黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・南征伝 3

     ←琥珀暁・南征伝 2 →琥珀暁・南征伝 4
    神様たちの話、第66話。
    遠征隊の出発。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     エリザたちが山を越えてから1ヶ月後、いよいよ南への遠征隊が動き出した。
    「ソレにしても、まさかこんなに来てくれるなんてね」
     坂の中腹で、モールが後ろを振り返る。
    「壁の山」を登り始めてまだ二合目と言うところだったが、そこからふもとまでの道のりをほぼ、人が埋め尽くしている様子が、隣りにいたエリザにも確認できた。
    「何人って言ってたっけね?」
    「聞いた話やと、……200人くらい? やったはず」
    「結構な人数だね。どれくらいだっけ、派遣期間って」
    「まず3ヶ月。ソレでもまだ駆逐しきれへんってなりそうやったら、状況に応じて延長ありって、ゼロさん言うてた」
    「そっか。北じゃどのくらいで駆逐したって判断したんだっけね」
    「さあ……? ソコら辺はアタシも、詳しくは聞いてへんわ」
     と、師弟の話を横で聞いていたゲートが割り込む。
    「4年、……双月暦4年だな。
     その年の半ばくらいになって、何回遠征してもバケモノが見つからないってなって、それでゼロが、『完全に駆逐した』って宣言したんだ。
     実際、それからもう2年経ってるけど、北じゃもうまったく、見たって話は聞かない」
    「確か、始めに討伐作戦やったはったんて、元年――の1日前――からですよね。ちゅうことは3年半、……くらい?」
     それを聞いて、エリザは不安になる。
    「来てもらえるんが3ヶ月だけやったら全然、足りひんですよね」
    「いや、そうとも限らん」
     ゲートは自分の胸をどん、と叩いて見せる。
    「最初は装備も人も、対策方法もまとまってなかったんだ。だから4年かかった。
     だけど今なら――まあ、装備はこれからとして――十分手慣れてた奴がいっぱいいるし、どう戦ったらやりやすいかも把握できてる。
     そりゃ確かに3ヶ月じゃ足らんかも知れんが、かと言って4年もかかったりしないさ」
    「だといいけどね。
     あ、別に君らの腕を信用してないってワケじゃなくてね、北と南じゃ勝手が違ったり、北にゃ無い出来事が南で起こったりするかも、って意味でね。
     ソレにさ、今までの討伐はゼロがいたらしいけど――アイツ、忙しくて城から離れらんないっつってさ――今回はいないってコトもあるしね。火力不足ってのは確かだろ?」
     モールの言葉に若干むっとした表情を見せながら、ゲートはこう続けた。
    「確かに不測の事態ってのはあるし、ゼロがいないことも確かだ。だがそれも込みで、4年はかからん。そう言ったつもりだ」
    「ああ、うん、分かってるってね。いや、まあ、気分を悪くさせるつもりは無くてね、あくまで何があるか分からないから……」「あー、と」
     たまらず、エリザがモールの返答をさえぎる。
    「大丈夫です。あたしも先生も、十分に信頼しとりますよって。頼りにしてますで、シモンさん」
    「うん、……まあ、それならいいんだ」
     まだ不機嫌な様子を見せるゲートを見て、エリザは無理矢理話題を変える。
    「あ、あー、と、……せや、シモンさん。ご家族……、奥さんいてはるんですよね? こないだ話した時、そう言う感じのコト言うてはったなーって」
    「ん? ああ、いるよ」
    「確か、メノーさんでしたっけ」
    「そう、そう。嬉しいね、そこまで覚えててくれてるなんて」
    「アタシ、記憶力ええ方なんで。もうどれくらいに?」
    「3年になる」
    「ほな、お子さんもおったり?」
    「ああ、1人いる。ハンニバルって言って、ゼロに名付けてもらったんだ。今年で2歳。
     あと、もしかしたらもう一人産まれるかも、……って」
    「あら、そうやったんですか? ほな、ホンマに3ヶ月ですぱーっと終わらさなあきませんね」
    「そうだな。正直、早く帰りたいよ」
    「分かります、分かります。あたしも精一杯やりますし、早よ帰れるように頑張りましょ」
    「おう」
     どうにか機嫌が直ったらしく、ゲートはにこにこと笑っている。
     それを確認しつつ、エリザはモールの方に向き直る。
    (ホンマにこのポンコツは~……! 一々人にケンカ売らな、話もでけへんのかっ)
     が、モールの方は気まずくなったか面倒臭くなったか、あるいは既に関心を失ったらしく、二人から離れた場所で別の人間に話しかけていた。
    (……コイツ、どさくさに紛れて一回ブッ込んだろかな、ホンマに)
     逆にエリザの方が苛立ちを募らせたまま、行軍は進んで行った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・南征伝 2】へ
    • 【琥珀暁・南征伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南征伝 2】へ
    • 【琥珀暁・南征伝 4】へ