黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・錬杖伝 3

     ←琥珀暁・錬杖伝 2 →琥珀暁・錬杖伝 4
    神様たちの話、第46話。
    ブローアウト。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「ちょっと、エリザ?」
     立ち上がり、声をかけてみるが、返事は無い。
    「なんだよ、……ドコ行ったね?」
     傍らに立てかけていた魔杖を手に取り、モールは呪文を唱える。
    「照らしな、『ライトボール』」
     辺りが光球で照らされ、薄ぼんやりとだが把握できる。
    「足跡、……もある。こっちか」
     足跡をたどって数分もするうち、モールは湖の淵に座り込んでいるエリザを、難なく発見できた。
    「何してるね?」
    「『何してる』やないで、もう……」
     不満たらたらと言いたげな声色で、エリザが背を向けたまま答える。
    「先生、よだれだらーっとたらしとったで。おかげでアタシの耳、ぐっちょぐっちょやわ」
    「アハハ……、そうだったか。ゴメンねぇ」
    「落ちたからええけどさー」
     水面から顔を挙げ、エリザは狐耳をぷるぷると震わせ、モールの方を向いた。
     と――その顔に、ぎょっとした表情が浮かぶ。
    「……先生! 後ろ!」
     その言葉に、モールも振り返る。
     そこには数日前モールが仕留めたものと同型の、六つ目の巨大な狼が立っていた。
    「マジか」
     ぼそっとそうつぶやいたモールに応じるように、狼が「グルル……」とうなる。
    「まあいいや。ブッ飛ばしてやるね」
    「大丈夫かいな?」
     自分の背中にぴとっと張り付いてきたエリザの頭を、モールはぽんぽんと優しく叩く。
    「私を誰だと思ってるね?」
    「……大まほーつかい!」
    「ふっふっふ、そーゆーコトさね」
     モールは魔杖を掲げ、呪文を唱える。
    「撃ち抜いてやるね! 『フォックスアロー』!」
     紫色の光線が9つ、魔杖の先から飛び、尾を引いて六目狼へと飛んで行く。
     が――六目狼はその場でぐるりと回り、尻尾で光線を弾く。
    「んなっ……!?」
     その光景に、モールは唖然となる。
    「こりゃ予想外だね。そもそもケモノが弾くなんて行動を執るなんて思ってなかったし、そもそもあんな物理的に、払って弾けるようなものじゃ無いんだけども。
     となるとあの尻尾、魔術耐性があるってコトか。ミスリル化でもしてんのかねぇ、どう見ても生き物なのに」
    「何ゴチャゴチャ言うてんねんな! 来よるで!」
     狼を分析しかけたところで、エリザが服の裾を引っ張る。
    「おっとと、そうそう。考えるのは後にしないとね。……しゃーない、もっと大技かましてやるしか無いね」
     迫る狼に、モールはもう一度魔杖を向ける。
    「コレならどーだ、『ジャガーノート』!」
     魔杖の先から、今度はばぢっと電撃的な音が響く。
     次の瞬間、六目狼の体中から、ほとんど白に近い、超高温の真っ青な炎が噴き上がった。
    「ギャ……」
     六目狼が叫び声を挙げかけたが、それも途中で途切れ、バチバチと獣脂が燃え盛る音へと変わる。
    「うわあ」
     背後にいたエリザが、恐ろしげな声を上げる。
    「……やりすぎたかねぇ?」
     思わずそうつぶやいたモールに、エリザも無言で、こくこくとうなずいた。

     と――モールはどこからか、焦げた臭いが漂ってくることに気付いた。
    「ん……?」
     六目狼から臭ってくるのかと思ったが、脂のようなねばつく刺激臭ではない。もっと乾いた、木材のような臭いである。
    「先生! 先生て!」
     エリザが慌てた様子で、モールの服をまた引っ張ってくる。
    「どしたね?」
    「つえ! つえ! つえ、もえとる!」
    「へ?」
     そう言われて、モールは自分が握っていた魔杖に目を向ける。
    「……ありゃりゃ」
     エリザが言う通り、魔杖はバチバチと火花を上げながら、先端におごられた水晶ごと燃え上がっていた。
    「いくらなんでも負荷が強すぎたか。元々ピーキーな呪文の組み方してたし、そりゃオーバーロードもするってもんだね」
     モールは半ば炭化した魔杖をぽい、と捨て、エリザに向き直る。
    「ま、ソレはソレとして、どーにか倒せたね」
    「良かったけど、……つえ、無くなってしもたな」
    「あー、うん。ま、造ろうとしてたトコだし、無きゃ無いでどーにでもなるしね」
    「そうなん?」
    「あった方が便利なのは確かだけどね。……さーて、寝直しだね」
     モールはエリザの手を引き、自分たちが寝ていた場所へと戻った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・錬杖伝 2】へ
    • 【琥珀暁・錬杖伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・錬杖伝 2】へ
    • 【琥珀暁・錬杖伝 4】へ