黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・錬杖伝 1

     ←イラスト;狼獣人 →琥珀暁・錬杖伝 2
    神様たちの話、第44話。
    放浪講義。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     無理矢理に付いてきたエリザを、モールは当初ひどく邪険にしていたものの、彼女に魔術の才能があり、かつ、聡明であることに気付いたことと、何より気が合ったことから――共に旅を始めて3、4日も経つ頃には、モールは気さくに話しかけるようになっていた。
    「昨日のは覚えた? 『ファイアボール』」
    「はい」
     にっこり笑って答えたエリザに、モールはちょん、と空に向かって人差し指を立てる。
    「やってみ?」
    「はーい」
     言われるがまま、エリザは呪文を唱え、モールがやってみせたのと同じように、空中に人差し指を向ける。
    「『ファイアボール』!」
     次の瞬間、ぽん、と音を立てて、彼女の握りこぶし程度の火球が空に向かって飛んで行った。
    「おー、上出来。……いやぁ、教えがいがあるね。今んトコ、全部使えてるしね」
    「えへへ……」
     と、エリザが照れ笑いを返したところで、モールは一転、神妙な顔をする。
    「……」
    「どないしたん?」
    「いや、……君さ」
     モールはエリザの手をつかみ、たしなめた。
    「火傷してるね」
    「……バレた?」
    「バレないワケ無いね」
     エリザの指先を治療しつつ、モールは彼女の術を考察する。
    「呪文聞いた限りじゃ、保護構文はちゃんとしてたね。となると原因は、パワーオーバーか」
    「ぱ……わ?」
    「君の魔力が強すぎて、私が組んだ呪文じゃ制御しきれてないってコトさ。
     とは言え、呪文を優しく書き直すなんてのもナンセンスだしねぇ。カンタンなコトしかやらないヤツは、いつまで経ってもカンタンなコトしかできないしね。
     となると……」
     モールは自分が持っていた魔杖をひょいと掲げ、こう続けた。
    「ちゃんとした装備を整えるか」
    「そうび?」
    「君の魔力に見合うだけの武器と、後、コレからの旅を安全に過ごせるような服装だね。
     ただ、服とかそう言うのはともかく、武器ってなるとねー」
     モールは困ったような表情を浮かべ、魔杖を下ろす。
    「魔力が活かせるような武器を造るのが、この世界じゃまず無理なんだよねぇ」
    「どう言うコト?」
    「設備も素材も無いってコトさ。実を言うとさ、私も今持ってるこの魔杖じゃ満足してないんだけどもね、かと言って納得行くレベルのモノを造りたくても造れないし。
     ま、設備の不足については魔術やその他知識でカバーできなくは無いんだけども、素材ばっかりは実際に無きゃ、どうしようも無いね」
    「ほな、どうするん?」
    「どうにかするとすりゃ……」
     そう言いながら、モールは懐から袋を取り出した。
    「あちこち旅する途中で、集めるしか無いね」
    「その袋って、もしかして……」
     目を丸くするエリザに、モールはニヤニヤと笑って返す。
    「そう、金さ。と言っても、君のお父さんからもらったとか盗んだとかじゃないね。君のお父さんが教えてくれた秘密の採取場で、私も採ってきたのさ。
     そうだ、ココでいっこ教えておこうかね」
     モールは袋の中の砂金をエリザに見せつつ、講義を始めた。
    「金とか銀、あと銅なんだけどね。この種の金属は魔術、って言うか魔力との親和性が高いんだね」
    「しんわせい?」
    「平たく言や魔力を溜めやすいし、放出もしやすい素材ってコトだね。
     だからその辺りの金属を素材に使えば、かなり質のいいモノができるね。……ま、この量じゃ杖一本ってワケにゃ行かないけども。せいぜいアクセントにするくらいだね。
     そもそも金単体じゃ柔らかすぎるし、杖本体にゃ銀とか銅の方がいいけど」
    「んー……? 杖いっこ造るのんに、結局何がいるん、先生?」
     尋ねたエリザに、モールは腕を組みつつ、ぽつりぽつりと答える。
    「そうだねぇ……、先端部分はやっぱり高純度の水晶がいいねぇ。柄の部分は最悪、ソコらの木材でも十分なんだけど、できるなら金属製にしたいね。頑丈だし。
     つっても銀や銅そのまんまじゃ、やっぱり柔らかすぎて使い物にならない。錫(すず)とか亜鉛とか、亜銅(ニッケル)と混ぜて合金にしなきゃ、まともなモノにゃならないね」
     そう聞いて、エリザは首を傾げる。
    「すず……」
    「どうしたね?」
    「すずってぽろぽろした、白っぽい金属のコト?」
    「まあ、金属なんて大体白か銀色だけどね。形は確か、君の言った感じだったと思う。
     もしかして採れる場所知ってるとか?」
    「知ってるっちゅうか、前にお父やんが村の外の人と話しとる時に、そんな感じの話聞いたなーって。その人からさっき言うた金属も見せてもろたし」
    「へぇ? ドコの人って言ってた?」
     そう問われ、エリザはもう一度首を傾げ、眉間にしわを寄せる。
    「えーっと、うーん……、えーとな、……確か、西の方から来たって」
    「西、ねぇ。君のいた村が東の端の方だったし、西ってだけじゃはっきりしないね。
     ま、ある程度の目星は付くか。金属持ってきたってんなら、鉱山が近いだろうしね」
     モールはきょろ、と辺りを見回し、山を指差した。
    「道もあっちに続いてるし、あっちに向かってみるかね」
    「はーい」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【イラスト;狼獣人】へ
    • 【琥珀暁・錬杖伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【イラスト;狼獣人】へ
    • 【琥珀暁・錬杖伝 2】へ