黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・南征伝 6

     ←琥珀暁・南征伝 5 →イラスト;兎獣人
    神様たちの話、第69話。
    故郷奪還へ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ラボに案内され、エリザは東の村から逃れてきた難民たちが住む小屋を訪ねた。
    「……」
     だが、そこにいた者たちはいずれも虚ろな目をしており、エリザを見ても、ほとんど反応を示さなかった。
     たまりかねたエリザは、彼らの前に立ち、自分の名を名乗る。
    「アタシはエリザ。エリザ・アーティエゴや。覚えてへんか? 宝飾屋のアーティエゴのコトを。仲間仰山連れて帰って来たんや」
    「……」
     と、一人がのろのろと顔を挙げ、小屋の隅を指差す。
    「ソコにアーティエゴのせがれがおる」
    「えっ」
     エリザは示された方を向き、自分より2、3歳年下の少年が膝を抱え、ちょこんとうずくまっているのを確認する。
    「に、……ニコルか? アンタ、ニコル?」
    「……」
     エリザがすぐ前まで近付いたところで少年は顔を挙げ、こくんとうなずく。
    「お父やんは? ドコにおるんや?」
    「……」
     ニコルは力無く首を横に振り、ふたたび膝に顔を埋める。
     と、指差した男がまた口を開く。
    「俺らが見つけた時はソイツ一人やった。ヨブのヤツがどうなったかは俺も知らへんし、誰も知らへんと思うで。ま、どうせ死んどるやろな」
    「……っ」
     男の心無い言葉に、エリザは思わず下唇を噛む。
     そんな様子を見せてもなお、男の罵倒は続く。
    「でもアレやな。よく今更戻ってきよったもんやな、お前」
    「……」
    「親の言うコト聞かんと好き勝手あっちこっちブラブラして、親が死んでからノコノコ戻ってきよって。
     仲間連れてきた? なんやそれ。人集めてバケモノ倒してもろて、自分だけ感謝してもらおか、ってか? はっ、ええ根性しとるやないけ」
    「……」
     なおも中傷し続ける男に背を向け、エリザはニコルに手を伸ばす。
    「こっち来、ニコル。こんなトコおったら人間、腐るで」
    「……うん」
     もぞもぞと立ち上がったニコルの手を引き、エリザは小屋の出口に向かう。
     そしてまだ何かぶつぶつと唱える男に、エリザは背を向けたまま、こう吐き捨てた。
    「気ぃ済むまでソコでほざいとき。痛くも痒くもないし。
     他にやるコト無いんやったらアタシがバケモノ倒すん、指くわえてボーッと見とき」
     そのままエリザは、ニコルを連れて小屋を出る。
     彼女が小屋を後にしてもなお、男はまだ何かうなっていたが、既にエリザの耳には入っていなかった。



     ラボの村に到着してから1週間後、遠征隊の装備が整い、いよいよ東の村へ向かうことになった。
    「今までの経験から、バケモノは村や集落、その他人が集まるところを襲った後、数日から半月程度は留まっていることが分かっている。ゼロの言葉を借りるなら、『人がもう一度集まって結束できないように図ってる』と言うことだ。
     東の村が襲われたのは10日近く前だそうだから、まだ大勢残ってる可能性は高い。俺たちが到着し次第、交戦に入ることも大いにあるだろう。
     だがバケモノを見付けたら勝手に攻撃しようとせず、まず発見したことを魔術と口頭で周知すること。攻撃する際は必ず2班、8人以上で連携を取り、態勢を整えた上で討伐に当たれ。
     全員、気を引き締めてかかれ。では、出発!」
     ゲートの命令に、エリザを含む全員が敬礼を返し、行軍が開始された。
    「……っと、エリちゃん」
     動き始めて間も無く、ゲートがエリザに声をかける。
    「弟さん……、ニコル君だっけ。もう大丈夫なのか?」
    「ええ、アタシに再会してからは、ちょっとは気分良うなったみたいで。ラボさんの子供さんらとも遊んどるん、昨日も見ましたし、大丈夫やろと思います」
    「そっか。いや、なんだ、君が不安になってるんじゃないかって、気になったんでな」
     心配そうに自分を見つめるゲートに、エリザは笑って返す。
    「すぐ終わらせて、すぐ帰る。そのつもりですから。ゲートさんのご家族のコトもありますし、この遠征も3ヶ月でスパッと終わらせましょ」
    「はは、そうだな。……っと、あともう一つ、気になってたことがあるんだ」
    「何でしょ?」
    「モール氏のことだ。
     君だから正直な感想を言うんだが、彼にはあんまりいい印象が持てなかった。山越えの間、結構キツいことを言われたしな。隊の皆も苦い顔してたよ。
     だけどネール氏の村じゃ、『偏屈だけど良い奴』って言われてた。偏屈だってところは共感できるんだが、どう考えても『良い奴』ってのが、ピンと来ないんだ。
     それで思ったんだが、もしかしたら彼の方でも、俺たちにいい印象を持ってなくて、だから俺たちにああ言う態度を取ってたんじゃないかって。
     そこを一度、弟子の君に聞いてみたかったんだが、どうだろうか?」
    「んー……、そうですな」
     エリザは首を傾げつつ、途切れ途切れに答える。
    「まあ、その……、元から気紛れな人っぽいですし、何ちゅうか、単に虫の居所が悪かっただけやないかなー、……って」
    「そんなもんなのか……?」
    「長年一緒におりましたし、そんなもんやろと思いますで」
    「そうか……」
     ゲートはまだ腑に落ち無さそうにしていたが、エリザはそれ以上言及しなかった。
    (もしかしたら、っちゅう予想はあるけど……、まだ何とも言えんし)
     エリザ自身ももやもやとしたものを抱えつつ、遠征隊は東へと進んで行った。

    琥珀暁・南征伝 終
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・南征伝 5】へ
    • 【イラスト;兎獣人】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南征伝 5】へ
    • 【イラスト;兎獣人】へ