対して印象が弱いです。
    極端に印象の弱い色であるため、単純に灰色を使うと、バランスが悪いと言うか、「汚い」絵となってしまいます。

    そしてもう一点、「銀色」は光沢色、つまり光を反射する色でもあります。
    灰色を使うとその「光の反射」を無視したもの、つまり何の反射もしていない状態となってしまい、現実に即しません。
    また、現実において光の反射は、往々にして空気を介して行われています。
    さらにこの空気、ごくごく薄いながらも青色を帯びています。
    (実際に晴天を見上げれば、分厚い空気の層、つまり何重にも重なった空気が青色に見えることが分かります)

    なので、「銀色を表現したい」と言う場合には、ほんのちょっと青色を足すと発色が強くなり、かつ、リアリティが出ます。
    まだまだ技術の拙い自分ですが、上記意見、参考にしていただければ幸いです。

    さらに背景も追加。

    前回に引き続き、京都にある美術館の画像を流用。
    でも行ったことないんですよね……。
    植物園とかなら自分一人でも行きたくなるんですが。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・狐童伝 6】へ
    • 【琥珀暁・錬杖伝 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐童伝 6】へ
    • 【琥珀暁・錬杖伝 1】へ