黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・群獣伝 2

     ←琥珀暁・群獣伝 1 →琥珀暁・群獣伝 3
    神様たちの話、第58話。
    深刻化する央中。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     山を降り、道に出たところで、モールが「ちょいと」と声を上げた。
    「……なんです?」
     やはり邪険にあしらおうとしたエリザに、モールは真面目な声を作って続ける。
    「この道を見て、君は何か感じないね?」
    「は?」
     うざったそうな顔を返しつつも、エリザは自分の足元に視線を落とす。
    「……前に歩いた時より、広くなっとる気ぃはするけど」
    「ソレさ。つまり体積だけ考えても、昔よりデカいバケモノが多くなってるってコトは、容易に予測できる。
     やはり鳳凰の言ってた通り、ヤバいバケモノが闊歩しまくってるってコトだろうね」
    「ソレがどないしたん?」
    「ちょっとは頭冷やして考えろ、おバカ」
     モールはエリザに近付き、べちっと頭を叩いた。
    「あいたっ!?」
    「成長したのか、昔のまんまか? 私に『見てほしい』ってんならね、成長したってトコを見せてみな。
     よーく思い出してみな、この道くらい幅のデカいのが昔、そんなにゴロゴロいたかね?」
    「む~……」
     頭をさすりながら、エリザは渋々と言った様子で答える。
    「そら確かにこんなデカいのん、いてた覚えはあらへんよ。でも『ゴロゴロしとる』って言うたけど、いっぱいおるってなんで分かるん?」
    「道ってのは、人やらケモノやらが行き来するからできるものだろ? コレだけしっかり道が作られてるって言うなら、ソレだけデカいヤツの行き来が多いってコトだ。
     ソレともエリザ、まさか君はこんな幅のデカい人間が何人もいるなんて思ってるの? まさか、だよねぇ?」
    「ぐ、……ふんっ」
     顔を真っ赤にし、背を向けたエリザに、モールはいつもの飄々とした声をかける。
    「エリザ、山を降りて人間の生活圏に戻って来た今、ココはドコだってバケモノの捕食圏内、超危険ゾーンだね。言うまでもなく油断は禁物だし、二手、三手先を読んで行動してなきゃ、命取りになるかも知れない。
     熱くなってるコトについては特に言うコト無いね。戦う時は気持ちが燃えてなきゃダメだしね。でも冷静に考えるってコトも、絶対忘れちゃいけないからね。
     そんなワケでだ、エリザ」
     モールはエリザの前に回り込み、道の先を魔杖で指し示した。
    「数年前みたく、のんきな道のりと行かないコトは明白だね。いつ、ドコで、どんな敵と出くわすか、私にも予測が付かない。
     油断するなよ」
    「言われんでも」
     どちらから促すともなく、二人は歩き出した。

    「ぐるるる……ぐふううう……」
     間も無く、二人の前にバケモノと思しき巨獣が現れる。
    「ベースは馬? ……にしちゃ、脚が多すぎるね。まるで蜘蛛だ」
    「て言うか、目ぇおかしない? 火ぃ噴いとるで」
    「そもそもデカいね。馬って言うより、まるで戦車だね」
    「走って来よったら一瞬やろな。……っと、言うてる間に来よるで、先生」
     二人で軽口を叩き合いつつ、揃って魔杖を構える。
    「んじゃやってやろうかね。連射するね!」
    「あいあい、了解っ!」
     目が合うなり、戦車馬は鼻から火を噴き出し、エリザたち目がけて突進してくる。
     しかし二人にぶつかるはるか手前で、エリザとモールは同時に魔術を放っていた。
    「『フレイムドラゴン』!」「『ファイアランス』!」
     いくつもの火球が立て続けに戦車馬に叩きつけられ、そのいくつかは貫通する。
    「ギヒ……ッ!?」
     戦車馬は体中から火を噴き上げ、その場に崩れる。やがて轟々と燃え上がり、そのまま炭になった。
    「よっしゃ!」
     エリザが魔杖を振り上げ、勝ち誇ろうとする。
     しかし直後、モールが後ろを振り返り、魔術を放つ。
    「油断するなっつったろ!」
    「えっ?」
     エリザは振り向くと同時に、体を火に包まれながら走り込んでくる、別のバケモノがいたことを確認する。
    「う、うわ、うわっ、……『ファイアランス』!」
     どうにか魔術を発動させ、バケモノの頭を貫く。
    「……お、終わり?」
     きょろきょろと辺りを見回すエリザに、モールがフン、と鼻を鳴らす。
    「私がいなきゃ、別な意味で終わりだったね」
    「す、……すんません」
    「いいさ。逆に私一人だったとしても、この先がキツくなってくるだろうしね。
     二人で協力して行こう、エリザ。生きて村に着くにゃ、ソレが一番だね」
     そう言ってニヤっと笑ったモールに、エリザは深く頭を下げ、うなずいた。
    「……はいっ!」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・群獣伝 1】へ
    • 【琥珀暁・群獣伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・群獣伝 1】へ
    • 【琥珀暁・群獣伝 3】へ