黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・群獣伝 4

     ←琥珀暁・群獣伝 3 →琥珀暁・群獣伝 5
    神様たちの話、第60話。
    山の向こうへ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     ラボは一瞬、家の中にチラ、と視線を向け、苦い顔のまま話し始めた。
    「今、中ではエリちゃんがバケモノ退治したるでーって息巻いてて、村の連中もそれを応援してる。正直、被害が大きくなり始めてる今、助けが来てくれたのには感謝してる。
     だがバケモノ共の襲撃は、いつまで続くか分からん。もしかしたらずっと続くかも知れん。その間ずっと、エリちゃんやアンタをここに縛り付けるってのは、どうもな……、って思ってな」
    「なるほどね。確かにソレは、私も懸念してた」
     うなずきつつ、モールはもう一つ椅子を作り、ラボの横に座る。
    「一番は、襲撃が短期間で終わり、私らが早々にお役御免になるコトだ。だけどもココ数年襲われっぱなしって聞いたし、都合よく襲撃が止んでくれるとは思えない。
     だから二番めとしては、君らが今後も余裕で撃退できるだけの力を付けるコトだと思うね」
     モールの言葉に、ラボは苦い顔をする。
    「それも現実的とは言えんだろう。
     今だって、俺たちは全力なんだからな。ソレで襲撃をギリギリ食い止めてるってのが現状だ。もう一段強いのが出たりなんかしたら、マジで対抗できなくなる」
    「ああ、分かってるね。とは言え――理想論だってのは百も承知だけども――ソレが最上の策だってコトは、間違い無いだろ?」
    「確かにな」
     うなずいたまま、顔を挙げないラボに、モールはこう続けた。
    「ともかく今度襲撃された時、私が状況を見定めようと思ってるね」
    「……って言うと?」
    「襲ってくるヤツらが、現状で最強に強いのか? ソレともまだ上のヤツが残ってるのか? ソコがハッキリしなきゃ、今後の対応もままならないからね。
     前者なら、そんなに話は難しく無いね。私らが気張って倒しゃ、ソレで近い内に終わりが来る。だが後者だったら、悪い可能性が色々と出て来るね」
    「例えば?」
     顔を挙げたラボに、モールは杖をくい、くいと上に上げながら説明する。
    「今より強いヤツが残ってる、……とすれば、ソイツを倒したら更に強いヤツが出て来るかも、って考えられるだろ」
    「なるほど」
    「更に言えば、もっともっと強いのがいるかも知れない。そう考えていくと、バケモノ全体の規模はかなり大きいかも知れない。
     となったら、私とエリザがいても対応しきれないって可能性が出て来るね」
    「むう……」
     一層表情を曇らせたラボに、モールは更にこう続けた。
    「だから後者である可能性が高そうだと判断した場合、私は応援を呼ぼうかと考えてるんだ」
    「応援だって?」
    「さっきもエリザがチラっと話してたけど、山の向こうにゃ別の平地があるんだ。聞くところによれば、ソコに私の親友がいる。ソイツに力を借りようと思ってるんだ」
    「へえ……」
     これを聞いて、ようやくラボの顔に、希望と安堵の色が浮かんだ。

     と――。
    「……!」
     ラボが狼耳をピク、と動かし、立ち上がろうとする。
    「うぐ、いてて、て……」
    「どうしたね?」
     モールが助けつつ、ラボを立たせる。
    「鐘だ! 鐘の音が……」
     言われてモールも、遠くでカンカンと、鐘が鳴っていることに気付く。
    「……襲撃かね?」
    「ああ、そうだ!」
     鐘の音を聞き付けたらしく、家の中からぞろぞろと、村人が現れる。
    「親分! 鐘が……」
    「ああ、北の方だ!」
    「俺たちが行きます! 親分はここにいて下さい!」
    「……分かった! 頼んだぞ!」
    「はいっ!」
     村人たちが武器を手に、バタバタと北へ向かって走り出す。
     と、その後ろを、エリザが魔杖を持って付いて行くのを見て、モールが声をかけた。
    「エリザ!」
     エリザは立ち止まり、苛立たしげにくるっと振り向く。
    「何やの!?」
    「私は周囲を見回る。他にいたらヤバいからね。だから君一人で、何とかしな」
    「え……」
     モールの言葉に、エリザは不安そうな表情を浮かべる。
    「『できない』って? 私ゃそうは思わないね」
     それを受けて、モールはニヤっと笑って返す。
    「君ならできる。できないはずが無いね」
    「……わ、かりました」
     エリザは深くうなずき、表情をキッとこわばらせた。
    「行ってきます!」
    「ああ、頑張りな」
     エリザはもう一度踵を返し、そのまま走り去った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・群獣伝 3】へ
    • 【琥珀暁・群獣伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・群獣伝 3】へ
    • 【琥珀暁・群獣伝 5】へ