黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・鳳凰伝 6

     ←琥珀暁・鳳凰伝 5 →琥珀暁・鳳凰伝 7
    神様たちの話、第55話。
    第三の賢者。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     遺跡に入り、エリザたちが居間として使っている部屋に入ったところで、鳳凰が呪文を唱え始めた。
    「『メタモルフォーゼ:解除』」
     途端、鳳凰の姿が――以前にエリザがモールから聞いたものと同じ姿の――茶髪の短耳に変わる。
    「うん、間違い無く鳳凰だね」
     それを確認し、モールが深くうなずく。
     対する鳳凰は、肩をすくめてこう返した。
    「ソレでさ、モール。何でキミさ、姿が違うの?」
    「ソレなんだけどねぇ」
     そう前置きし、モールは鳳凰に耳打ちする。
    「……で……多分……だから……結局……そーゆーコトなんじゃないかなーって」
    「ふーん……? まあ確かにキミって、普通の人間と色々事情が違うもんねぇ。でも納得した。
     ソレで、この子は? なんかこの子、キミのコトを師匠って呼んでたけど」
    「ああ、魔術の弟子だね。不思議なコトにDの方のマフ持ってた」
    「Dの方? Pじゃなくて?」
     モールの話に、鳳凰は目を丸くする。
    「ああ、Dの方だね。多分『旧世界』の終わりで暴走したのが生物的に変異して、この世界の人間とくっついちゃってるんじゃないかって思う。ミトコンドリアみたく」
    「怖い仮説だなぁ」
     モールと鳳凰がこそこそと話し合っているのを見て、エリザが頬をふくらませる。
    「あーもー、ワケ分からんコトごちゃごちゃ言うてるんが二人に増えてー」
     エリザは二人の後ろに回り込み、ぺち、ぺちっと尻を叩く。
    「あいてっ」「なっ、なになに?」
    「ワケ分からん話ダラダラ聞かさんといて。ホウオウさん自己紹介して。お腹すいた。あと話聞いてて疲れた」
     エリザから箇条式に要求と不満を聞かされ、モールは苦い顔をした。
    「あー、……うん。ほんじゃ、ご飯にしようかね」

     食事の用意が整い、3人とも卓に着いたところで、鳳凰が切り出した。
    「自己紹介してって言ってたね、そう言や。
     ボクの名前は鳳凰。おめでたい鳥の名前から取られたんだ」
    「おめでたい? ……アホってコト?」
     エリザの言葉に、鳳凰は大げさにのけぞる。
    「ち、違うよぉ~。おめでたいってのは、縁起がいいって意味さ。
     まあ、ともかくソレが、ボクの号なんだ。ちなみに本名はモールにもゼロにも秘密。って言うか二人の本名もボク、知らないしね」
    「え? 師匠の名前、ウソのんやったん?」
     目を丸くして尋ねたエリザに、モールは肩をすくめて返す。
    「今じゃ本名みたいなもんさね。今まで通り、モールでいい。新しい世界に来たんだし、名前も新しくなくちゃ、ね。
     私の話より、今聞くのは鳳凰の話さ」
    「あ、せやったね」
     師弟揃ってくるっと鳳凰に向き直り、彼の話を待つ。
    「ああ、まあ、……えーと、ボクの名前は言ったし、後は何を話せばいいかな」
    「ホウオウさんも魔法使いなん?」
     エリザの質問に、鳳凰がきょとんとする。
    「まほうつかい?」
    「私がエリザに自己紹介した時、面倒臭くて端折ったのさ」
     そう返したモールに、鳳凰が眉をひそめる。
    「めんどくさがりだなぁ、相変わらず」
    「だって君、魔術のコト、一から何から説明して、この世界の人に分かってもらえると思うね?」
    「……んー、まあ、そうか。確かに考えると、ちょっと面倒かもね。
     ゼロがいたトコの人たちも、そんなに詳しくなさそうだったし」
    「……ん、ん?」
     鳳凰の一言に、今度はモールが目を丸くした。
    「ちょい待ち、君もしかして、ゼロに会ったね?」
    「『会ったの』って、長い付き合いじゃない。キミもボクも」
    「じゃなくて、最近会ったのかってコトだね」
    「あ、うん。2年前くらいかなぁ」
    「マジか」
     モールは立ち上がり、鳳凰に詰め寄る。
    「元気してたね、アイツ?」
    「さあ?」
    「さあって……」
    「正確に言うと、直には会ってないんだ。彼の友達っぽいのから聞いただけで」
    「アホかっ」
     モールは席に戻り、天を仰いだ。
    「本っ当に、君ってヤツは。前々から思ってたけども、重要なトコをわざと外すよねぇ?」
    「いいじゃん。元気そうってコトは雰囲気で分かったし。
     ソレよりかさ、気になるならキミたちが直に行けばいいんじゃない?」
    「そうさせてもらうね。ココ数年山ごもりしてたし、そろそろ下界に戻ってみてもいいかもって気はしてたしね」
     それを聞いて、今度は鳳凰が尋ねてくる。
    「そう言やさ、ゼロのコト知らないってコトだし、北には全然行ったコト無いの?」
    「ああ。何年か前に南をちょろっと回ったくらいさね」
    「南ばっかり? へー、よく無事だったね」
     その言葉に、モールもエリザもけげんな表情を浮かべた。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・鳳凰伝 5】へ
    • 【琥珀暁・鳳凰伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・鳳凰伝 5】へ
    • 【琥珀暁・鳳凰伝 7】へ