黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・群獣伝 7

     ←琥珀暁・群獣伝 6 →イラスト;猫獣人
    神様たちの話、第63話。
    バケモノ・スタンピード。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「……」
     エリザの目が、じいっとモールを見据えている。
     モールも視線を外さず、黙って眺める。が――内心では、かなりビクビクとしていた。
    (あー……、ついにハッキリ言っちゃったねぇ、この猛烈火の玉娘に。間違い無くコイツ、『ふざけんなアホボケカス』とか叫びながら、私に殴りかかってくるだろうね。
     さー来るぞ、今に来るぞー……)
     心の中で身構えつつ、エリザの反応を伺っていると――。
    「……分かった」
     凍りついたような真顔で一言、それだけ返して、エリザの方から顔を背けた。
    「えー……と」
     そんな反応は予想しておらず、モールは面食らう。
    「あ、あのさ? ホレ、あの、ほら、何かさ、言いたいコトあったら、あの、何でもいいからさ、ズバズバ言っちゃっていいから、……ね?」
    「……」
     あれこれとモールは声をかけたが、それ以上、エリザは何も言うことは無かった。

     その時だった。
    「……エリザ」
    「……」
     なお答えないエリザに、モールは真面目な声色でこう続けた。
    「マジな話だ。ヤバいのが来てるね。多分、私の後ろからだ」
    「……!」
     ようやくエリザが振り向き、そして息を呑む。
    「確認できたね?」
    「う、うん。デカいのんが、こっち見とる」
    「そうか」
     モールも振り返る。
     そして、まるで巨石のような体躯のバケモノが、静かに佇んでいるのを確認し、固唾を呑んだ。
    「……マジか。まるで、……獅子(ライオン)、……みたい、な、……ヤバすぎだろ」
    「らい……おん?」
     尋ねるエリザに、モールは振り向かず、首を横に振って答える。
    「めちゃヤバいバケモノだってコトだね。とにかく立て。そして構えるんだ」
     そう指示しつつ、モールも立ち上がって魔杖を構える。
     次の瞬間、「ライオン」も前傾姿勢を取り、攻撃する気配を見せた。
    「『ファイア……』」
     エリザが魔術を放とうとしたところで、モールは制そうとする。
    「バカ、まだ攻撃……」
     だが言いかけたところで、モールはぞくりと寒気を覚えた。
    「……ヤバいなんてもんじゃないね。
     絶対に、何が何でも、どうあってもって感じで――私らを殺すつもりで布陣を敷いてきてたか」
     辺りの木々がバリバリ、バキバキと音を立てて薙ぎ倒され、モールたちの周囲に、様々なバケモノが姿を現した。
     ぎゅ、とモールの袖をエリザが引く。
    「せ、先生……」
     エリザの声は震えている。
    「エリザ」
     モールは、彼女の手を優しく、しかし力強く握る。
    「私が今、君に言えるコトは、たった一つだ。
     ソレはダメだとか無理だとか、そんな後ろ向きの言葉なんかじゃない。
     頑張れだの何とかなるさだの、そんな向こう見ずの言葉なんかでもない。
     たった一つだ。たった一つ、私は君に、コレを言う。
     君ならできる。できないはずが無いね」
    「……」
     袖を引いたまま、エリザがぽつりと尋ねてくる。
    「でけると思とるん?」
    「『思う』じゃないね。『信じてる』んだ。
     君ならこんな大群の一つや二つ、返り討ちさ。チョイチョイってなもんで、ブチのめしてやれるね。
     そりゃあもう、一度この目で見たかってくらい、ハッキリと確信してるコトさね」
    「……分かった」
     エリザはモールから手を離し、呪文を唱え始めた。

     最初に飛び込んできたのは、角の生えた兎の群れ。
     それをエリザが、炎の壁で一掃する。
     続いて駆けてくる5頭の戦車馬を、モールが九条の光線で貫く。
     倒れた戦車馬を踏み越え、六つ目狼が突進してくる。
     その間にエリザが呼吸を整え、炎の槍で一頭、一頭を射抜いていく。
     倒れていく狼たちの隙間を縫うように、トカゲ鳥が怒涛のごとく押し寄せる。
     モールがふたたび光線を放ち、それらを撃ち落とす。
     何頭も、何十匹も、さらには百に及ぼうかと言う数のバケモノたちを――モールとエリザは、倒して、倒して、ひたすら倒し続けた。



     そして――疲労困憊の二人の前に、あの「ライオン」がにじり寄ってきた。
    「ホレ、エリザ、とうとう、最後の、大ボスだね」
     モールは息も絶え絶えながらも声をかけたが、エリザはゼェゼェと荒い息をするばかりで、答えない。
    「おいおい、へばったって、言うんじゃ、ないだろうね、エリザ?」
    「ハァ……へばる……に……ハァハァ……決まっとるやん……」
    「もっぺん気合を入れ直しな。コレが最後だからね」
     そう言いつつモールも深呼吸し、魔杖を構え直す。
    「二人で合わせるよ。でっかいアレをやるね」
    「ハァ……ハァ……うん」
     エリザが呪文を唱え始める。モールもそれに合わせ、詠唱する。
     じわじわと距離を詰めていた「ライオン」が、そこで駆け出し、一気に迫ってくる。
     そして累々と横たわるバケモノたちを、一足飛びに越えたところで――。
    「『エクスプロード』!」
     二人は同時に魔術を発動させ、「ライオン」を周囲の木々や他のバケモノごと、空高く吹き飛ばした。
    「……やった?」
    「やったに決まってるね。もし死んでなくとも、少なくとも私らから遠く離れた場所まで弾かれたはずさ。到底、今夜中に戻って来られやしないね」
    「……はぁ」
     途端、エリザが座り込む。
    「しんどぃ……」
    「同感。ま、私が寝ずの番しといてやるから、君は休んでな。
     こんだけ総掛かりで襲ってきたんだし、もう残党はいないと思うけども、万一ってコトもあるからね」
    「……ん」
     エリザはその場でごろんと横になり、そのまま寝息を立て始めた。

    琥珀暁・群獣伝 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・群獣伝 6】へ
    • 【イラスト;猫獣人】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・群獣伝 6】へ
    • 【イラスト;猫獣人】へ