FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    双月千年世界 短編・掌編

    鴉の籠 7

     ←鴉の籠 6 →蒼天剣・武闘録 1
    今回のスピンオフ、終了。
    明日からまた、「蒼天剣」再開です。

    あの杖の由来。




    7.
     大火とゼルーの再戦から1ヵ月後、南海では小規模な暴動が起きた。
     ゼルー・トライン導師が謎の失踪を遂げ、その支配下にあった教団が、教化されかかっていた国々から「導師が大火との戦いの際に焼いた島々に対する損害賠償を請求する」と掌を返され、それに信者たちが「国が損害を補填すると言ったではないか。今さらそんなことを言われても困る」と反発したのだ。
     なお、この暴動は発生から半月もしないうちに鎮圧された。指導者を失い、残された信者たちは右往左往するだけだったからである。
     その後ゼルーの教団は、跡形も無く消滅した。

    「一体、ゼルーはどこに……」
     主のいなくなった家で、アリは灯りもつけずにウロウロと歩き回りながら、その帰りを待つ。
    「何故、いなくなってしまったのか」
    「お前に愛想を尽かしたからだ。まだ分からんのか?」
     部屋の隅から男の声が聞こえてきた。
    「……!」
     アリは飛びのき、慌てて机の上にあるランプに火を灯す。ぼんやりと明るくなった室内に、真っ黒な影が立っていた。
    「き、貴様……!」
    「アル。毎度毎度、お前のやることは御粗末だな。まるで浜辺で砂の城を作る幼児だ。波が来れば崩れ去るものだと、なぜ理解できない?」
    「……ゼルー、は、どうした?」
     アルはこの後に告げられる大火の答えを聞きたくないと言うかのように、非常に途切れ途切れな口調で尋ねた。
    「予想できないわけがあるまい。俺が現れ、彼女は現れない。この一事だけで、聡明な者なら容易に答えが導き出せると言うものだ」
    「……なぜ、お前は、私の、邪魔、ばかり、するのだ?」
    「逆だ、それは」
     大火は刀を抜いた。
    「お前が、俺の邪魔ばかりするのだ」

    「お疲れ様でした、タイカ様」
    「おつかれ、克さん」
     ワッツとベレッタに労いの言葉をかけられ、大火は短く「ありがとう」と返した。
     今回のゼルー討伐に関し多大な協力をしてくれた礼として、大火はベレッタを黒炎教団の中に案内した。
    「コレだけでも、情報屋のアタシにはすごい報酬よ。何しろ黒炎教団は密教、秘密主義で有名だし、その内部をじっくり観察できるなんてねぇ」
     嬉しそうに尻尾を揺らすベレッタを見て、大火はニヤリと笑う。
    「クク……、これで満足してもらっては困る。ワッツ、あれを持ってきてくれ」
    「はい、すぐ持ってくるように言っておきます」
     ワッツは一旦大火たちの側から離れ、部屋の外にいる従者に二言三言、指示を送る。
    「え? まだ何かくれるの?」
    「ああ。今回の件、非常に助かったからな。これくらいはしなければ吊り合わんだろう」
     すぐにワッツの従者が、長細い箱を持って戻ってきた。
    「はい、ベレッタさん。こちらはタイカ様が自らお作りになった品です」
    「んー……?」
     ベレッタは木箱を開け、中のものを取り出した。
    「杖?」
    「ああ。一応は魔杖だが、普通の杖としても使える。まあ、多少はうるさいだろうが」
    「そーね。こんなに鈴ジャラジャラ付けて歩いてたら、街のみんながビックリして振り返っちゃうわよ。……んふふふ」
     軽口を叩きながらも、その顔は嬉しそうにほころんでいる。
    「孫か曾孫が魔術師になったら、持たせてあげようかしらね。んでコレ、名前は何て言うの?」
    「ああ……。少し待て」
     大火は腕を組み、少し間を置いてから杖を手に取った。
    「今、名前を付ける。……『橘果杖 鈴林』としようか」
    「あら、ウチの名前入れてくれんのね。ありがと、嬉しいわぁ」
     大火は杖に銘を彫り込み、ベレッタに返した。
    「ありがとね、ホント。家宝にさせてもらうわ」
    「大事に使えよ、クク……」
     大火はニヤリと笑い、ベレッタと握手した。



     鴉の籠――元々は「黒い悪魔」克大火が敵を罠にかけた際に述べた、口上の一つ。
     また、それにちなんで、相手の欲するものを与え、後に罠にかけてそれを奪うと言う策略を指す。
     なお、後世のある人物がこの古事を元に、冒頭の寓話を創作している。

    鴉の籠 終
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【鴉の籠 6】へ
    • 【蒼天剣・武闘録 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【鴉の籠 6】へ
    • 【蒼天剣・武闘録 1】へ