黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・錬杖伝 6

     ←琥珀暁・錬杖伝 5 →業務連絡;「小説家になろう」に登録しました
    神様たちの話、第49話。
    二つの魔杖。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ラボの村に逗留してから2ヶ月以上が過ぎ、モールは様々な技術を村に広めた。
     そして、その結果――。
    「モール! おい、モール! 聞いてくれよ!」
    「ど、どうしたね、ラボの親分?」
     ラボが心底嬉しそうな顔で、モールに報告する。
    「あの六目狼、すぐそこまで来てやがったんだが、アドロたちが魔術と鉄の槍で、真正面から倒しちまったってさ!」
    「へぇ? そりゃすごいね」
    「ああ、すごいことだ! 今まであいつらに追い回されたり引っ掻き回されたりで、度々村を移したり坑道に逃げ込んだりしてきたが、これからはもう、そんなことしなくていいってことだ!」
     満面の笑みを浮かべているラボを見て、モールは彼を諭す。
    「ん、まあ、……でもさ、ヤバいヤツってコトにゃ変わりないんだし、危なくなったら逃げなよ?」
    「あ、ああ。……そうだな、浮かれすぎた。いや、しかし本当、あんたのおかげだ」
    「いいって、そんなの。私だって色々ご飯もらったり、杖造ってもらったりしてるんだから、お互い様さね。
     とは言え、もうそろそろ潮時かねぇ」
     モールの言葉に、ラボは一転、悲しそうな顔をする。
    「村を出るつもりなのか?」
    「ああ。元々この村にゃ、杖を造るつもりで立ち寄っただけだしね。ソレにさ」
     モールは窓の向こうに見える、壁のように高くそびえ立つ北の山々を指差し、こう続けた。
    「私は色々見て回りたいのさ。あの山の向こうとか、ね」



     モールとエリザは旅支度を整え、ふたたび旅路に就いた。
    「連れてきちゃったけども、良かったね?」
    「何言うてんの」
     心配するモールに、エリザはフン、と鼻を鳴らして答える。
    「アタシは先生に色々教わるために、いっしょに来とるんやで? そら、ラボさんトコの村はいごこち良かったけど」
    「そのつもりなら問題無いね。村を出る前も言ったと思うけど、次の目的地はアレだしね」
     北の山を指差したモールに、エリザは首を傾げる。
    「あの山登るん?」
    「そうだよ」
    「あの向こう、何も無いって聞いたで」
    「誰からさ?」
    「ラボさんの村の人とか、アタシんトコとか。みんな『山の向こうは何もない、無の世界だ』みたいなコト言うてた」
    「ふーん。でもさ、エリザ」
     モールはニヤニヤ笑いながら、こう尋ねる。
    「そいつらの中に、実際に『向こう』を見てきたヤツがいたのかねぇ?」
    「……いーひんと思う。みんな『無い』『見てくるだけムダ』って思とるやろし」
    「そんなもんさ。実際に見もしないで勝手な想像ばっかりして、ありもしないモノをうわさしてるってだけさね。
     いいかい、エリザ? 君はそーゆーヤツにならないようにね。自分の目で見もしないで、自分の耳で聞きもしないで、勝手な思い込みで話を創るようなヤツにはね」
    「うん」
     エリザがこくんとうなずいたところで――彼女は、顔をこわばらせた。
    「先生」
    「ん?」
    「向こう見て」
     言われるがまま、モールは道の先を眺める。
    「……ありゃ。何かいるね」
    「バケモノっぽいやんな?」
    「だねぇ。村の東によくいた六目狼じゃなく、でかいトカゲみたいなのだけども」
     モールはうなずきつつ、造ったばかりの魔杖を構える。
    「早速コイツの威力を試してみるとするかね」
     数十秒も経たないうち、そのトカゲがモールたちのところへと走り寄ってくる。
     モールはニヤッと笑い、呪文を唱えた。
    「この杖、耐えてくれるかねぇ? ほれ、『ジャガーノート』!」
     ばぢっと音が響き、六目狼の時と同様に、トカゲが白い炎を噴き出しながら炎上する。
    「ココまでは良し。で、杖の方は……」
     魔杖を確認するが、どこにも異常は見られない。
    「完璧だね。ラボの親分、いい仕事してくれたね」
    「さすがやね。ラボさんだけやなくて、先生もやけど。
     ……なあ、先生」
    「ん?」
     エリザはモールの杖の、先端におごられた水晶を指差す。
    「中、なんか入っとるよな?」
    「ああ、針状のルチル(金紅石)か何かが入ってるみたいだね。普通に透明な水晶よか、いいデザインだね。いい感じにカットしてくれたから、星みたいに光って見えるし」
    「思てたんやけどソレ、何て言うか、しっぽみたいやない?」
     そう言われ、モールはしげしげと水晶を眺める。
    「言われてみりゃ、そうも見えるね。九尾の尻尾って感じ。……そうだ、いいコト思い付いたね」
    「ええコト?」
     尋ねたエリザに、モールはニヤニヤと笑いながら答えた。
    「コイツの名前さ。名付けて『ナインテール』。いい名前だと思わないね?」
    「『ナインテール』、……うん、ええ感じやね。
     あ、ソレやったら」
     エリザも自分の魔杖を取り出し、モールに見せる。
    「アタシのつえも、何かええ名前付けてーや」
    「おう。……うーん、君の方の水晶は、なんか花って言うか、……そう、蓮みたいな感じだね。放射状に伸びてるのがソレっぽい」
    「はす?」
    「水の上に咲く花さ。この辺は水場が多いから、もしかしたらドコかで見られるかも知れないね。
     ってワケで君の魔杖の名前、私のと揃えて――『ロータステイル』ってのはどうかね?」
    「うん、ええよ。……えへへ」
     突然エリザが笑い出し、モールはぎょっとする。
    「どうしたね、いきなり?」
    「ううん、何やちょっとうれしいなーと思て」
    「何がさ?」
    「先生から初めて、モノもろたし」
    「あー、そう言やそうか。かれこれ3ヶ月近く一緒にいたってのに、贈り物はコレが最初だったっけね。
     ま、コレからも何かしら機会があれば、プレゼントしたげるさね」
     モールの言葉に、エリザはさらに嬉しそうな笑みを浮かべた。
    「楽しみにしとるで」
    「ふっふっふ……」
     二人はじゃれ合いながら、北の山へと進んで行った。

    琥珀暁・錬杖伝 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・錬杖伝 5】へ
    • 【業務連絡;「小説家になろう」に登録しました】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・錬杖伝 5】へ
    • 【業務連絡;「小説家になろう」に登録しました】へ